全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

寝室をホテルライクに演出する、おすすめのアイテム5選

2021年10月05日更新

寝室は、家の中でも特にリラックスできるスペース。雰囲気にもこだわりたい、とお考えの方もたくさんいらっしゃると思いますが、大きめの枕やスツール、洗練されたデザインの雑貨などを揃えることで、ホテルライクな空間にすることができます。今回は寝室の雰囲気をワンランクアップさせるのに役立つ、おすすめのアイテムをご紹介します。

ワンランク上の寝室を目指せる、おすすめのアイテム5選

ノルディックスリープ/ピロー

復元力が高く、頭と肩をしっかりサポートしてくれる枕

最初にご紹介するのは、デンマークの寝具ブランド「ノルディックスリープ」の枕です。しっかりと頭を受け止めてくれる大きめサイズで、ベッドに置くだけで、寝室の雰囲気がぐっとホテルライクになります。また復元力が高く、寝る人の体型を問わず頭と首にフィットする独自素材「フォスフレイクス」が使われており、見た目だけでなく寝心地もラグジュアリー。筋肉がリラックスした状態で眠ることができます。

自宅の洗濯機で丸洗いでき、乾燥機の使用もOK。繰り返し選択しても詰め物のダマ、偏りが発生しません。また素材自体がタフなので潰れにくく、長く、日常的に使いやすいのも特徴です。見た目や使い心地は高級感がありますが、それでいてご家庭での使いやすさにも優れています。

utatane/クラムスツール ウォールナット

丸みのある三角形がかわいい、スタッキング可能なスツール

こちらはスタッキングできる、三角形のスツール。「重ねられて、軽くて、こまわりのきく椅子」というイメージでデザインされており、一般的な丸や四角の形状と違って、どことなくユーモラスな印象です。寝室用のちょっとした椅子としてはもちろん、小さなナイトテーブルとしても使えます。

ハマグリやアサリなど2枚貝を思わせる、やさしい三角形のビジュアルは、見ていて何となくほっとさせられます。洗練されたインテリアを目指しているけど、やっぱり寝室は安心できる場所であってほしい。そんなご要望も叶えられます。また2kg弱と軽量なので、部屋間の移動がしやすいという機能性も嬉しい点です。

スフェラーランタン ハードメープル

寝室にぴったりの、ちょうどいい暗さのランタン

寝室の雰囲気づくりに欠かせないのが、ベッドまわりの照明。3つ目にご紹介するのは、「スフェラー」という球状の太陽電池を使ったランタンです。パネル状のイメージが強い太陽電池ですが、こちらは説明されないとそれと分からないデザインで、インテリアにすっと馴染みます。

乳白色のシェードから広がる光は、キャンドルの灯りを思わせる、寝室にちょうどいい暗さ。明るすぎる照明のように目を覚まさせないので、お休み前のひとときをリラックスして過ごしていただけます。寝室の照明をこれ一つに絞ると、まるでリッチなホテルに宿泊しているような、落ち着いた雰囲気を演出できるでしょう。

BUNACO/ティッシュボックス SWING for softpack

どんなインテリアにもしっくりと馴染む、ブナ製のティッシュケース

ホテルライクな寝室を目指すためには、生活感が出る日用品はなるべく隠したいもの。そんなときにおすすめなのが、こちらのティッシュカバーです。ブナの木を使って作られており、ゆらゆら揺れるような柔らかいフォルムが特徴的。ティッシュケースというと箱に沿った直線的な形状が多いですが、こちらは曲線的なデザインなので、ほっと一息つきたい寝室にぴったりマッチします。

インテリアのテイストを選ばないので、モダン・北欧系の寝室はもちろん、和室にも違和感なく合わせられます。目につくところに置いても生活感が出ないので、寝室の中でもすぐに手が届く場所に設置してもOK。なおこちらのケースにはボックスティッシュ用とソフトパック用があり、今回ご紹介しているのはソフトパック用です。ボックス用に比べてコンパクトなサイズなので、小さなナイトテーブルにも置きやすいですよ。

MOEBE/フレーム オーク A4

ネジ、工具不要で模様替えができるスタイリッシュなフレーム

寝室に非日常感をプラスする最後の仕上げとして、絵や写真などのアートを飾るという方法があります。こちらのフレームは一般的な額と違い、アクリル板に飾りたいものを挟むだけ、というお手軽仕様。ポスター、記念のチケット、絵はがき、押し花なども挟めるので、気分や季節にあわせて好きに寝室を飾ることができます。

金具がない、まっさらでスタイリッシュな見た目なので、部屋のテイストを選ばないのも魅力の一つ。また中身を変えるときにネジや工具が必要ない構造なので、季節ごとに飾るものを変えてみる、思い出の写真を日々追加していく、なんてことも簡単にできます。シンプルながら多彩な使い方が可能なので、今まで部屋にアートを飾ったことがない、という初心者さんにもおすすめです。

まとめ

生活感が薄くホテルライクな寝室は、ちょっとの工夫やアイテムへのこだわりで、意外とすぐに実現できることもあります。今回ご紹介したアイテムは、どれも寝室の雰囲気づくりに一役買ってくれるものばかり。お休み前のひとときを過ごす大切な空間を彩るために、ぜひ参考にしてみてください。

文・構成/上野智美

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン