スタイルストア公式アプリ 全商品5%OFFキャンペーン

バイヤーからのお便り

揺れやズリ落ちがないから疲れない、新発想のバッグ

2022年08月15日更新

こんにちは、バイヤーの加藤です。トート派、リュック派、バイヤーの間でもよく話題に上るのですが、使う場所や荷物の量によって、バッグとリュックを使い分けているという方は多いのではないでしょうか。

肩に掛けるトートはオンオフ問わないけれど、肩からずり落ちるのがストレスだし、重い荷物を片方の肩だけに掛けると体に悪そう。両手が空くリュックは便利で疲れにくいけれど、電車の中では気を使うし、少しカジュアルすぎる……どちらを使っても、それぞれデメリットはあるもの。

「FIXTOTE ドルトン2」は、このようなデメリットを解消し、体への負荷を大幅に軽減させるために生まれた新発想のバッグです。生体力学に基づき8年の歳月をかけて開発されたこちらは、いわば「身体に固定できるトート」。すっきりとしたデザインで、オンオフどちらにも対応できるのが魅力です。

肩へのストレスを軽減し、疲れにくい仕様の秘密

一見普通のトートバッグに見えるこちらは、付属のストラップを使って、身体に密着させることで身体への負荷を軽減します。ニュートンの物理学と東京工業大学の英知を駆使し、8年の歳月をかけて生まれた全く新しいトートバッグです。

そもそも、トートバッグを持ち歩くと疲れるのには、下記のような理由があります。

1、肩にかかる「重さ」で疲れる

トートバッグは肩の1点に重さが集中してかかるため、持ち続けると肩が凝るという方も多いのではないでしょうか。

2、歩く際に生じる「揺れ」で疲れる

肩に掛けながら歩くと、トートバッグは荷物の重さによって、常に前後左右に揺れている状態になります。

揺れが大きく強いほど、肩への負担は大きくなります。

3、「揺れ」が続くことで、体に負担がかかり続け、さらに疲れる

この揺れが続くと、身体のバランスが崩れる原因にも。

これらを解消するために考案されたのが、独自のストラップなんです。

身体に固定されるから、ずり落ちない

そもそもの開発のきっかけは、トートバッグを肩に掛けたときに自転車に乗って、転倒してしまったという開発者の経験なんだそう。このバッグは、トートバッグ本体に特許取得のボディストラップを付ける仕様となっており、身体に固定させることができるため、ずり落ちを気にすることなく、快適に移動することができます。

両手が解放されるので、自転車に乗ったり、バギーを押したり、小さなお子さんと手をつなぐ時にも安心できるつくりとなっています。

肩へのストレスを最大41%軽減

身体のバランスを崩すことなく、正しい姿勢で歩くことができるのも嬉しいポイントです。荷重が分散するので肩への負担が軽減され、身体が疲れにくくなるという嬉しい効果も。

肩にかかる荷重を測定した実験では、肩へのストレスを最大で41%低減(※)することが実証されました。※負担低減の感じ方には個人差があります。

着脱はワンタッチ、使い勝手抜群

いくら体への負担が少なくても、使い方が難しいと面倒になってしまうものですが、ストラップの着脱はワンタッチで、力もいらないので気軽に持ち歩くことができます。

また、縦長で書類やノートPCも入るので、普段使いだけでなくPCを持ち運ぶ通勤バッグとしてもおすすめです。シンプルなデザインは男女問わずお使いいただけます。リュックと違って背中に密着しないので、夏場の汗も気になりにくく、冬場に厚手のコートの上からも楽に装着することができます。

A4の書類や雑誌、13.3インチ程度のノートパソコンがすっぽり収まるサイズで、縦長の形状になっています。本体の素材はナイロン素材、ショルダー部分も耐久性の高いシートベルト素材を使用した、しっかりとした作り。底の部分は上質なレザー製で、使い込むほどに色や質感などの経年変化を楽しめます。

使い方のコツ

私自身こちらを使ってみて、だんだんと使い方のコツがつかめるようになってきました。ここを気を付ければ使いやすいと感じたポイントが2つあります。

荷物をあまり詰めすぎない

スリムなフォルムのバッグなので、体に固定した時にバッグが少し斜めになることもあり、荷物がぎゅうぎゅうに詰まっていると、中のものがはみ出しそうになった時がありました。

私は習い事に行くときにこちらのバッグを持つことが多いのですが、テキスト1~2冊、ノート、ペンケース、ポーチ、お財布、携帯くらいがベストバランスだと感じています。

お仕事ならノートPC、ポーチ、お財布、携帯、ペンケースくらいでしょうか。お弁当箱が入るスペースはないかなと思います。

スマホやお財布は取り出しやすいポケットに

縦長のフォルムであることと、中の物を出す時にはストラップを都度外す必要があるため、取り出す頻度の高いものはなるべく分かりやすい場所に入れておくと良いなと感じています。スマートフォンやお財布、パスケースはポケットに入れておくようにすると、すぐに取り出しやすいですし、慣れてくるとストラップを外さなくても取り出すことができます。

たくさん歩く日にこちらのバッグを使うようになってから、たまに肩がけのバッグを使うと、バッグってこんなに揺れるんだなと改めて驚きます。両手を振って歩くといつもより颯爽と移動できている気がして、おっくうな移動も少し楽しくなります。バッグによる肩こりや疲れを感じている方に是非お試しいただきたいアイテムです。

このコラムを書いた人

加藤 紀子

スタイルストア バイヤー

加藤 紀子

ショッピングユニットでアシスタントバイヤーをしています。衣食住にまつわるすべてのことに興味があります。暮らしを楽しみたいという気持ちを大切にしたいと思っています。

特集 / キャンペーン