全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

コードレス、コンパクト、柔らかい風。どこでも使える扇風機

2021年06月12日更新

こんにちは、アシスタントバイヤーの加藤です。6月に入り、気温の上昇とともに蒸し暑さを感じる季節となってきました。この時期難しいのが室内の温度のコントロールです。

エアコンは温度調節が難しく、つけっぱなしだと体が冷えてしまったり、切ると途端に蒸し暑くなったり。私は今在宅勤務がメインなのですが、日中、他の家族がいない時間はエアコンをつけて部屋全体を冷やす必要もなく、自分の周りだけが適度に涼しくなればいいなあと思っています。

家族がそろっている時間帯も、全部屋でエアコンをつけるのは光熱費が気になります。かといって大きな扇風機を部屋から部屋へ移動させて使うのも面倒に感じ、昨年から気になっていたLUMENAのコードレス扇風機 PRIMEを使ってみることにしました。リビング、子供部屋、寝室、浴室・・・どの部屋にも持ち運びができるコードレス&コンパクトなこちら、予想どおりに色々なシーンで使えて大満足だったのですが、それにプラスして感動したのが風の柔らかさでした。デスク脇など、からだの至近距離で使っても冷えすぎず、ちょうどいい涼しさを保ってくれるのです。

コンパクトだから、今まで置けなかったような場所で使える

本当に小ぶりなこちらの扇風機、手持ちの約10年使用している扇風機との比較カットがこちらです。左のように、高さを最大まで伸ばしても(約49㎝)、まったく邪魔にならずすっきりとした佇まいです。あまりに小さいのでちゃんと風がでるのか心配しましたが、風量は1−4までの4段階調整が可能。風量4は髪がなびくほどで、大きい扇風機同様のパワーでした。

我が家での定位置は、私の在宅勤務用のデスク脇の棚の上です。棚板のサイズは約20cm×28cmと狭いのですが、画像の通りちゃんと収まります。重さは約950gなので耐荷重の心配なく置くことができます。こんな場所に扇風機を置くなんて今までは考えもしなかったのですが、デスクで座って仕事をしている際に風がちょうどよく当たる高さで、とても快適に仕事ができるのです。

コードレスだから、どこにでも持ち運べる

仕事中はデスク横でコンセントにつないで充電しながら使っているのですが、家族はそれぞれ必要なタイミングで好きな場所に運んで使っているようです。気軽に運べるのがこちらの扇風機の本当にいいいところ。コードレスって便利だなあとしみじみ実感しています。

たとえば、暑がりの息子はオンライン授業を受けるときは必ず学習机の上に置いています。PCのそばに置いても、音が静かなので授業の邪魔になりません。

また、娘のお気に入りの使い方は、お風呂上りのドライヤー時。湿気のこもった洗面所で長い髪を乾かすのは暑くてつらかったそうなのですが、こちらの扇風機が来てからはドライヤーも苦にならなくなったようです。

こちらは一回り小さいSTAND 2。高さ調節・首振り機能はありません。

暑いといえば、調理中のキッチンやアイロンをかけるときも同様。私もキッチンの床やアイロン脇に運んで使っています。使用後は必ず定位置に戻して充電していますが、風量1段階の場合約30時間、4段階の場合でも約4時間の連続使用ができる点も魅力です。

7枚羽の柔らかい風で、からだに優しい

冒頭でもお伝えしましたが、嬉しい驚きだったのが風の柔らかさです。コンパクトなおかげで体から近い距離に置けるのはいいのですが、ずっとつけていると風の直撃をうけて冷えてしまうかなという点が不安でした。でも、実際使ってみると、風が吹きつけるから涼しくなるというよりも、周りの空気を攪拌して涼しくしてくれるという感じでとても心地いいのです。これは7枚羽を採用しているから。一般的なものは4〜5枚が多いですが、羽の数が多い分、空気を細かく送りだすことができ、肌当たりがやわらかになるんですね。

風が柔らかいことによるもう一つの利点は、机の上の紙類が飛ばないことです。私は風量2段階で使うことが多いのですが、机の上のものが飛んで行ってしまう心配が全くないので、安心して至近距離に置いて使うことができるのです。大型の扇風機をつけている時ははがきやプリントがばさばさと動くことにストレスを感じていたので、解消されて気分がすっきりしました。

首振り機能・高さ調節は不要という方は、一回り小さいSTAND 2というモデルもあります。床置きはせず卓上で使うことが多い方にはこちらもおすすめです。

このコラムを書いた人

加藤 紀子

スタイルストア バイヤー

加藤 紀子

ショッピングユニットでアシスタントバイヤーをしています。衣食住にまつわるすべてのことに興味があります。暮らしを楽しみたいという気持ちを大切にしたいと思っています。

特集 / キャンペーン