テーマ別おすすめアイテム

夏の装いを楽しむ、「かごバッグ」集めました

2020年07月14日更新

夏はかごバッグが映える季節。いつもの服も、カバンをかごバッグに変えるだけで夏の装いになります。ただ、かごバッグは季節もののアイテム。必ずしも必要なものではないので、毎年気になりつつもかごバッグを買っていない……なんて方もいるかもしれません。私もそのひとりなのですが、今年こそはかごバッグをお迎えすると決めています!

本日は、バイヤーがじっくりと厳選したかごバッグをピックアップしてご紹介していきます。かごバッグをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ひとつかごバッグがあると夏のおでかけがもっと楽しみになるはず!

中身が取り出しやすい、ころんと可愛い「Cachellie/アラログレザーハンドルシェルトート」

最初にご紹介するのは、「Cachellie/アラログレザーハンドルシェルトート」。ころんとしたフォルムが愛しいかごバッグです。

かごバッグはファッションアイテムなので、デザインで選ぶのが一番ですが、使いやすさも重要です。かごバッグはどうしてもかさばりやすいので、大きさや形に加えて「中身が取り出しやすいか」「邪魔にならないか」も大切なポイント。

そのふたつをちゃんと満たしているのが「Cachellie/アラログレザーハンドルシェルトート」です。最有力候補に躍り出る優秀っぷり。流行に流されない形も良いポイントですよね。

夏イベントにも重宝する「POMTATA/RTE バスケット」

あまり荷物が多くない場合や、サブバッグも兼用するなら、このくらいコンパクトなかごバッグが可愛いです。

浴衣にも相性の良いデザイン! 普段使いだけじゃなく、夏イベントにも重宝しそうです。

かごバッグは中身が見えちゃう作りのものも少なくないですが、目隠し布がついていれば安心ですよね。キュッと結んでおけばチラッと見えたときにも可愛い。都度結ぶのが面倒なら、布を被せておくだけでも十分役割を果たしてくれます。

夏の遊び心を楽しむ「POMTATA/フルーツキャットトート」

シンプルなコーディネイトが増える夏は、カバンで遊び心を加えるのも楽しいです。たとえば、「POMTATA/フルーツキャットトート」。

愛猫家の日本人デザイナーが描いたイラストをもとに、フィリピンの職人が一つ一つ手作業で刺繍しているスペシャルなバッグ。目隠し布つきなので安心して持ち歩けます。

長財布やB5ノートも入る収納力なので、荷物が多めの方におすすめです。

あえての縦長を選ぶ「Cachellie/アラログレザーヘキサゴントート」

バケツ型の「Cachellie/アラログレザーヘキサゴントート」は、男の人でないと作れない、と言われるほど硬いアラログという素材で作られたバッグ。

丈夫な素材なので、毛羽立ちが起きにくく長く使うことができます。

特徴的なデザインで収納力が限られていますが、持つだけでおしゃれのレベルがあがります。夏だけのバッグだからこそ、こういうデザインを選ぶのもいいですよね。

お気に入りのかごバッグでご機嫌な夏を

見れば見るほど、考えれば考えるほど、どのかごバッグも可愛い! 持ち歩く荷物と夏の予定を参考に、理想のかごバッグを見つけましょうね。

文・構成/丘田麻美子

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン