みんなの愛用品

バッグの中身拝見!5レザーポケット十人十色の使い方

2019年07月25日更新

KAKURAのバッグインバッグ「5レザーポケット」に多く寄せられる声TOP5は

1、バッグをごそごそとモノ探しをしなくなった

2、ファスナーやふたがない方が使いやすい

3、革の質感が良く、使っていて気分がいい

4、革なのに軽い(これによりバッグ内が整理され、余計なものを待たなくなるから軽いのかも、とのお声も)

5、サイズ違いも買った(←結構多くてビックリ!)

kakura_nakai5

こちらはバイヤー中井のバッグの中身(中井は龍角散を常備している)

もっと早く買えば良かった、と添えてくださる方も複数いて、多くのお客さまが気に入って使ってくださっています。

ちなみに、デメリットとして挙がるのは「価格が高い」。でも、それより残念な声を2件頂きまして、両方とも「イマイチ使いこなせていない」というものです。

せっかく買って頂いて、使えていないとは残念すぎます。このバッグインバッグは、革製(手縫いですわ)ゆえ、ナイロンや布製より価格がはりますが、だからこそ劣化せず、長く使えるもの。

だから、使えていないというのはもったいなさすぎる!ということで、ご愛用者の使用例をご紹介することにしました。

個性が出るから面白い、5レザーポケット活用術

1、20代女性 5レザーポケット L を使用

マチなしのエコバッグや、内ポケットがないカゴバッグの際に使用。

カゴバッグに入れる時は、水筒、ストール、ハンドタオルなどを一緒に持ち歩く。5レザーポケットの周辺にそれらを入れると、バッグの中で位置が定まり、見やすく出し入れもしやすい。

2、40代女性 5レザーポケットLを使用

外回りが多く、仕事道具(書類系)を一緒に持ち歩く

仕切りがあるバッグを使っているので、バッグinバッグ自体は薄マチの方がおさまりがよい、ということで、5レザーポケット(ワイドではなくレギュラーの方)をチョイス。

3、30代男性 5レザーポケットLを使用

通勤バッグに使用。財布はポケットに入れており、鍵も財布に入っているため、5レザーポケットには財布、キーケースは入れていない。

5レザーポケット以外の荷物はお弁当と水筒。

左からイヤホン、ペン、シミ取り、手帳名刺入れ、薬やサプリ入りミニポーチ、モバイルバッテリー。

4、30代男性 5レザーポケットワイドLを使用

何かと移動が多く、メインで使うのは底マチがしっかりあるバックパック。

主にパソコンのツール関係を収納し、作業するときには5レザーポケットごと卓上に出して使用。

5、40代男性 5レザーポケット ワイドSを使用

職場のデスクで使用するために購入。

ワイドはレギュラーの倍マチ幅があるので、卓上で使用する場合も安定感があります。

こういう使い方かーと意外でしたが、ペン立てよりガチャガチャ音もせず、使いやすそう。

こちらのお客さまの他にも、リビングの小物や自室の雑多な小物を整理して入れておくために買った、という方がいらっしゃいました。

6、30代女性 5レザーポケットワイドSを使用

主に職場のデスク・引き出しにて使用。仕事中はデスクの上に、退社時は引き出しにしまう。

休憩時に使うものやお菓子、ご褒美のお茶、ハンドクリームやリップバームなどを収納。


以上、5レザーポケットの活用例6パターンをご紹介しました。

加えて、特にご購入直後に「使いこなせない」と感じられる場合は、新品時に革のハリが強いから、という理由もあるかと思います。

左が新品、右が2年半ほど使用したもの(奥Lサイズ、手前Sサイズ

革の良さは、使うほどなじんできて、艶が増し、風合いが良くなるところ。ナイロンのように破れたり、摩耗することもありません。

特にKAKURAの場合は、数年後に糸がほつれた、革の裏面のモロモロが気になってきた、などの場合、メンテナンスをしてもらうことができます。

薄く漉いた革で、手縫いだからこそ実現したバッグinバッグ「5レザーポケット」。こちらでご紹介した活用例が、鞄の整理やデスクワークのお供として、皆さまのヒントになれば嬉しいです。

関連コラムもぜひご覧ください

kakura_nakai2

バイヤー中井の愛用品コラム
旅や出張での「あれどこだっけ?」がなくなった話

KAKURA_letherbag_06

バイヤー畠田の愛用品コラム
革のポケットに助けられる月曜と土曜

 

このコラムを書いた人

柳沼 周子

スタイルストア バイヤー

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

特集 / キャンペーン