みんなの愛用品

本当に襟の黄ばみや汚れが落ちる?検証してみました

2020年03月07日更新

こんにちは、バイヤーの菱倉です。
ほぼ毎日行う洗濯は、少しでも楽に、そして時間を短くしたい。そんな考えがあり、我が家ではとみおかクリーニングの「洗濯洗剤プラス」を使っています。

使い始めてから、それまで行っていた面倒な

・襟袖用洗剤を使っての黄ばみ・黒ずみの予洗い
・子どもが着ている服やタオルとの分別洗い

をする必要がなくなり、洗濯機を回す回数が半分、そして、すすぎが2回から1回に。自然と節水・節電ができました。そして、トータルで洗濯にかかる時間が約3分の2になりました!

そんな良いこと尽くめで、洗濯本来の目的である黄ばみや汚れがしっかり落ちているのか?
気になる襟や袖の黄ばみ・黒ずみと、食品の汚れがちゃんと落ちているのか検証してみました。

襟・袖の黄ばみや黒ずみがつけ置き・予洗いなしで落ちる

まず黄ばみや黒ずみがしっかり落ちているか検証。1か月ぶりに着ようとした白いシャツは、首や手首にあたる襟や袖の内側に黄ばみと黒ずみがありました。

予洗いなしでネットに入れ、他の洗濯物と一緒に通常モードで洗ってみました。

分かりづらいですが、全体的に黄ばんでいた襟の内側が白くなりました

1回洗っただけで黄ばみと黒ずみがほとんど落ちました。やはり面倒な予洗いなしでキレイになるのは楽でいいですね。洗うたびに黄ばみや黒ずみを落してくれる、とみおかクリーニングの洗剤。たとえ1回で汚れが落ちなくても、数回洗えばキレイになります。

季節の変わり目などで、久しぶりに着ようと引っ張り出したシャツが、びっくりするほど黄ばんでて着られなかった。そんな1度では落ちないような頑固な黄ばみを、早くキレイにするにはどうすればいいのか?

メーカーに聞いたところ、40度のお湯に洗剤を少量溶かし、そこに約1時間ほど汚れた部分を浸し、ブラシなどでこするとよく落ちるそうです。実は黄ばみのもとである皮脂汚れは、人間の体温以上になると溶けだします。だから40度を超える水温でおこなうと効果がアップするんです。

1回の洗濯で食品の汚れもほぼ落ちる

白いシャツの、皮脂汚れによる黄ばみや黒ずみはしっかり落ちました。では皮脂汚れ以外の食べ物や飲み物の汚れは落ちるのか?ケチャップ、醤油、コーヒーを垂らして実験してみました。

左からケチャップ、醤油、コーヒーの汚れです

こちらもつけ置きや予洗いはせず、他の洗濯物と一緒に通常モードで洗いました。

驚くことに、真ん中の醤油と右のコーヒー汚れはキレイに落ちました!しかし、左のケチャップ汚れのみうっすらと残ってしまいました。恐らくもう1回洗えばケチャップの汚れも落ちそうです。

もう1回洗ったところ、ケチャップの汚れもキレイに落ちました!「ケチャップや醤油の汚れはつけ置きや予洗いが必須」と思っていました。でも嬉しいことに、とみおかクリーニングの洗剤にはあてはまりませんでした。子供の服は食事の汚れが多く、その都度予洗いするのが大変。面倒な漂白もする必要がなく、他の洗濯物と一緒に洗えるのはとても楽ですね。

暖かくなってくると、白や淡い色の服を着たくなりますよね。とみおかクリーニングの洗剤があれば、汚れが怖くなくなるので、着る機会を増やしてくれると思います。

最後にもう一つ良い点を。家族内に花粉症持ちが2人いるので、花粉の時期は必ず部屋干しをしています。そこで心配なのが、あの嫌な部屋干し臭。でも「洗濯洗剤プラス」の消臭機能は効果大で、浴室に干しても全く臭いません。今まで浴室乾燥を使用していたので、電気代をひと月約2000円も節約することができました。

面倒なつけ置きや予洗いなしで汚れをしっかり落とし、時短や節約もできる「とみおかクリーニングの洗濯洗剤」。白い服をよく着る方、子どもがいる方、忙しい方、部屋干しで悩んでいる方等に是非おすすめしたい洗濯洗剤です。

部屋干しをする方におすすめのプラス

詰め替え用はプラスより買いやすい、コスト重視のオリジナル

ほんのりラベンダー&ローズマリーが香り、洗濯時の気分を上げてくれる

このコラムを書いた人

菱倉 慎太郎

スタイルストア バイヤー

菱倉 慎太郎

現代は世のなかにモノが溢れかえり、使っては捨てるを繰り返す大量消費社会です。 そんな時代だからこそ流行に左右されず長く使うことができ、そして愛着が増していくモノを厳選してご紹介していきたいと考えています。

特集 / キャンペーン