バイヤーからのお便り

そのまま外出!体に張りつかないリネン生地のインナー

2020年05月03日更新

天然素材を使ったアイテム作りを得意とするTUTIE.(ツチエ)にリクエストして、リネン生地のインナー作ってもらいました。2年前にも当店のリクエストを受けてコットン素材のインナーを作ってもらいましたが、今回は、そこに届いたつかい手の声がもとになって生まれたもの。「そうそう、これ!」と言いたくなる、痒いところに手が届くようなアイテムです。

リネン生地のインナーの良さとは?

今回、リネン生地のインナーが生まれるきっかけとなったのは、同じTUTIE.が手掛けるコットン天竺のインナーに届いたつかい手の声でした。「胸元がきれいに見える」や「下着っぽくないので、重ね着が楽しめる」「色違いで購入しました」等、星4~5個を付けてくださるお声が並ぶ中、「透けないという安心感はある反面、真夏は暑いかも」とか「もたつく」というご意見が、わずかながらあったんです。

高評価の中に紛れがちなつかい手のお悩みを解決するには、別素材のインナーを作る必要がある、そう考えて作られたのが、こちら。
体の動きを制限しないために、インナーには伸縮性のある天竺を使うことが多い中、こちらは吸水性、放湿性の高いリネンの布帛生地のものです。

汗をしっかりと吸収。そのうえで、さらっとしていて体に貼り付かないので、肌が快適な状態に保てるんです。インナーは伸縮性があるもの、と勝手に定義づけしていた私は、目からうろこでした。

もう1点驚いたのは、コットン素材との相性の良さです。夏服は、薄手素材のトップスやワンピースが多くなりますが、上物もインナーもコットン素材だと、両者がぺたっと張り付いて、もたついてしまうんです。でも、インナーをこちらにすれば、そのお悩みは解決!

せっかく風通しのいいゆったりとしたコットンワンピースなのに、中に着るインナーが張り付く事によって、うっかり体のラインが出てしまう、なんて事もありません。

外出着としても着られる3型

形はノースリーブブラウス、ノースリーブワンピース、半袖ワンピースの3型。いずれもインナーとしてはもちろんですが、胸元の開き具合や着丈、シルエットなどは外出着としても十分着られるようにと、デザインされています。

ノースリーブブラウスは、裾に向かって広がるAラインシルエット。首まわりは、デコルテが美しく見えるよう、程よく開いています。

襟にボリュームのある羽織りを着た時も、首元がすっきりとして見えるのがいいんです。

こちらはノースリーブワンピース。透け感のあるワンピースのインナーとしてもバランスよく着られるように、着丈を110cmにし、身幅は風を通す程度にゆとりを持たせました。

お出かけの際も、軽く上に羽織るだけでこの通り。着替えも重ね着もいらない便利なアイテムです。透け感のある薄手のコットン素材のワンピースとは特に相性がいいので、ぜひお試しください。

そして、最後にご紹介するのが半袖ワンピース。バストは128cmとゆったりめ。そこからさらに裾に向かって広がるAラインシルエットで、かなりボリュームがあるワンピースです。

こちらはインナーとしてよりも、ルームウエアにもなる外出着といったところでしょうか。

着丈は120cmですが、身幅がたっぷりとして落ち感がある為、実際に着るともう少し長めに感じます。身長167cmのモデルが着用しても、ふくらはぎの真ん中より下くらいの丈なので、重ね着しなくても全く問題ないと思います。

カラーはベーシックなホワイト、グレー、ブラック、そしてパッと目を引くピンクとブルーグリーンの全5色です。
ブラック、ピンク、ブルーグリーン、グレーは中に着たものの透けはほとんど気になりませんが、ホワイトは若干透けが目立ちますので、ご注意ください。

いずれの型も、インナーとしてだけではなく、外出着としても着られる便利なアイテムです。シーン、素材、型の選択肢が増えた事で、今年はより一層、不快な季節も快適に過ごせるのではないでしょうか。

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン