全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

クリーン&シンプルな空間を!快適な部屋作りに必要なインテリアとおすすめの家具

2018年09月04日更新

快適さの基準は人それぞれだけど

1人暮らしのお部屋であっても、家族と暮らすお家であっても、毎日過ごす場所は快適でありたいもの。とはいえ、快適さの基準はひとそれぞれ違います。今回は、生活空間としての部屋作りを中心に、快適なインテリアの作り方やおすすめの家具をご紹介していきましょう。

快適な空間はクリーン&シンプル

本当に必要なモノ・本当に使えるモノ

最近のインテリアの傾向としては、暮らしに焦点を合わせたアイデアが人気を集めているようです。人々は、家の中で過ごす時間を以前よりも丁寧に紡いでいこうとしているようにも見えます。そんな生活空間に置きたい家具は、見た目のデザインや価格で選ぶだけでなく、本当に必要なモノかどうか、本当に使えるモノかどうかが決め手になるのではないでしょうか。

所有物を見直す

View this post on Instagram

Selina Lauckさん(@selina.lauck)がシェアした投稿

必要最低限のモノだけで暮らすシンプリストや、持たない暮らしを実行するミニマリスト、不必要なものを手放す断捨離など、クリーン&シンプルな暮らしを目指すスタイルが注目されている昨今。快適な暮らしへの第一歩は、所有しているモノを見極め整理することかもしれません。

快適なベッドルームを考えてみる

たとえば、「快適なベッドルーム」を考えてみましょう。さまざまなモノが雑多に重ねられ、モノがあふれた空間よりも、すっきりと整ったベッドルームの方が快適な眠りにつきやすいのではないでしょうか。リビングルームやダイニング、キッチンも同じように整えることが大切です。

機能美がもたらすスタイリッシュさ

必要なモノを見極めたインテリアは、クリーンでシンプル。それが、快適な空間には欠かせないポイントです。豪華であったり派手である必要はないのです。実用的な家具には、機能美を兼ね備えたスタイリッシュなデザインが多くあります。すっきりと美しいインテリアを目指しましょう。

素材や色が生み出す快適さ

生活空間をより快適にする素材

何度も繰り返しますが、何に快適さを感じるかの判断基準は人によって異なります。けれど、多くの人々が、天然の素材に落ち着きを感じるようです。たとえば、リネンやコットン、シルクといった天然素材のファブリック。無垢材を素材にした家具や天然素材を編んだバスケットなども、生活空間をより快適に感じさせてくれるのではないでしょうか。

職人さんの手仕事

家具に関しても同じことが言えます。天然木を素材にした家具は、空間に落ち着いた印象を与えてくれるでしょう。職人さんの手仕事で丁寧に作られた家具は、ほっこりとした温もりも伝えてくれるはずです。

快適な空間に必要な家具

家具を厳選する

快適な部屋作りに必要な家具とは、何でしょう。一般的には、ダイニングテーブルやソファ、ベッドにサイドテーブル、収納家具としてのシェルフや引き出しのあるチェストなどが考えられますが、そのすべてがなくても構いません。自分のライフスタイルやお部屋のスペースを考えて、必要な家具を厳選することが大切です。

色がもたらす快適さ

View this post on Instagram

Joe Ruggieroさん(@joeruggiero_collection)がシェアした投稿

空間を明るく広く見せる色として、インテリアでは多くのニュアンスカラー、中間色が好まれています。また、、落ち着きを感じさせる色彩には、ブラウン系やグリーン系のいわゆるアースカラーがおすすめです。特に大きな面積にこうした色彩を取り入れることで、リラックスできる空間が生まれます。

注目のグレーインテリア

View this post on Instagram

misa🖤さん(@r.y0323__home)がシェアした投稿

北欧風インテリアをはじめ、モダンスタイルやスタイリッシュなモノトーンインテリアにおいて、シンプルでミニマルなグレーのアイテムの人気が高まっています。黒×白よりも柔らかさや温かみを感じさせるグレーのアイテムを取り入れることで、落ち着いた雰囲気がアップします。

快適な部屋作りに欠かせないアクセント

遊び心のある照明

遊び心のある照明は、リビングルームに快適さと魅力をもたらす素晴らしいアイテムです。 ペンダント型の吊り下げ器具は、華やかな雰囲気の中で美しい光を広げ、芸術的なアクセントとして機能します。テーブルライトやフロアランプは、落ち着いた雰囲気を演出する間接照明としてもおすすめです。

花のある暮らしがもたらす余裕

リビングルームやダイニングのテーブル、あるいはキッチンのカウンターや玄関の靴箱などに生花や観葉植物があると、それだけで気分がリフレッシュされます。季節を感じさせる花を飾るという行為は、毎日の暮らしにちょっとした余裕を感じさせてくれるのです。

1人掛けチェアやスツール

お部屋の中に1人掛け用のチェアやスツールがいくつかあると、快適さがアップします。座面が木のタイプはサイドテーブルとしてもフレキシブルに活用可能。好きな時に好きな場所に座ることができる気軽さや、お客様をお招きした場合の対応力、インテリアのアクセントなどさまざまな役割を果たしてくれる家具といえるでしょう。

快適な部屋作りにおすすめの家具

OAK VILLAGE/組み立て棚

それではここから、スタイルストアで購入できる家具の中から、快適な部屋作りにおすすめしたいものをピックアップしていきましょう。まずは、天然の素材が使われている家具として「OAK VILLAGE(オークヴィレッジ)」の「組み立て棚」をご紹介します。クリなどの国産広葉樹を素材にしたシンプルなシェルフは、ナチュラルで心地よい空間を演出してくれます。

cosine/エントランススツール

北海道の旭川で家具作りを行っている「cosine(コサイン)」も、天然木を素材にしています。こちらの「エントランススツール」は、メープル材を使用。シンプルなフォルムは、北欧スタイルやナチュラルテイストのインテリアにおすすめです。もちろん、玄関以外の場所でも使うことができますよ。

tetsu.co /ピア ダイニングテーブル

快適な部屋作りにおすすめしたい家具、2つ目のポイントは、シンプルなデザインであること。圧迫感がなく、どんなインテリアスタイルにもフィットする家具がおすすめです。「tetsu.co(テツコ)の「ピア ダイニングテーブル」は、鉄とヒノキの無垢材の組み合わせが魅力的です。

utatane/ボタンスツール

オーダーを受けてから制作される「utatane(ウタタネ)」の「ボタンスツール」は、ロータイプとハイタイプの2サイズ。座面は、布張りとレザーがあります。オーク材のフレームがシンプルですね。

Eau/AIXトレイテーブル

快適な部屋作りには、フレキシブルな使い方ができる家具もおすすめです。「Eau(オー)」の「AIX(エクス)トレイテーブル」は、サイドテーブルとしても、トップを外してトレイとしても使えます。使わないときは省スペースにたためます。こちらのブラック×レッドは裏表のリバーシブル仕様です!

OAK VILLAGE/折りたたみ小机

「OAK VILLAGE(オークヴィレッジ)」の「折りたたみ小机」も、使わないときはコンパクトに片づけることができる優れもの。国産のクリ材などを素材に作られたシンプルなデザインは、和室にも洋室にもフィットします。いくつかつなげて大きいテーブルにしてもいいですね。

快適な部屋作りで毎日を心地よく暮らそう

快適な部屋作りには、天然の素材や落ち着きを感じる色をインテリアに取り入れることがポイントです。シンプルでクリーンな空間をしつらえ、心地よい暮らしを楽しんでみませんか。

このコラムを書いた人

インテリアをはじめ、雑貨やファッション、アートなど美しいものが大好きです。夫と二人の息子、犬と猫と一緒に暮らしています。

特集 / キャンペーン