テーマ別おすすめアイテム

料理上手への第一歩、計量や味見の手間が減らせる計量ツール5選

2021年03月29日更新

レシピ通りのおいしい料理を作るには、計量や味見をきちんと行い、安定した味に仕上げること。……頭ではわかっていても、つい手を抜きがちですよね。慌ただしい毎日の調理に役立つのが、作業の負担を減らしてくれる計量ツール。使い勝手のよいツールがあれば、計量や味見といった面倒な作業が、いつしか当たり前の作業に変わります。「何となく」で選んだツールを使っている方は、見直しをしてみませんか。

計量や味見の作業が楽になる計量ツール5選

conte/やくさじ(計量スプーン) 5ml

スプーンのように使える「やくさじ」

計量スプーンを敬遠したくなる理由のひとつが、洗いものが増えてしまうことです。5mlが計量できる「やくさじ」は、何役もこなす働きもの。計量後にそのまま混ぜたり、スプーンのようにすくったり、取り分けに使うこともできます。調理道具をわざわざ取り替える必要がないため、洗いものの手間が増えません。

使いやすさのポイントは、柄が長く、さじが浅い設計にあります。長い柄は安定があり、持ちやすさと混ぜやすさを両立。高さのある瓶にもすんなりと入り込み、手を汚さずすくいとります。浅いさじは調味料の離れがよく、そのまま手早く混ぜ合わせられる気の利いた設計。洗い残りが起きにくいのも嬉しいですね。

おおさじこさじ 白磁

大さじも小さじも、これ一つで計量できる

数本がセットになっている計量スプーンも、その実、使うのは大さじと小さじだけという方も多いのでは。充実しすぎる計量スプーンを持て余しているなら、1本で大さじと小さじの両方が計量ができるアイテムがおすすめです。スプーンを持ち替えたり洗う手間が省けるだけで、「きちんとはかろう」という気持ちになれるもの。

柄が短いコンパクトなサイズで、容器に入れたまま保管できるところも日常使いに便利なポイントです。陶器製は色移りや臭い移り、錆びなどの心配が不要。いつまでも清潔に使えるのが助かりますね。調理道具というよりも、カトラリー感覚で気軽に使える計量スプーンです。

オールラウンドボウルズ ボウル M

計量と下ごしらえを同時にこなすボウル

下ごしらえを楽にしてくれるのが、内側に目盛りがついたボウルです。ボウルに入れるだけで分量がさっと確認でき、計量カップが不要になります。だし汁に調味料や卵を混ぜ合わせたり、鶏がらスープを薄めたり、乾物を水で戻したり。計量したらそのまま下ごしらえに移ることができ、調理がスムーズに進みます。

深さのあるボウルは、泡立てや混ぜ合わせるときも中身がこぼれにくく、ストレスフリーな使い心地。フチは巻き込みが処理されているので、液たれが起きにくく、注ぎ入れる作業も気持ちよく行えます。軽くて扱いやすいところも、調理中や洗い物で助かるポイント。毎日の調理が効率よくはかどるボウルです。

藤井器物製作所の計量カップセット

目盛りと持ち手の両方がついたボウル

より調理向きなのが、目盛りと持ち手がついたボウルです。計量ができることに加え、持ち手があることで安定感のある使い心地が特徴的。ハンドミキサーを使うときや具材をこねるときも、持ち手があればボウルをしっかりと固定でき、思い通りに扱えます。湯せんにも使いやすく、お菓子作りが趣味の方にもおすすめです。

持ち手はフックに吊り下げられる仕様なので、狭いキッチンでも省スペースで収納ができます。使いたいときにさっと手に取れるのも、吊り下げる収納のよいところ。使用頻度が高いボウルがすぐに使える場所にあれば、手際のよい調理が叶いますね。使わない日がないくらい活躍してくれるはずです。

家事問屋/味見スプーン

料理の出来を左右する味見用のスプーン

味見皿を使うと洗い物が増えるし、スプーンを使うとやけどをしそうになるし。味見で必要な「ひとくち」をすくうのは、意外と厄介な作業です。こんな場面で活躍するのが、味見用に作られたスプーン。小ぶりながら深さのあるスプーンは、少量だけをこぼさずにすくえます。柄が長く手元に熱が伝わりにくいのも味見向きです。

スプーンの反対側はフォーク型で、火の通りが確認できる親切設計です。お箸だと大きな穴が開いてしまうし、竹串を用意するのは手間だし。そんな気持ちに寄り添ってくれる気の利いた一品は、毎日の料理に欠かせない存在になりそう。味見用のスプーンと言うと大げさに聞こえますが、なかなかどうして、気楽に使える商品です。

賢い計量ツールを使って料理上手に

おいしい料理をきちんと作りたいときは、面倒に感じても計量や味見は外せない作業です。ご紹介した計量ツールは、手は抜かずに「手間」だけ省いてくれる料理の助っ人。定番のおかずも初めて作るレシピも、失敗なしの安定のおいしさに仕上がります。料理の腕を上げたい方は、取り入れてみてくださいね。

文・構成/江田紗華

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン