永遠の定番品

【定番のパンツ:第7話】人気パンツ身長別はき比べ ラップ風デニムパンツ編

2020年09月23日更新

当店でお取り扱いしている6種類の定番パンツを、様々な身長、体形のスタッフに実際に穿いてもらい、その穿き心地をレポートする企画も、第3弾となりました。

このコラムでは、STELLA CIFFON(ステラシフォン)のラップ風デニムパンツをご紹介します。定番というと飽きのこないシンプルなデザインを想像しますが、こちらはラップ風で個性的なのが他の定番パンツと大きく違う所。穿いた時にバランス良く見えるように、左右の太さを変えているという、技ありの一本なんです。幅広い方が格好良く穿けるので、定番として定着するのもうなずけます。

ゆったりとした穿き心地のデザインパンツ

コーディネートに困ったら、このパンツと合わせれば間違いない!という圧倒的な信頼感のあるこのパンツを、穿き比べしてみました。声をかけたのは、前回同様、身長、体形がバラバラの4人です。

1、身長156cm、7号~9号サイズのスタッフ
2、身長160cm、9号サイズのスタッフ
3、身長165cm、11号サイズのスタッフ
4、身長167cm、9号サイズのモデル

左から、身長167cm(9号サイズ)のモデル、身長165cm(11号サイズ)のスタッフ、身長160cm(9号サイズ)のスタッフ、身長156cm(7号~9号サイズ)のスタッフの順で並べてみました。

実は、こちらのパンツ、36と38の2サイズありますが、穿き比べでは全員が同じ36サイズを穿いています。7号~11号サイズの方は36サイズで穿けてしまう程、ゆったりとしたシルエットなんです。

では、実際に穿いてみたスタッフたちのレポートをご紹介します。

1、身長156cm、7号~9号サイズのスタッフ

まずは、当店のデザインを担当しているスタッフ。身長が156cmの彼女に36サイズを穿いてもらいました。

Q.穿き心地に関してはどうですか?
A.デニムなのに柔らかく、さらっとした肌触り!足捌きが軽やかです。

Q.シルエットに関してはどうですか?
A.デニムだけどカジュアルすぎず、女性らしくキレイ目にも穿けるシルエットですね。

Q.これまで穿いていたパンツと何が違いますか?
A.やっぱり、このやわらかさ・肌触りはレアだと思います。歩いたりしゃがんだりしても突っ張る感じがないです。

156cmの方が穿くとフルレングスになります。

Q.おすすめポイントは?
A.写真では隠れていますが、フロントのラップ風デザイン!
ここのデザインによってカジュアル感が抑えられ、普通のデニムではできないようなキレイ目や、モードなコーディネートもできるんですよね。

Q.あえて挙げるマイナスポイントは?
A.わたしくらいの身長の人にとってはあるあるですが、やっぱりワイドパンツはサイズ感が難しい……。
トップスやアクセサリーなどでバランスを取らないと、だらしない感じになってしまうかもと思いました。

2、身長160cm、9号サイズのスタッフ

続いては、身長160cmの当店スタッフに36サイズを穿いてもらいました。普段はバイヤー達のアシストをやっている彼女はファッション好きで、普段からいろんなシルエットのパンツを穿いています。このパンツの穿き心地はどうだったのか、聞いてみました。

Q.穿き心地に関してはどうですか?
A.生地はデニム特有のしっかりめだけど、ゆったりしたカタチで窮屈さや動きにくさはないです。

Q.シルエットに関してはどうですか?
A.かなり幅がある印象です。足の形をいっさい拾わず、パンツのシルエットがそのまま出るという感じでした。

Q.これまで穿いていたパンツと何が違いますか?
A.見ての通り、前後左右ゆったりしていて、生地はしっかりしているので、脚のラインが出にくく、とにかくリラックスして着られるところです。

Q.おすすめポイントは?
A.デザインが特徴的なので、履くだけでゆったりシルエットのオシャレさんになれます!

Q.あえて挙げるマイナスポイントは?
A.パンツ自体にゆとり・幅があるので、激しく動くようなシーンだと、足さばきが気になります。サイズがゆったりとしていて楽なので、街歩きには全力でおすすめできます。

3、身長165cm、11号サイズのスタッフ

続いては、身長165cm、11号サイズのバイヤーに36サイズを穿いてもらいました。

Q.穿き心地に関してはどうですか?
A.ウエストのゴムが背中側だけのわりに伸びが良く、脱ぎはきのときに楽なのがいい!
生地もやわらかく、楽チンなはき心地。なのにフロントのデザインで、ちょっとオシャレに見えるのが素晴らしいです。

Q.シルエットに関してはどうですか?
A.デニムにしてはかなりワイドだと思います。でもラインと丈が計算されているのか、バランスがよく見えるんです。バギーパンツみたいな見え方だとかなりコーディネートが難しかったり、完全にカジュアルな雰囲気になりますが、これはヒールやサンダルにも合うので、綺麗な感じにまとめられるのがいいですね。

Q.これまで穿いていたパンツと何が違いますか?
A.やはりラップ風のデザインですね。前がラップになっているだけで、こんなにもデニムの印象が変わることにびっくりしました。

Q.おすすめポイントは?
A.他とかぶらないデザインです。デザインの良さと、はき心地のよさが両立しているのはなかなかないと思います。

Q.あえて挙げるマイナスポイントは?
A.角度により、太腿の後ろがぽこっと凹んだ感じになるのが最初気になったのですが、わたしの太腿の後ろをじっと見る人なんていないか(笑)。

4、身長167cm、9号サイズのモデル

最後は、当店のファッションページでもお馴染みのモデルさんに36サイズをはいてもらいました。身長167cmでスラっとした体型ですが、上半身(7号サイズ)に比べて、下半身は9号サイズ。お尻から太ももにかけての肉付きが悩みの彼女。

このデニムの印象を聞くと、「スタイルストアの撮影で、合わせるものに迷った時に登場するデニムというイメージです(笑)」との返答が。撮影の際に、顔回りが明るくなるような色や、ニュアンスカラーの服の時は、撮影現場でコーディネートに迷う事もしばしば。

「ぱっと見、難しそうなアイテムも、このデニムに合わせると絶対に格好よく決まるので、持っていると便利だろうなと思います」との事。

個人的には、白いパンツなのに透け感がない、靴とのバランスがとりやすい9分丈というのも、おすすめしておきたいポイントです。他にはないラップ型のデザインが、このパンツを定番パンツに押し上げた要因。

外出の際に、なかなかコーディネートが決まらないまま、時間だけが過ぎてしまう事って、誰もが経験しているのではないでしょうか。そんな時に、このパンツを穿けば間違いないといってもいいくらいです。モードなデザインは、着る人を選ぶのではと思いがちですが、ファッション迷子の方にこそお勧めしたい一本です。

定番のパンツ ~自分にぴったりの1本を~ 特集ページはこちら>>

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン