テーマ別おすすめアイテム

面倒な掃除のハードルを下げる、お役立ちアイテム

2020年08月18日更新

掃除をしたはずなのに、気がつくとまた汚れてしまう暮らしの空間。掃除には終わりがなく、きれいにしては汚れ、またきれいにして……そんなことを繰り返すのが、「暮らすこと」なのかもしれません。

でも、正直掃除は苦手! 少しでも面倒を減らしたい、そんなふうに思うのはしかたのないことです。

そこで、掃除の負担を少しでも減らすため、使う道具を見直してみるのはいかがでしょうか。掃除の面倒を減らすための4つのアイテムをピックアップしました。

床も窓も壁もこれ一本「MQ・Duotex/プレミアムモップセット」

「あれを使うのが楽しみ」そんなアイテムがあれば、面倒なことや苦手なことをするハードルが下がります。そこで、スタイルストアが提案したいのが、世界中の掃除のプロが愛用する「MQ・Duotex/プレミアムモップセット」です。

世界最古の洗剤と言われている「水」の力を活かすマイクロファイバーで汚れを取ります。

掃除を億劫にするポイントを軽減する魅力が3つあります。
・床も窓も壁もこれ一本でうOK
・軽くて持ち上げやすいアルミ製のハンドル
・屈まなくても変えられるクロス

一本で複数個所を掃除できる、軽い、屈まなくて良い。このメリットは大きいんです。

「MQ・Duotex/プレミアムモップセット」つかい手の声

■思ったよりずっと作りがしっかりしていました。そのため、あんなに億劫だった床の拭き掃除が床に這いつくばることなくゴシゴシと気持ちよくできて、感激です!買って良かった~と思わず声に出してしまいました。 (えんえんら さん 北海道 50代女性)

■床の拭き掃除が楽しくなります。棒が伸縮性なので、家具の下にまで伸ばして使うことができてうれしいです。(匿名 さん 東京都 40代女性)

■がっちりしたつくりでストレスなくお掃除できます。躊躇するお値段でしたが価値はあると思います。(coropockle さん 和歌山県 40代女性)

頻度が高い床掃除は、快適に使えるアイテムを選ぶのがおすすめです。

快適に使えるキッチンマット「BRITA SWEDEN/プラスティックラグ」

床がベタベタにならないようにキッチンマットを敷いてみたものの、時間が経つとなんだかみすぼらしく汚れてしまうのは悩ましい問題です。汚れたキッチンマットを洗うにしろ、油を含んだ汚れを落とすのは大変ですよね。

拭き掃除の手間や床の傷みを考えると、キッチンマットがあった方がメリットがありそう。ということで注目したいのがプラスチック製のラグです。

こちら、プラスチックで編まれた織物で、スウェーデンでは古くから親しまれています。プラスチック製なので汚れが染み込みづらく、サッと拭くだけでOK。洗濯機で洗うこともできます。

「BRITA SWEDEN/プラスティックラグ」つかい手の声

■キッチンマットにしては高価だと思いましたが、滑らない、パターンが美しい、メンテしやすいということで満足しています。(Chocoya さん 東京都 50代女性)

どんなに気をつかっても汚れてしまうキッチンは、お手入れしやすいものを選ぶと快適に過ごせますよ。

簡単水切りで汚れとカビを減らす「RETTO ハイチェア」

バスチェアを裏返してみてびっくり、ものすごく汚れていた! そんな経験をしたことがあるのは私だけじゃないはず。お風呂って、気を抜きがちですが意外と汚れが溜まりやすいところなんですね。

特に盲点になりがちなのが、バスチェア。

床に置いたままだと水気がこもりやすいので、こんなふうに立てかけて乾燥できると汚れとカビを減らせます。

「RETTO ハイチェア」つかい手の声

■今まで座面高約20cmのバスチェアを使っていましたが、こちらは約31cmのハイチェアなのでとても楽に座れます。私は身長163cmですが、178cmの主人にも好評です。今まで使っていたものは浴槽に引っ掛けられず、足の部分がカビやすく頻繁に掃除しなければならないのがストレスでしたが、こちらは浴槽に引っ掛けられて全体をカラッと乾かすことができるので快適です。新築祝や結婚祝のギフトにも良いと思いました。(ローズ さん 東京都 30代女性)

■引っ越しに合わせて購入。これまでは、風呂のいすの足が汚れるのが気になっていたが、これにしてから一切それがなく。気にいっています。(匿名 さん 東京都 40代男性)

■足の部分のデザインから、使い終わったあとは浴槽に引っかけて、からっと水を落とせます。カビなどがつきにくく重宝しています。高さもあるのが座りやすくて気に入っています。(サンドイッチ さん 神奈川県 40代女性)

立てかけておけるので、お風呂場の床掃除をするときも置き場に困らないんです。

汚れづらいリネン「LINEN & BASIC/ガーゼカーテン」

普段は気づきにくいですが、大掃除のときなどに驚くのが、カーテンの汚れ。洗ってみると色がワントーン変わることもあるくらい、カーテンって汚れているのものなのです。

そこで、汚れづらいカーテンに変えてみるというのはいかがでしょうか。

リネンは静電気がおきにくく、埃や汚れを吸着しません。一般的なポリエステルの化繊のカーテンよりも汚れづらいのです。

「LINEN & BASIC/ガーゼカーテン」つかい手の声

■リネンのカーテン、とても憧れでした。キッチンの窓に使うために購入しました。写真ではホワイトとナチュラルの色の違いが分かりにくかったのですが、白とブルーのキッチンなので、迷わずホワイトを選びました。届いたカーテンはとても丁寧に作られたもので、手触りも柔らかく一目で気に入りました。つけてみると透け感もいい感じで、こちらのカーテンにして本当によかったなあと思いました。フックが透明なところもお気に入りです。リビングもこのカーテンをつけたいのですが、天井が高くかなりの長さになるので合うサイズがなさそうです。(匿名 さん 石川県 40代女性)

「素材までこだわってみる」というのは、暮らしやすさや居心地のよさを変える最大のポイントなのかもしれません。

面倒な掃除は、愛しのアイテムと共に

苦手だな、好きじゃないな、そう感じることほど、どこかに「楽しみ」を仕込むとやりたくない気持ちがグッと下がります。面倒に感じる掃除は、愛しのアイテムで「これを使える! 」という時間すると楽しくなります。

 

文・構成/丘田麻美子

 

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン