スタイルストア公式アプリ 全商品5%OFFキャンペーン

バイヤーからのお便り

在庫限りで販売終了!とろみリネンのカーディガン

2022年07月09日更新


こんにちは、バイヤー楠です。当店別注のリネンのカーディガンは、すでに販売開始から6年目を迎えるアイテムなので、お馴染みの方も多いと思います。コットンの4倍ともいわれる吸水力と速乾性を持つリネンジャージー素材なので、肌は常にさらさら。私を含むカーディガン愛用者が欲しいと思う、理想の羽織りを形にした一品は、6年経っても唯一無二。猛暑と言われる今年の夏は、いつも以上に着る機会が増えそうです。再入荷の予定がないので、今年は在庫限りで販売終了となります。気になる方はお早めに!

日焼けした肌にも優しい柔らかいリネン素材


日よけアイテムでもあるカーディガンは、これからの時期にこそ活躍するアイテム。特に湿度の高いこの時期は、リネン素材の肌離れの良さを実感します。

「シンプルで生地の艶も上品で年齢なりのカジュアルな装いになります。くるくると小さくもまとめてもシワになりそうもない感じなので夏の外出時の冷房対策にカバンに入れても良さそうです。カーディガンが似合わないと思って今まで敬遠してましたが使い手の皆さんの声を読んで購入しました。購入して良かったです」(東京都60代以上女性)


つかい手の声にもあるように、ほんのりと艶があるリネン生地で、肌触りがいいのが特徴のこちら。美しいドレープも、この生地のツヤと質感だからこそ生まれるものです。

年齢を重ねるにつれ、カジュアルすぎる服は生活感が出すぎる気がして、躊躇する事も増えました。でも、このカーディガンは、光沢ととろみが、品よく見せてくれるのがいいなと思います。

このカーディガンを企画していた時に、「日焼けした肌に触れても刺激がないほどの柔らかい素材がいい」と思い生地探しをしたのですが、なかなかこれだと思うものが見つからず。少しグレードが高いけど、これはどうかなと言われて見せてもらったのが、このカーディガンに使用しているジャージー素材だったんです。結果、この柔らかな素材が肌触りの良さだけではなく、大人の女性が躊躇なく着られる品の良さを生み出してくれています。

気になるところを上手にカバーする形


一度良さを実感していただくと、その着心地の良さから、複数買いしたくなるのもこのカーディガンの特徴です。私もその中の1人なので、自宅には色違いが並んでいます。

様々な色や形の羽織りを持っていた方が、コーディネートの幅が広がると思い、色々と手にしてみるのですが、私の気になるポイントをクリアするものに出会えないままでいます。

その気になるポイントというのが、肩から二の腕にかけてのシルエットです。
素材だけではなく、着丈や色などデザイン面でもバリエーションが多く見えるカーディガンですが、実はその多くは、肩から二の腕にかけてフィットするもの。そうでないものを探そうとすると、本当に見つからないんです。

肌にフィットしない程度にゆとりがあり、肘の下までをカバーしてくれる袖丈のこのカーディガンを着ると、どこかすっきりとして見えるのがいいなと思います。

どちらの型がいいのか迷ったら


前ボタンのタイプとショールカラータイプのどちらの型がいいのか迷う方もいらっしゃるかもしれません。そこで、これまでのつかい手の声を読んでまとめると、7号サイズの細身の方や身長が低めの方はショールカラーのデザインがおすすめです。ボタン付きのデザイン方だと、サイズが大きすぎて格好よく着られないというお声が目立ったのです。


9号から15号くらいまでの方は、サイズが大きすぎるという問題が無いので、シーンによって、選んでいただければと思います。


バイヤーの加藤に両方のデザインを着てもらいました。普段は9号サイズの服を着ている彼女に、着心地や自分だったらどちらの型を選ぶかを聞いてみたんです。

「このカットソー地が思ったよりも柔らかくて、気持ちいいですね!」と、まずは肌触りの良さについてコメントが。商品ページで見てはいたものの、実際に袖を通すと、その着心地の良さが想像を上回ったのだといいます。

型に関しては、
「私が選ぶなら、ボタン付きの方かな。前をボタンで留められる方がきちんとした感じがするし、少しきれい目な格好をしないといけないシーンでも着られそうなので。」との事。学校行事やカジュアルな仕事着として着るならば、前ボタン付きの方がよさそうですね。


肩や腕の露出を防ぐ為だけではなく、汗を放湿して肌をサラサラに保ってくれる。そして、ゆったりとしたシルエットなのに、だらしなく見えない、というのがこのカーディガンのすごいところ。湿度の高い梅雨の時期や、肌がチリチリと焼けるような真夏を快適にしてくれる、優秀な一着です。

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン