テーマ別おすすめアイテム

熱帯夜でも朝までぐっすり!蒸し暑い夜に涼しく眠れるアイテム4選

2024年07月12日更新

年々厳しさを増している夏の夜。熱帯夜続きであまり寝た気がしない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、熱帯夜に涼しく眠るためのアイテムをご紹介します。部屋を涼しくするアイテムや、通気性のよいパジャマやふとんなど、蒸し暑い夜の眠りをサポートしてくれるものを揃えました。今年こそ眠れない夜から解放されたい方、ぐっすり眠って夏を元気に過ごしたい方は必見の内容です。

熱帯夜も涼しく、快眠サポートアイテム4選

LUMENA/FAN CLASSIC 3

静音設計&やわらかい風で心地よい眠りをサポート

就寝時に使う空調アイテムは、運転音や風量にこだわりたいですよね。こちらの扇風機は一般的な扇風機よりも多い7枚の羽と回転数の制御にすぐれたDCモーター搭載で、肌あたりやわらかな風をつくるのが得意です。静音設計のDCモーターは夜間の使用に最適。さらに省電力なのも特徴で、1日8時間、1ヶ月(30日間)使っても電気代はわずか約150円と暑い夜にも毎日安心してお使いいただけます。

扇風機でありながらも360度上下左右の首振り機能を持っているから、サーキュレーターのように使えるのもポイント。お部屋の空気を効率よく循環させられるので、エアコン派の方にもおすすめです。高さ約98cmと大型でも重量は約3.6kg、バッテリー内蔵型でコードレスで使えるからお部屋間の移動も楽々。日中はリビングで使って、夜間は寝室で…という使い方もできますよ。

遮熱クールアップ(2枚組)

窓に貼るだけ!外からの熱を遮るから夜も涼しい

夜の寝室は昼間の熱気がこもっていて暑い…ということもありがち。そんな時には外から入る熱を遮るのもひとつの手です。「遮熱クールアップ」は窓に貼るだけで太陽光(日射熱)をカット、室温の上昇を抑えてくれます。冷房の稼働率も抑えられるので、節電にもつながりますよ。寝室の窓が西側で強烈な西日にお悩みの方や、窓が東向きで朝日が入って早くから目が覚めてしまう方にもおすすめです。

窓の大きさに合わせてカットしてご使用ください。室内にはもちろんのこと網戸にも設置できるから、換気のために網戸一枚にしている時でも遮熱効果を発揮してくれます。外からの視線を遮るので、プライバシー確保にも効果がありますよ。汚れたらネットに入れて洗濯機で洗うことも可能。日当たりを確保したい季節は取り外して畳んで保管できるのも良いところです。

kinel/涼しくて動きやすい高島ちぢみパジャマ レディース

べたつかない&動きやすい!熱帯夜も朝まで快眠

できればエアコンに頼りたくないのに、暑すぎて設定温度を下げないと眠れない…というジレンマにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらのパジャマに使われているのは、生地の表面にシボ(凹凸)のある「高島ちぢみ」。肌と生地の間に隙間ができるから風通しや肌離れが良く、吸湿速乾性が高いのが特徴です。暑い夜もベタつかず快眠できますよ。

こちらのパジャマは綿100%でありながら伸縮性にもすぐれています。脇下はAライン気味のデザインでゆったりしており、就寝中の動きを妨げません。パンツもワイド型だから膝の曲げ伸ばしも自由自在。どんな動きをしても窮屈さがなく、寝苦しい夜の強い味方になってくれる存在です。パンツの両サイドにはポケット付きで、スマホの持ち運びなど便利にお使いいただけます。

洛中 高岡屋/八分の五 2重スフレガーゼ 夏ふとん

ふわふわ質感が気持ちいい、吸放湿性の高い夏ふとん

こちらのふとんは、名前の通り夏の夜のことを考えてつくられています。大きさは普通の掛け布団の約5/8で、縦に使うと足先がすこし出るくらいのサイズ感。横に使うとおなかをしっかり覆えて寝冷えを防げます。体の中でも熱を放出しやすいと言われているのが手足の末端。こちらのふとんは足先をふとんから出せるサイズだから、熱帯夜でもうまく涼を得ながら眠れますよ。

側地には手間ひまかけた和晒ガーゼ、中綿にはリヨセルとポリエステルが使われており、肌ざわりはとろりとやわらかく、スフレのようなふわふわ質感が特徴です。吸放湿性にもすぐれているからふとんの中に熱がこもりません。肉厚で安心感があり、肌離れが良いのでベタつかず、寝返りを打ちやすいのもポイントです。洗濯機で丸洗いできるのは汗をかく季節にはうれしいところですね。

涼しく眠れるアイテムで、蒸し暑い夜も快適に

蒸し暑さから眠りが浅くなりがちな熱帯夜。今回はそんな暑い夜に涼しく眠れるアイテムをご紹介しました。熱帯夜の寝苦しさから解放されたい方はもちろん、エアコンに頼ると体調が不安な方や、電気代が気になる方のお悩み解消にも一役買ってくれそうです。気になるアイテムがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

文・構成/柳井ひかり

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。