テーマ別おすすめアイテム

快適な在宅ワークのカギをにぎる、切り替え上手な収納グッズ

2021年02月12日更新

ここ最近ですっかり馴染み深くなった在宅ワーク。密な状況を最小限に抑える目的や業務効率化の面から、働き方の新しい定番となりました。

ですが作業スペースと生活スペースが一緒になると、オンオフの切り替えが難しいのが困ったところ。行き場のない仕事道具で部屋が散らかり、休みの時でも自然と視界に入って気疲れしてしまう……こんな悩みは、収納を工夫して解消しましょう。

在宅ワークを快適にする収納グッズ5選

MOHEIM/LINDEN BOX L ホワイト

スタッキングできる、木製のマルチボックス

仕事中以外が終わって毎回仕事道具を片付けるのは面倒ですよね。ですがこんなボックスにざっくり詰め込むだけなら、かんたんだと思いませんか?

深さが選べるから、文具に資料に電子機器に、と箱ごとにジャンル分けをして入れるだけ。スタッキング可能なので、場所を取らずにひとまとめにしておけます。

一番大きいLサイズはA4サイズの資料も横向きにすっぽり入り、仕事用収納にうってつけのサイズ感です。

引出しと違い、必要な物だけをまとめて移動できる身軽さも嬉しいポイント。シンプルながらも絶妙なカラーとマットな質感が凛とした佇まいで、どこに置いてもサマになります。

ISSHINDO PRODUCTS/ドキュメントケース チップボールタイプ 30mm

両開きドキュメントケースで、すっきりデスクに

作業中の書類などは、ぱっと取り出せるようなケースにまとめるのがおすすめです。オフィス感を抑えたデザインのドキュメントケースなら、デスク以外に置いていても全く違和感がありません。

凹凸のないデザインに、しっかりと自立する箱型。これなら平置きで積んでも立てて並べても、すきまを作らずきれいに収納できます。

四方のふたはマグネット式で、開閉が本当に楽チン。全開にして中身を広げることも、立てかけたまま一辺だけを開くこともできます。

ファイルスタンドと違って持ち運べるという点も便利です。よく使う物はひとまずここにまとめておけば、場所を変えて作業するときにも物の移動がしやすくなります。

KAKURA/5レザーポケット ワイド L アンティークブラウン

文具や雑貨は、スタンド式ポケットで使いやすく

文房具類はすっきり収納できるだけでなく、仕事中にも使いやすいと嬉しいですよね。スタンド出来るポケットタイプの収納は中身が見やすく取り出しやすいうえ、広げず使えて無駄なスペースを取りません。

マチもしっかりあり、収納力もばっちり。このままバッグに入れてしまえるフレキシブルさも魅力です。

中のポケットは中心の縫い糸のみでの固定。かっちり仕切られすぎていない自由度の高さで、卓上に置きたい大抵の物は入れられます。

ペンや定規はもちろんテープやホチキス、文庫本にペットボトルまで!こまごました物でデスクが散らかりがちな方は、ひとつ持っておくとかなり快適になりますよ。

TOTONOE/Stock Box レギュラー 5個パック

ストックに最適、シンプルデザインの段ボール

もうあまり使っていない過去資料やサンプルがごちゃついていて気になる……という場合は、手軽な段ボールケースが活躍します。と言っても、引っ越しの荷物のような茶色い段ボールは出しておきたくないですよね。

こちらの商品は、白くてシンプルなデザインが特徴的。お部屋に置いても違和感のない、洗練された雰囲気です。

スリットに差し込むだけのフタの形状も、スッキリ感の秘けつ。別フタを備えないことで、重ねても並べてもすきまが無く、とっても気持ちいいんです。

メモ欄のラインは、両面違う色になっています。どちらを前面に向けるかを使い分けると、中身の分別もかんたんに。ささやかですが、「気がきいてるな」と思わせる仕様です。

COTAN/マルチ整理カゴ L

休息のお供は、ほっこり上質なラタンかごに

在宅ワークは自分のペースで進められる分、休息時間の切り替えが難しく感じる方も。休憩用のコーヒーセットやお菓子をリラックス感のあるボックスにまとめるのは、意外にも効果的です。

丁寧に編まれた籐のかごは、上質な仕上がりで見る度にほっとします。コーヒーセットやお菓子を入れておくのにちょうどいいサイズ感です。

棚から手をかけて取り出しやすいよう、手前はゆるやかな谷型の形状になっています。無駄のないデザインが、用の美を感じさせる一品です。

何より手づくりのあたたかさと天然素材のやさしさが、ひと息つきたい時間にぴったり。見た目や手触りが心地よいものを選べば、仕事の緊張やストレスも上手に和らげることができますよ。

仕事と自分の時間、うまく切り替えて快適に

同じ空間で仕事と生活の両立をする在宅ワーク。自分のペースでの働き方が叶う魅力もありますが、オンオフの切り替えがうまくいかないと大きなストレスになります。

今回ご紹介したのは、そんな状況を解消できる実力派の収納ばかりです。収納の見直しで切り替え上手になって、仕事もそれ以外も充実した時間を過ごしましょう。

 

文・構成/神谷かおり

 

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン