テーマ別おすすめアイテム

汗でべたつく肌を、さらりと快適に。着心地のいいおすすめのインナー

2020年06月16日更新

夏はもちろん、冬でも暖房や重ね着によって、意外と汗をかくことが多いもの。外出中やお仕事中、肌が蒸れてべたつく、服が体に張り付く…と不快さを感じるシーンは多いと思います。仕方がないと諦めている方もいらっしゃるかもしれませんが、機能的なインナーに変えるだけで、1日を快適に過ごせるようになることも。今回は肌のべたつきを和らげ、心地よい肌を保つための、おすすめのインナーを3点ご紹介します。

汗をかいても心地よく過ごせる、おすすめのインナー3選

DRESS HERSELF/シルクカットソーショートスリーブ

べたつかず、さらりと着られるシルク100%インナー

こちらのインナーカットソーはシルク100%。綿と比べて1.5倍の吸湿性と、優れた放湿力を備えています。そのおかげで汗をかいてもべたつかず、常にさらりと快適な着心地。シルクならではの、滑らかでとろみがある、吸いつくような肌触りも楽しめます。

普通のトップスと変わらない、インナーらしからぬデザインも魅力です。表に出しても違和感がないので、Tシャツとして着たり、ジャケットを羽織ったり、さまざまな着方ができます。シルク100%のインナーの中でも、ここまで外出着と遜色のないものは貴重。機能面でもデザイン面でも優秀な1着です。

meri ja kuu/4分丈インナーパンツシルク

足汗のべたつきをカットしつつ、腹巻やペチコートとしても使える

保温性、吸放湿性に富む「絹紡糸(けんぼうし)」という糸を使用した、シルク100%のインナーパンツ。空気の含有率が高い糸で、ゆったり薄手に編まれているため、汗をかいても肌にまとわりつきません。夏にスカートを着たときにありがちな、「動くたびに生地が足に張りつく!」という不快感を防いでくれます。

こちらは4分丈で、お腹から太ももまでカバーするサイズ感。ウールのものより涼しく、軽い質感なので、真冬以外の腹巻や、透け防止のペチコートとしても使えます。春夏の外出につきものの、足汗がべたつく、冷房でお腹が冷える、薄手のスカートが透ける、というお悩みを一気に解決できますよ。

TUTIE./リネンのノースリーブブラウス

肌離れがよく、風通し良好。外出着としても魅力的なデザイン

こちらのノースリーブブラウスは、リネンの布帛生地で作られています。吸水性、放湿性が高く、汗をしっかりと吸収し、肌離れも抜群。また綿素材と相性がよく、ゆったりとしたコットンワンピースの中に着ても、インナーが張りついて体のラインが出る…なんてことはありません。薄手素材が多くなる夏場には嬉しいインナーです。

裾に向かって広がるAラインシルエットや、程よく開いた首元など、外出着として通用するデザインも注目したいポイント。ゆったりとした風通しのいい形なので、じめじめとした季節に、トップスとして着ていただくのもおすすめですよ。

まとめ

服の中の蒸れやべたつきは、夏の外出や冬の屋内で、大きなストレスになる要素。ですがインナーに機能的なものを選ぶだけで、ぐっと軽減することができます。着心地のいいインナーで、1日中屋外にいる日や、暖房のきいた室内で過ごす日も、快適に過ごしてくださいね。

 

文・構成/上野智美

 

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン