全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

開放感がやみつきになる!裸足より疲れない帆布草履

2021年04月25日更新

こんにちはバイヤーの菱倉です。

子供のころは家ではスリッパを履かずに裸足で生活していました。しかし、大人になると裸足生活は衛生的に気になり、スリッパを履き始めるように。ただ、暑い時期は足が蒸れてストレスでした。

そんな足元ストレスにピリオドを打ったのが昨年販売開始したABE HOME SHOESの帆布草履。「開放感抜群」「蒸れにくい」「疲れにくい」ことで、裸足よりも快適に過ごせ、新たな定番となりました。半年間履き続けて感じた良さを改めてご紹介します。

抜群の解放感で裸足より蒸れない

帆布草履を履いて感じた魅力はやはり開放感と蒸れないこと。つま先や甲が覆われないので、足は常に空気を感じられて爽快です。さらに僕の足はつま先が広い方なので、スリッパによってはつま先が窮屈に感じることがあります。一方、こちらだと自由に指を動かせるため、開放感が抜群です。

また、覆われていないので蒸れることがありません。裸足で生活していると、フローリングは足裏の汗を吸収しないため、足裏の汗の逃げ場がなくじっとりと蒸れてしまうことがありました。しかし、帆布草履を履いていると、帆布が水分を吸収するためべとつくこともなく、常にサラっとしています。裸足より蒸れないことを実感しています。

足にフィットして脱げにくいから階段も安心

スリッパを履いているときに困っていたことが、ゆったりめに作られているものが多いためか、歩行中に脱げてしまうことです。特に急いで歩いているときや階段の上り下りの時などに脱げてしまうことが多く、危うく転んでしまいそうなときもありました。

帆布草履の場合、鼻緒が足にフィットするため、床に対して90度近い角度になっても脱げにくいです。階段でも安心して上り下りできています。

また、履いているうちに鼻緒が伸びて緩んでこないか心配でしたが、半年間履いても伸びた感じはありません。また、個人的に鼻緒があるビーチサンダルは、履くと鼻緒が指の付け根にあたり痛くなるため履けないのですが、こちらの鼻緒は柔らかいからか痛くなりません。「ビーチサンダルや草履は痛くなるから苦手」という方でも履いていただけると思います。

カラーバリエーションが豊富だから家族で揃えられる

室内履きは家族で同じものを揃えた方が、玄関に並べたときに統一感が出て良いと思っています。そのため、カラーバリエーションが多いと家族それぞれが好きなカラーを選べるので助かります。

今回新たにスタイルストア限定のネイビーブルーが加わり、計7色となりました。発色が良いカラーから落ち着いたカラーまで、また、女性も男性も選びやすいカラーが揃っていますので是非ご家族で揃えてみてください。

昨年からマイ定番に加わった帆布草履。今年も5~10月の半年間は毎日履こうと思っています。裸足が好きだけど足裏にゴミが付くので仕方なくスリッパを履いている方、スリッパの蒸れにストレスを感じている方などにおすすめしたい商品です。

このコラムを書いた人

菱倉 慎太郎

スタイルストア バイヤー

菱倉 慎太郎

現代は世のなかにモノが溢れかえり、使っては捨てるを繰り返す大量消費社会です。 そんな時代だからこそ流行に左右されず長く使うことができ、そして愛着が増していくモノを厳選してご紹介していきたいと考えています。

特集 / キャンペーン