全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

コンパクトなのに大容量!大人のためのリュック

2020年12月26日更新

こんにちは、バイヤーの中井です。帰省の際や、日帰りで出かける時、どうしても着替えや出かけ先で購入したもので荷物が多くなって、結局両手がふさがってしまうことはありませんか?それならばリュックを持つのが良いかなと思ったのですが、いざ探してみると「機能的で、大人女性にも似合うカジュアルすぎない見た目」のものがなかなか見つからない……!

そんな中、1年前から愛用しはじめたのがNIZYU KANOの「ライトナイロンリュック」です。大容量なのに見た目はスッキリ。軽いのに肩への負担がかかりにくい。ファスナーやポケットにも工夫があって、何よりほんのりモードっぽい。今や出かける時に欠かせない相棒になりました。

たくさん入るのに、見た目はスッキリ

ブルー ゴールド M

このリュックは見た目はスリムに見えますが、実際に使ってみると思った以上に荷物が入ります。それは、底のマチがMサイズで12cm、Lサイズで12.5cm、さらに上の方までしっかりと幅があるから。この幅が狭いとスッキリ見えても荷物が入らず、広いとカジュアル感が強くなるので、このリュックの場合は絶妙な塩梅に計算されているなと感じます。

実際にMサイズに1泊2日程度の荷物(冬用の厚手ニットなど)を入れてみると、

こんな感じで、上の方にはまだまだ余裕があります。私の場合、出かけ先でその土地の野菜や調味料を買うのを密かな楽しみにしているのですが、ここにそういった収穫品を入れてもパンパンになりません。

冬以外の季節でしたら、洋服がもう少し薄手になるので、2泊3日くらいのお出かけにも十分使える容量です。

カットソー3枚、ダウンジャケット、パンツ2本、インナー、化粧品、500mlペットボトル、子どものお菓子やおむつ、お尻ふきなど

ちなみにLサイズの場合、2泊3日を想定したこのくらいの荷物がしっかり入ります。

軽いのに、肩への負担がかかりにくい

バッグ自体もMサイズで約415g、Lサイズで約470gと軽いのが嬉しいところです。

また、リュック自体が軽いと、中にはショルダー部分が簡素化されて、背負った時に肩に負担がかかってしまうものもあります。こちらの場合はショルダーパッドにしなやかでコシのある7mm厚の軽量スポンジを使っており、荷物が安定した状態で肩にフィットして乗るところがポイント。背負ってみると、きちんと重さが分散されていることがわかり、肩への負担もかかりにくいなと実感しています。

ポケットやファスナーに工夫があって使いやすい

内側のポケットはメッシュで中身を判別しやすい仕様です。横からでも取り出しやすいように、ポケットの口の角度が斜めになっている箇所があるなど、細かな工夫が施されているのも使い勝手が良いなと思います。

ブルー Lサイズ(手に持っている紙はA4サイズ)

ちなみに、購入前は気づかなかったのですが、期待以上に使いやすいなと感じているのが、外ポケットの仕様です。

上の画像のように、ポケットの上側にも空洞があるので、A4サイズの紙や縦長のものでも入れやすいんですね。例えば美術館の受付などで紙資料をいただいた時も、ひとまず折らずにここへサッと入れられるので、地味に便利だなと思います。

外ポケットにはタックが入っているので、例えば手袋やアームウォーマーなど一定の厚みがあるものを入れても、中身が外のラインに響きにくいデザインです。細かいところですが、こうした工夫からも、機能と見た目、両方を大切にしているのだなと伝わってきます。

また、4ジップなので、横から開閉ができ、スムーズに出し入れ可能です。背負ったままファスナー開閉することもできるのですが、私は身体が硬いので、いつも上の画像のように片側のショルダーを外してお財布などを取り出しています。

大人女性が持ちたくなる、ほんのりモードな雰囲気

Mサイズ

リュックというとカジュアル感が強かったり、ちょっとメンズっぽかったり。大人女性に似合うリュックは意外と選択肢が限られるなと思って長年探していたのですが、このリュックは品良い雰囲気で持てるところも魅力です。

撥水加工が施されているので、急な雨でも安心

その理由は、デザインの良さはもちろん、この生地の質感の良さも大きな要因なのではないかと思います。マットで肌理の細かい生地なのですが、この質感がほんのりモードっぽい雰囲気に見せてくれます。

ブルー Lサイズ

参考までにサイズの選び方ですが、160cm代前半の方はMサイズがバランス良く背負えます。上の画像は身長160cmのモデルさんがLサイズを背負ったところなのですが、体に対して結構リュックが大きい状態でした。Lサイズは、身長165cm以上の方、2泊3日以上の荷物を入れたい方にぴったりです。

私は今年の年末、残念ながら帰省予定がないのですが、もしリュックをお探しの方がいらっしゃったら心からおすすめしたい一品です。ぜひこの機会にご覧ください。

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン