バイヤーからのお便り

女性を美しく見せるのは「髪」なのかもしれない

2016年06月27日更新

スタイルストアではブローチスカーフ
お馴染みのブランド「sasakihitomi」。

11887260_983074915071489_1364941553_n

そのデザイナー佐々木ひとみさんが、
同じくジュエリー作家の加藤由将さんと
共にヘアアクセサリーのブランドを
スタートしました。

佐々木さんも加藤さんも2月生まれと
いうこともあり、ブランド名は
二月(ふたつき)」。

9

お二人それぞれの個性と世界観が
感じられるラインナップではあるのですが、
交ぜて並べてみても、あるいは一緒に
使ってみても、意外なほど馴染みがよく、
不思議なくらいです。

なぜヘアアクセサリーなのか?という
話を佐々木さんに聞いたとき、彼女が
とても印象深い話をしてくれたので、
皆さんにもご紹介したいと思います。

佐々木さんは広島のご出身で、まだ
地元にいた学生時代、縁あって
ウィッグ(かつら)を作る会社で
アルバイトをしていたのだそうです。

アルバイトに対しても、いろいろと勉強の
機会を与えてくれる会社さんでもあり、
佐々木さんは、かつらにまつわる様々な
経験を積む中で、お化粧よりも、髪をどう
アレンジするか、で女性の雰囲気は
劇的に変わる!ということを体感します。

160311_・呈怦2616

四角みっつバレッタ」は加藤さんのデザイン

その鮮烈な驚きと感動が胸に残っていて、
ジュエリー作りを始めた初期の頃から、
いつかヘアアクセサリーも手掛けたい
という想いがずっとあったのだとか。

髪周りのアクセサリーというと、
ちょっとおもちゃっぽいものが多く、
いいなと思うとインポートや作家もので高価。
デザイン、質感、価格、バランスのいい
ヘアアクセに出会うのはなかなか大変です。

0602-15127

後姿や横顔をキリッとさせてくれそうな
加藤さんのデザイン。

0602-15139

sasakihitomiの世界観を髣髴とさせる
絵画のようなモチーフもの。

いつかこんなふうに、さらっと
2個使いなどしてみたいものです。

★二月のアイテム一覧はこちら>>

このコラムを書いた人

柳沼 周子

スタイルストア バイヤー

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

特集 / キャンペーン