インタビュー&ゲストコラム

【第三回】安原ちひろさんインタビュー「影響を受けた本2冊と、偏愛グルメ」

2015年12月19日更新

int_18

スタイルストアで人気のイラストレーター
安原ちひろさん。

人の心をうるおす彼女の世界観が
どんな風に形づくられてきたのか、
第一回第二回は、その生い立ちや
ハンカチ手袋「kogiku」の誕生秘話
を伺いました。

int_3

最終回となる今回は、安原さんが
影響を受けた本2冊と、偏愛グルメ、
そして今後のことをお届けします。

影響を受けた本2冊のこと

int_14

バイヤー中井(以下中井):お仕事のことはだいぶお聞きできたので、今度は安原さんの好きなものとか、影響を受けた本のお話などをお聞きしたいと思います。以前から、「つくり手さんが影響を受けた本ってどんな本だろう?」って気になっていて、すごく聞きたかったんです。

安原ちひろさん(以下安原さん):持ってきましたよ、おすすめの本。一冊目は武田百合子さんの「富士日記」。これは大学生の頃に読んだ本です。

どこに行った、何を食べたとか、日常をメモしたような感じで、読み進めていくにつれて、だんだんその淡々とした日常がいいなぁと思うようになって。武田さん自身もすごくお洒落な方だし、天才を支える奥さんみたいなのにも憧れる。現実では難しいと思うけれど・・・(笑)。

int_19

武田百合子さんの「富士日記」(手前)と、熊田千佳募さんの「わたしは虫である」(奥)。

中井:誰かの日常って、触れると面白いし、読んでいるとどこか気持ちがほっとするような、そんなことが私もよくあります。

安原:私「昨日何食べた?」って聞くのがすごい好きで、妹にもしょっちゅう聞くから「もう、しつこい!」って言われたりするんですけど(笑)。

中井:ふふふ(笑)。

安原:なんてことない日々の食事の描写に触れて、それをきっかけに自分はどうだったかなって振り返ったり、そういうのが好きみたいです。

int_31

中井:もう一冊の方も気になります。「わたしは虫である」、これはどなたの本ですか?

安原:おじいちゃん。

中井:えっ、おじいちゃん!?

安原:すごくかわいい、リスみたいなおじいちゃんが描いた本です(←著者は細密画家の熊田千佳募さん)。この本もすごく好き。読んでみてください、感動するから(と本を差し出す)。

中井:(数ページ分読む) ・・・あー、うー、これはぐっときますね・・・(つい、読みこみはじめる)。

安原:すごく純粋ですよね。このおじいちゃん、良いことを言おうとはしてないんですよ。でも、ものすごくいいことが書かれている。たまに励まされるような言葉もあって、読んでいて安心できたりもするんですよね。短くてさらっと読めるし、何度でも読める。この方すごいなと思います、この純粋さ。欲がない方なんだと思います。これは古本屋さんで見つけた本です。

int_32

二冊とも、とても安原さんらしいセレクト。じっくり読んでみたいと思います。

気になる偏愛グルメは

int_33

中井:さきほど「何食べた?」って聞くのが好き、という話がありましたが、安原さんの好きな「味」についても聞いてみたいです。美味しいお店や好きな料理っていろいろあると思うんですけど、この店のこのメニューが好き!みたいな、偏愛グルメについて教えて欲しいです。

安原:えー、なんだろう。何が好きですか?

中井:えっ、私?私の好きなもの?

安原:先に教えてください!

中井:うーん、いろいろあるのですが、私お刺身とお寿司がものすごく好きで、社内の人に、魚といえば中井と言われたことがあります。

以前オフィスが渋谷にあった時は、よくランチで並木橋の「やじま」さんに通ってました。お昼間に1人、カウンターでお寿司。おいしくて、しかもリーズナブル。2週間に1回、恋しくなって食べたくなる味です。大将も良い方で。1人寿司、味に集中できておすすめですよ。 あと、お蕎麦とか野菜とか、茗荷とか大葉も好きです。

安原:なるほどー。あると思う、私にも。そういう味。私のおすすめ、後でご連絡しますね(笑)。

中井:ぜひお願いします!(このコラムの最後、「後日談」にてご紹介しています。)

これからのこと

int_5

中井:さて2015年も残りわずかですが、2016年のchihiro yasuharaはどんなふうになっていきそうですか?

安原:描きためた新作をまとめてみてもらう場として、個展を開きたいと思っています。ぜひ原画をみて欲しい。あとは手紙社さんの「布博」に出展する予定です。岡山のaxcis nalfさん、青山のスパイラルマーケットさんでもPOP UPの予定があります。

中井:楽しみですね。来年春に予定している代官山店でのPOP UPイベントで、今一緒に作っている器もお披露目したいですね。今日はどうもありがとうございました!

<後日談>偏愛グルメを教えていただきました

後日、安原さんの偏愛グルメを教えていただきました!

int_25

■大人の焼き菓子屋 Chirimulo(チリムーロ)代官山
「私は甘党ではないのですが、そんな私でも独り占めしたくなるような焼き菓子です。」
https://www.facebook.com/chirimuro/

int_26

 ■Indian canteen AMI(アミ)弦巻
「また足を運びたくなるカレー。おいしくやさしいインドカレーが食べられます。」
https://www.facebook.com/indiancanteenami

インタビューこぼれ話(最終回)

int_34

インタビューの最後にちらっとご紹介
しましたが、ただ今安原さんと当店と
つくり手さんとで、器づくりをしています。
(お風邪の安原さんはマスク姿。)

上の画像は、先日のうつわの会の様子。
来年は産地に行く予定なので、
その商品開発の裏側もレポートできたら
良いなと思っています。

2016年春にお披露目予定(予定は未定ですが)
なので、どうぞお楽しみに!

安原ちひろさんプロフィール

int_30

フリーランスとして、主に植物を中心に描いた絵画やイラストを制作。展示を中心に活動中。また自作の絵を布に転写し発表されています。
 

第一回 安原さんの世界観がかたちづくられるまで
第二回 ハンカチや手袋kogikuの誕生秘話
第三回 安原さんが影響を受けた本2冊と、偏愛グルメ


 

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン