全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

冬のお部屋に潤いと色を彩る植物たちとお手入れ方法。

2015年12月02日更新
DSC_0157-XL

出典:http://dupuich.smugmug.com/Bonsai/Exhibits/National-Bonsai-Museum/i-nQwzt2c/A

お部屋に植物があると、潤いを感じたり癒されたりしますよね。暖かい季節はあまり手がかからないけど、冬には枯れてしまう。冬の植物のお手入れは、少し気を付けてあげないといけないことがあります。そこで、冬のお部屋にオススメの植物とお手入れの方法をご紹介します。

観葉植物たち

温かい国出身

温かい国出身

出典:http://www.ourhouseplants.com/plants/howea-palms

観葉植物は、熱帯地方に自生しているものが多いです。日本の春、夏は順応できるのですが、冬の寒さには、耐えられないものがほとんどです。また乾燥に弱いものもあります。お手入れ方法を知って、冬を越すと春には青々とした葉が楽しめますよ。

日のあたる窓辺に置きたい植物

吊るのがオススメ、ワイヤープランツ

吊るのがオススメ、ワイヤープランツ

出典:http://its-a-green-life.com/2012/12/25/sweet-angel-vine-one-of-my-favs-love-the-tiny-white-flowers/

寒さに強く、日光浴が大好きなワイヤープランツです。けれども乾燥には耐えられないので、冬の室内では霧吹きをしてあげたり、土が乾いていたらお水をあげてください。枝が伸びるので、窓辺に吊るのもいいですね。

冬でもトロピカル気分、ストレチア

strelitzia_deluxe_kunstplant_in_cubico_40x75cm

出典:http://www.maxifleur-kunstplanten.nl/kunstbomen/bloeiende-kunstbomen/strelitzia-deluxe-150cm.html

花の形が南国の鳥のように見えることから、「極楽鳥花」とも呼ばれています。乾燥に強く、寒さにも強いのですが日陰には弱いので、日当たりのいいリビングの窓辺などに置いてあげてください。葉が大きいので、天然の加湿器にもなるそうです。

寒さも日陰も平気な植物

シャープな葉がスタイリッシュなユッカ

シャープな葉がスタイリッシュなユッカ

出典:http://www.ourhouseplants.com/plants/yucca

「青年の木」とも呼ばれているユッカ。日当たりのいいところでも、日陰でもOK。寒さにも強い植物です。室内植物初心者に、もってこいの手間いらずです。

寒さに強い育てやすい植物

精霊宿るガジュマル

精霊宿るガジュマル

出典:http://dupuich.smugmug.com/Bonsai/Exhibits/National-Bonsai-Museum/i-nQwzt2c/A

幸福をもたらす、精霊が宿っていると言われる「ガジュマル」です。寒さや日陰にも耐えてくれるので、冬の室内にはぴったりの植物です。成長してくると、幹の途中から気根と呼ばれる根を出してきて、形状が変わってきます。先が楽しみですね。

ツタが伸びるのが楽しみなアイビー

ツタが伸びるのが楽しみなアイビー

出典:http://www.health.com/health/gallery/0,,20357829_2,00.html

外壁にツタが這っているのをよく見るアイビーですが、室内でも育てやすい植物です。冬場は、土を乾燥気味にしてあげるのがポイントです。白い斑模様が入ったものも、変化があってオススメです。

冬の室内を華やかにしてくれます

色が選べるシクラメン

色が選べるシクラメン

出典:http://mechantdesign.blogspot.co.at/2011/12/white-grey-wood.html

花の色や花びらの形など、種類豊富なシクラメン。日中は25℃、夜間は15℃くらいが適温、日光も必要です。昼間は窓辺に、夜は暖房の入っていない所にと多少手がかかります。お水は土の表面が乾いたら、底から水が流れるくらい必要です。枯れた花は小まめに、摘み取りましょう。

クリスマスの定番、ポインセチア

クリスマスの定番、ポインセチア

出典:http://livedan330.com/2014/01/04/poinsetias-great-houseplant/

白色や赤色、ピンクと最近は色数豊富になってきましたあ。寒さに弱いので、日当たりのいい10℃以下にならないところに。そして、暖房の風が当たらないようにします。お水は土が乾いたら、土の表面が湿る程度あげてくださいね。受け皿に水が溜まっていると、根腐れの原因になります。

鮮やかな色合い、サイネリア

鮮やかな色合い、サイネリア

出典:http://www.msplants.com/cineraria.htm

たくさんの花をつけてくれるサイネリア。寒さには弱いので、室内の日のよく当たるところを好みます。暖房の風は苦手です。お水をよく吸います。特に花が咲いている時期は、土の表面が乾いてきたら、お花に水がかからないよう鉢底から浸み出るくらいあげてくださいね。

全く手間いらずの植物

いつまでも美しい花

いつまでも美しい花

生花に保存液を吸いあげさせて、特殊加工したプリザーブドフラワーです。お水や温度管理も必要ないので、いつまでも美しい状態で、楽しませてくれます。複数置けば、豪華さUP!

REN/ローズシリンダー >>

土がなくても大丈夫、エアープランツ

土がなくても大丈夫、エアープランツ

出典:http://pithandvigor.com/wp-content/uploads/2011/03/il_570xN.154729709.jpg

土がなくても、植物として生きていけるエアープランツです。鉢に植えなくてもいいので、オブジェのひとつとしていろいろな飾り方が可能です。日当たりのいい場所に置いてあげると、成長してくれますよ。お水は週1~3回、霧吹きしてあげるだけという手軽さです。


冬の植物は、夏ほどお水をあげなくてもいいものが多いのが特徴です。ただし、暖房の風が直接当たると、乾燥により枯れてしまうことがあるので注意が必要です。ペットがいるご家庭では、ペットが口にしないように気を付けてくださいね。

このコラムを書いた人

kakite009

kakite009

kakite009

特集 / キャンペーン