全商品ポイント10倍キャンペーン

◯◯の選び方ガイド

インテリアに馴染むおしゃれなゴミ箱、シーン別の選び方とおすすめ9選

2017年03月01日更新

暮らしには欠かせない「ゴミ箱」ですが、どうしても生活感が出てしまいがちなアイテム。できることならおしゃれなものを選びたいですよね。そこで今回は、インテリアの中に自然に溶け込むおしゃれなゴミ箱をご紹介します。

一言で「ゴミ箱」と言っても、さまざまなタイプがあります。ゴミ箱選びで大事なことは、「どこに置くか」と「どんなゴミが出るか」の二つ。

リビングや寝室ではインテリアに溶け込むようなデザイン重視のもの、キッチンでは機能を重視したものなど、置く場所や使うシーンに合わせてゴミ箱を選ぶことがポイントです。

デザインで選ぶ!リビングや寝室に置きたいゴミ箱

家のなかでも長い時間を過ごすリビングや寝室。そこで出るゴミは、紙くずなどのちょっとしたものが多いと思います。
ここで重要視したいのは、明らかに「ゴミ箱」と分かる見た目のものではなく、自然にインテリアに馴染むおしゃれなデザインかどうか。おすすめのゴミ箱をいくつかご紹介していきます。

ダストボックス W CUBE

汚れが付くことを気にしてゴミ箱の中にビニール袋を設置する人は多いと思いますが、そのビニール袋が見えると一気に生活感が出てしまいますよね。そんな悩みを解決するのが、こちらのダストボックス W CUBE。内側にセットしたビニール袋を、カバーして隠せる木枠が付いているので外側からビニールが見えなくなるようになっています。
デザインは上品な木目とシックなカラーがコントラストになったナチュラルテイスト。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、どんなお部屋でもインテリアを選ばずコーディネートができます。W20×D20×H33cmというコンパクトさですが、収納量はたっぷり。

SAITO WOOD/ダストボックス 954TA teak grain

無駄をそぎ落とした本当にシンプルな形のSAITO WOOD/ダストボックス 。どんなインテリアにもすっとなじむのが嬉しいゴミ箱です。約4mmという薄さなので木を使いながらもとても軽くて丈夫です。中身が見えにくい蓋付きというところや、つなぎ目には段差がなくまさにデザインの美しさと実用性を兼ね備えているアイテム。表面にポリウレタン塗装がしてあるのでもし内側が汚れたら水拭きして簡単にお手入れできるのも嬉しいところです。

無印良品/タモ材ごみ箱・ふた付

シンプルで木のぬくもりが感じられるこちらのゴミ箱。ナチュラルな質感が、部屋を明るい印象にしてくれます。中身が見えにくいように蓋が付いているのでリビングや一人暮らしのワンルームで使ってもお部屋の雰囲気も壊しません。使い易い軽さを実現するために薄い積層材を使用しており、中の汚れが気になる場合には、別売りのアルミ製のゴミ箱を中に入れて使用する事もできます。

Octagonal/ ダストボックス

https://www.instagram.com/p/BQ-GPN_ljML/?tagged=%E3%82%B4%E3%83%9F%E7%AE%B1

通常、丸型や四角のデザインが多いゴミ箱ですが、8角形のデザインが特徴的なこちら。天然木を使用しており、やさしい風合いながらも、シックで重厚感がある一品です。大人っぽく落ち着いたお部屋に合わせてコーディネートするのがおすすめです。

スペックで選ぶ!キッチンに置きたいゴミ箱

キッチンに必要不可欠なゴミ箱。キッチンでのゴミ箱選びには、気になる生ごみの匂いや衛生面、調理の最中にも分別しやすいという使い勝手を考慮することが重要なポイントです。「分別」、「臭い」、「置き場所」といった機能面を重視しつつも、なるべく生活感を見せないようなおしゃれなゴミ箱をご紹介いたします。

I’mD/kcud ワイドペダルペール

ペダル式で蓋を手で触ることなく開閉ができるI’mD/kcud ワイドペダルペール。リビングやキッチンのシンク脇などに置いても、圧迫感がなく、キャスターつきなので移動もらくらく。奥行きのないスペースにも置くことができ、左右に広く使えるような設計になっています。ゴミ袋は45リットルに対応しており、複数セットすれば最大3分別まで可能。このゴミ箱1台でも、横並びにゴミの分別ができます。インテリアにシックに溶け込むラスティックカラーも魅力です。

 ideaco/TUBELOR kitchen flap

コンパクトなキッチンにぴったりなサイズのフタ付きゴミ箱、ideaco/TUBELOR kitchen flap。フタはワンプッシュするだけで簡単に開閉が可能。すっきりとしたデザインに、奥行き15cmのコンパクトなサイズ感が魅力です。袋がカバーの中にすっぽり収まるので、見えないように簡単にしっかり隠すことができます。錆びにくいステンレス製のバネを使用しており、さらにフタを開けた際にカバーとフタの接合部に隙間ができないため、ゴミが挟まりにくくお手入れも簡単です。ゴミ箱というと汚れがちなイメージですが、こちらは丸洗いも可能な点が嬉しいところ。

ideaco/TUBELOR flat20

フタ付きだからゴミから出る嫌なニオイをシャットアウトできる卓上サイズのミニゴミ箱、ideaco/TUBELOR flat20。キッチンで使うなら、生ゴミを入れるのにぴったり。ワンプッシュで簡単に開閉ができるので両手がふさがっていても、軽く押し当てて開くことができます。中にゴミ袋を見えないようにセットできるので、見た目もスッキリし、ゴミ捨ての際もラクチンです。キッチン以外にも、ダイニングテーブルや書斎などに置いても使い勝手良くお使いいただけます。

tower/ゴミ袋&レジ袋スタンドタワー

ゴミ箱に付く独特のあの臭いが嫌でゴミ箱自体をあえて使わないという方にぜひ使っていただきたいのが、「ゴミ袋スタンド」。tower/ゴミ袋&レジ袋スタンドタワーはスチール製のフレーム上部に袋の取っ手を引っかけるだけというアイデア商品。1個のスタンドでビン、缶、ペットボトルなど、分別用に2~4袋ほど下げることが可能です。スタンドの足の片側が折れることで、袋の口を閉じることが出来てとても衛生的なのです。45リットルのゴミ袋がセット出来るゴミ箱って結構大きくて、場所をとるものが多いですが、こちらのスタンドは折りたたみ可能で、畳んだ状態だと厚さがわずか3.5cm。使わないときは収納しておくことができるので、キッチンスペースに余裕がなくても使い勝手が良いですよ。

バスルームに置きたいゴミ箱

洗面台周りでは意外とティッシュや入浴剤の袋など、生活ゴミがでるもの。とはいえ、脱衣所まわりは狭くてあまりスペースが取れないことも多いと思います。シンク下の棚やちょっとしたスペースに置けるように、できるだけスリムでシンプルなものがおすすめです。

中川政七商店/袋が固定できるゴミ箱

この中川政七商店/袋が固定できるゴミ箱は、もともとはバケツをゴミ箱として使い勝手がいいように改良したもの。黒のリングでゴミ袋をセットし、捨てるときはリングを持ち上げると袋ごとガバッと外れる、という感じです。内側に袋を固定することで、表側からはほとんどビニールは見えなくなり、すっきりとした佇まいになります。 また、女性の足にあたってストッキングが伝線したりしないように、鉄板の継ぎ目など引っかかりを出さないよう配慮されたつくりになっています。こちらはとてもシンプルなデザインなので、ご自宅以外に事務所などの仕事場でも使えそうですね。

MOHEIM/SWING BIN

一直線の円柱型ゴミ箱MOHEIM/SWING BIN は、一切の凹凸や繋ぎ目などが排除されすっと研ぎ澄まされた佇まいがシンプルで美しい一品。使いやすく工夫されているのもポイントで、ゴミ袋を固定できるよう、内側に透明のプラスチックの板が一枚付属していて、すっきりおさまります。

当店のバイヤー中井も新居のバスルームにはこちらのゴミ箱を置いて、シンプルな空間をつくっています。

ゴミ箱のお掃除方法

themulticleaner_05

せっかくお部屋に馴染む素敵なゴミ箱を置いても、ゴミ箱が汚くなってしまうとがっかりですよね。最後に、ゴミ箱のお掃除方法をご紹介しておきます。

ゴミ箱の中に直接ゴミが付着しないようにビニール袋を設置している方も多いと思いますが、気が付くと匂いや汚れがついてしまっていることがあるのではないでしょうか。基本的には袋の交換時に定期的に拭き掃除をすると綺麗な状態を保つことができます。水拭きかアルコール除菌で掃除するだけでも綺麗になりますが、それでも気になる場合は、中性洗剤で水洗い後に日光消毒が効果的。汚れが落ちにくい場合は、重層やメラミンスポンジなどを使うとさらに落ちやすくなるそうです。

ゴミ箱の素材によっては効果的な方法や使用できる洗剤が変わってきますが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

生活の中では必ずでるゴミと、なくてはならない「ゴミ箱」。
使うシーンや生活スタイルに合わせて、ぴったりのものを選んでみてくださいね。

このコラムを書いた人

天野 愛子

スタイルストア アシスタントバイヤー

天野 愛子

スタイルストアでアシスタントバイヤーをしています。

特集 / キャンペーン