テーマ別おすすめアイテム

トレンドに左右されない、秋冬の定番おすすめニット4選

2021年10月01日更新

秋冬シーズンの定番トップスといえば、長袖ニット。当店でも、さまざまなブランドのアイテムをお取り扱いしています。今回はその中でも特にご好評いただいている、当店人気No.4の商品をピックアップしました。それぞれブランドの得意とするところが生かされた、着心地のいい上質なニットです。

スタイルストア厳選の、着心地のいい定番ニット4選

五泉ニットのプルオーバー

形が美しく、すっきり着られるウール100%のプルオーバー

まずご紹介するのは、「形がきれい」「ウールなのにチクチクしない」「タートルネックよりも細く見える」と多くの方に支持されている、五泉ニットのプルオーバーです。国内屈指のニット産地、五泉の地域ブランド認定商品で、ふっくら柔らか、なのにモコモコせず、コートとも合わせやすい一品に仕上がっています。

バスト124cmとゆったりサイズで、ドロップショルダー、ボトルネックというデザインですが、ふっくらとして見えません。横に膨らまず縦に落ちるので、体型を問わずきれいに着ていただけます。この着心地のよさ、シルエットの美しさは、ニット専業メーカーが糸を厳選し、編み方や着丈にもこだわって作り上げているからこそ。秋冬を通して、さまざまなシーンで活躍すること間違いなしです。

TUTIE./キャッシュタッチ 長袖プルオーバー

秋の終わりから春先まで活躍する、チクチク感のないニット

こちらは晩秋から春先まで、長く着られるハイゲージのニットです。通常の羊毛よりも繊維が細い「スーパーファインウール」を使用することで、あらゆる季節に対応できるニットを実現。さらにCASHTOUCH(キャッシュタッチ)と呼ばれる加工で、一般的なウールにありがちなチクチク感をなくし、滑らかな肌触りに仕上げています。

デザインにも工夫があり、「楽に着られるのに、カジュアルになりすぎない」という、オフィス用としてもぴったりの特徴を備えています。バスト120cmと身幅は広いですが、縦にドレープが入っているので、見た目はすっきり。また前後で着丈の長さが違うため、野暮ったく見えません。全体的にはシンプルなつくりですが、実際に身につけると、ディテールのこだわりが効いてくる一品です。

DRESS HERSELF/シルクコットンVネックニット

シルクとコットンをメインに使い、着心地と美しさを両立

DRESS HERSELFのVネックニットは、シルクとコットンという2つの素材を主役に据えています。この素材使いがポイントで、2種類の糸の染まり方が違うため、濃淡のある美しい杢色に。またそれぞれの糸を撚って編んでいるため、型崩れしにくい、しっかりしたつくりになっています。

流行に影響されないシンプルな形なのに、どこかかっこいい。そんな印象を与えるデザインも魅力の一つです。シルエットはゆったりめですが、裾や袖のリブ使いのおかげで、見た目はすっきり。また一般的なVネックよりも開きが大きめで、鎖骨が美しく見えます。透け感もないので、身体や下着のラインを心配することなく、気軽に、安心して普段使いできますよ。

n.o.f.l/アルパカウールプルオーバー

着回しのきくデザインで高品質、なのにお手頃価格

最後にご紹介するのは、四国・香川のニット工場発のブランド「n.o.f.l(ノフル)」によるプルオーバー。コーディネートしやすいシンプルなデザインで、高品質。なのに価格がお手頃という、ファクトリーブランドだからこそ実現できる優秀なニットです。使われている素材はウール80%、アルパカ20%。空気をたくさん含む構造の毛糸なので、軽く、ふんわりと身体を包み込む、優しい着心地が楽しめます。

デザインはベーシックで、日常の中にすっと馴染むもの。Vネックですが深すぎず、ちょうどいい開き具合なので、適度な女性らしさを演出できます。肩まわりはドロップショルダーで、窮屈さもありません。分厚くも薄手でもなく、着方次第でカジュアルにもきれいめにもなる、万能選手と呼べる仕上がりです。

まとめ

今回ご紹介した4点のニットは、どれも「長く着られるベーシックなデザイン」「チクチクしない着心地」という特徴は共通していますが、それ以外は素材もデザインもさまざま。普段着としてはもちろん、オフィスやお出かけのときにも重宝するアイテム揃いなので、ぜひ比較してみてくださいね。

文・構成/上野智美

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン