テーマ別おすすめアイテム

秋冬を通して長く着回せる、おすすめのハイゲージニット3選

2020年10月23日更新

秋冬シーズンの定番トップスといえば、ハイゲージニットです。肌寒い時期から真冬まで長く使えて、ニット特有のチクチクを感じにくいため、ワードローブにいくつか用意している方、買い足しを考えている方も多いのではないでしょうか。今回はシルク混やカシミヤタッチなど、さまざまな素材のハイゲージニットをご紹介します。当店でも人気の高い、着心地のいいアイテムばかりですよ。

着心地、デザインどちらも優秀なハイゲージニット3選

DRESS HERSELF/シルクコットンVネックニット

シンプルなのに美しく、着心地もいいVネックニット

DRESS HERSELFの「シルクコットンVネックニット」は、主にシルクとコットン、あとは強度を出すためのナイロン少々という素材構成です。主役の素材が2種類あるのがポイントで、普段着として気兼ねなく着られる強度と、「夏涼しく冬は暖かい」というシルクの長所が両立されています。また2種類の糸を染めて編むことによる、濃淡と奥行きのある色味も魅力的です。

ディティールにこだわることで、シンプルなのにどこかかっこいい雰囲気を作り上げています。シルエットはゆったりめですが、裾や袖のリブ使いのおかげで、すっきりとした印象に。さらにニットに落ち感があるので、ドロップショルダーながら細身に見えます。Vネックの開きが広く、鎖骨が美しく見えるのも注目したい点。着心地のよさと見た目の美しさを、両方兼ね備えています。

五泉ニットのプルオーバー

ニット専業メーカーならではの、上質な着心地とシルエット

ニット専業メーカーならではの経験を活かし、厳選した糸と編み方で作られているプルオーバー。暖かく軽量、なおかつふっくらした柔らかな質感で、体をやさしく包んでくれます。かと言って着ぶくれすることもなく、毛玉もできにくいので、コートの下に着込みやすいですよ。

一枚さっと着るだけでも見栄えがよく、ボトルネックなのでインナーが見える心配もありません。ボトルネックにドロップショルダーというと、太って見えるイメージがありますが、横ではなく縦に落ちるので、きれいなシルエットで着られます。これも着心地と同様に、ニット専業メーカーの経験を活かしているからこそ。上質な糸を使い、たっぷりサイズでも膨らんで見えない編み方と着丈にすることで、形のきれいさを実現しています。

TUTIE./キャッシュタッチ 長袖プルオーバー

カシミアのように滑らかな、「少しだけ他と違う」プルオーバー

TUTIE.の「キャッシュタッチ 長袖プルオーバー」は、「少しだけ他と違う」をテーマにしたアイテムです。使われている素材は、繊維の直径が通常のものより細い高級羊毛、スーパーファインウール。柔らかく均整のとれたこの糸に、CASHTOUCH(キャッシュタッチ)という加工を施すことで、ウール特有のチクチク感をなくし、カシミヤのような滑らかさを実現しています。

裾に向かって縦にドレープが入っているので、バスト120cmという身幅のわりには、すっきりとした印象。鎖骨が少し見える開き具合の襟、腕のラインを拾わない程度にゆったりした袖、軽くて薄い質感のおかげで、コートの下に来てもきれいなシルエットを保てます。それでいてしっかりと暖かいので、冬場はきっと重宝するはず。シンプルながらディティールにこだわりがある、オフィスカジュアルとしても着られるニットです。

まとめ

頻繁に身に着ける定番アイテムだからこそ、ハイゲージニットは質の高いものを選びたいところ。今回ご紹介したアイテムは、素材や形こそさまざまですが、どれも抜群の着心地を誇るアイテムばかりです。チクチクせず滑らか、なおかつ見栄えがいいので、お仕事でもプライベートでも、1枚あると何かと活躍しますよ。

文・構成/上野智美

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン