全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

きれい見えするのに、キャッチボールできるほど動きやすいブラウス

2021年03月23日更新

バイヤーの中井です。これまで作ってきた当店オリジナルブランドKilka(キルカ)のアイテムの中でも、歴代で一番「これやっぱりいいな」と実感しているのが「洗えるスリーブコンシャスブラウス」です。

その理由は、パッと見はきれいめで程よくきちんと感があるのに、ものすごく動きやすいところ。先日ひょんなことからこのブラウスを着たままキャッチボールをする機会があったのですが、思いっきり肩や腕をまわしても、窮屈さは皆無。こんなに動きやすいんだと驚きました。今回はその理由についてご紹介したいと思います。

脇下の深さと、袖の位置に秘密あり

ネイビー

肩や腕を真上に伸ばしても突っ張らない理由のひとつは、アームホールが大きめだから。さまざまなブラウスと比較しても、かなり脇下が深めのデザインなので、腕の動きを全然妨げません。

ブラック

もうひとつのポイントは、袖がはじまる位置。肩の真上にジャストで来てしまうと肩を上げにくいのですが、肩から少し落ちたところから袖がはじまっているので、肩まわりに余裕が生まれる分、バンザイした状態でもノーストレスで着られます。

このブラウスを作った時は、まさかこれを着て軽い運動をするなんて想像もしていなかったのですが、偶然の機会に遭遇してみて、「楽だとは思っていたけれど、真の意味で動きやすいんだな」と、身をもって体感した次第です。

ちなみに余談ですが、腕回りに余裕があって袖のデザインも立体的な分、風が通りやすく通気性が良いので、生地がお肌に張りつかないところも気に入っています。袖丈は7分袖くらいなので、一見「着られる季節が限られるかな?」と思いきや、実際は見た目以上に活躍の期間が長いんですよね。これからの季節でしたら、春先から夏の手前まで、夏の終わりから秋までは着ていただけると思います。

肩がゆったりしているのにコンパクトに見える理由

ベージュ

肩回りがゆったりとしている分、どうしても避けたかったのが「肩幅が大きくがっしりと見えてしまうこと」でした。

そこで工夫したのが、肩まわりと袖の「傾斜」。ゆとりはありつつも、肩や腕の傾斜に沿ったデザインにすることで、自然な落ち感が生まれて、例えばいかり肩の方や骨格がしっかりとした方が着た時も、華奢で美しくに見えるよう工夫しています。

この傾斜は、下がりすぎると今度は腕が上がりにくくなってしまうので、腕を動かしやすさと華奢見えのバランスを調整しながら決めています。

ストレッチ生地だから、屈んだ時に背中が突っ張らない

もう一つ、実際に愛用していていいなと実感しているのが、屈んだ時に背中に全然突っ張り感がないところです。

これは、身頃にストレッチ生地を使っているから。これまで着用してきて、靴ひもを結ぶ時、電車で座った時、下にあるものを取ろうと屈んだ時、自転車に乗って前屈みになった時など、日常生活のさまざまな場面で、ふと「着心地が良いな」と実感するタイミングが何度もありました(もちろん、キャッチボール時のゴロも取りやすかったです・・・!)。

腕回りが楽、かつきれいめに見えるので、例えばリモートワーク時にも重宝しています。「オンライン商談をするからトップスはちょっときれいめな装いが必要」「でもパソコン仕事も多いから、腕回りに締め付け感がない方が良い」。そんな時につい手にとってしまう一軍のブラウスがこれなんですよね。また、デニムなどカジュアルなボトムスにも合うので、オンオフ問わず着倒しています。

ちなみに、洗濯機の手洗いモードで洗えて、シワになりにくくノーアイロンで着られるので、お手入れも楽ですよ。

最近、「真の着心地の良さ」って何だろう?とよく考えます。素材、デザイン、体型に合っているか、手入れの楽さ、さまざまな要素が絡みあって、そのバランスが取れた時に着心地の良さに繋がるのかなと思うのですが、これからも長く愛用いただけるものを作っていきたいなと思っています。

袖を通すたびに、「これ作ってよかったな」と心から実感している一着。ぜひこの機会にご覧ください。

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン