全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

これは永久定番、A4書類が入ってファスナーで閉まるレザーのバッグ

2022年03月04日更新

こんにちは、アシスタントバイヤーの加藤です。普段はナイロンやキャンバス素材のバッグを使っていても、大人になるとレザーのバッグがふさわしい場面が度々あるもの。特に、今の時期はお仕事なら新年度前、お子様の卒入園・卒入学などのご家族のイベントなど、改まったシーンが続くという方も多いのではないでしょうか。

ここ数年、私自身もそのようなイベントが続き、いくつかのバッグを試した中で、頼りになるバッグの条件がわかってきました。

1、上質だけれど、かっちりしすぎないレザー素材

2、A4サイズの書類とスリッパなどの持ち物が無理なく収まる

3、ファスナー付きで、上がきちんと閉まる

上記の条件がマストだと思っているのですが、すべてを満たすバッグが「Neutral Gray(ニュートラルグレイ)」のバッグ、ハスキーです。

柔らかく軽いホースレザーだから、上質なのにかっちりしすぎない

ハスキーは、ごく薄く漉いた馬革が使われており、やわらかく非常に軽量(Mは約390g、Lで480g)です。エルメスの人気モデルに由来して「ブガッティ型」と呼ばれるクラシカルで端正なフォルムも、この素材のおかげでどこか軽やか。

こちらはMサイズ

ここ何年か子供の卒入学式に出席して、最近のオケージョンは、昔ほどかっちりしすぎない服装の方が増えてきたと感じます。ジャケットとタイトスカートにコサージュ、といったかっちりしたファッションに代わって、とろみのある素材のセットアップやブラウス、シンプルなワンピースを着ている方が多くなりました。そんな柔らかい印象のファッションには、こちらのホースレザー素材はぴったりです。

Lサイズのシルバーホワイト

また、オケージョンの時にしか使えないバッグだと新調するのはもったいないですが、こちらのバッグなら、式典以外にも、普段のコーディネートにもお使いいただけます。ブラックの他にも、シルバーホワイトやシェルピンクなど、明るい色味も揃っているので、普段のことも考えてカラーを選ぶのもおすすめです。

A4サイズプラスアルファが収納できるから、使いやすい

ペーパーレス化が進んでいるとはいっても、学校の行事や説明会などでは、まだまだ書類を持参する必要があったり、会場でプリントをもらうことが多いです。仕事でも書類を持ち運ばなければならない機会は多々あります。

MサイズにA4冊子、ポーチ、財布を入れたところ

ハスキーはM、Lの2サイズありますが、一見コンパクトに見えるのにMサイズでもA4の冊子や書類が入ります。以前は、入学式の際にハンドバッグと、スリッパと書類が入るサブバッグの2個持ちをしていたのですが、脱いだコートなども一緒に持ち運ぶとどうにももたつくのが悩みでした。

ハスキーなら、プリントやスリッパなども入るので、バッグが一つになりストレスが見事に解消。ちなみに、Mサイズは薄めの冊子や書類の持ち運びにぴったりです。バインダーなど厚みのあるファイルを持ち歩く際はLサイズがおすすめです。

Mサイズ

また、厚手のコートを着ていなければ肩がけができるのもハスキーの魅力です。上部分の厚みが少ないので、肩に掛けたときの収まりが良く、無理なく掛けることができます。

ファスナーできっちり閉まるから、荷物がはみ出ず安心

収納力のあるレザーバッグは、トートバッグなど意外に上が開いている仕様のものが多いですが、ハスキーの良いところは、ファスナーできちんと閉められるところ。たくさんの人が集まる場所などでは、上が開きっぱなしだとバッグが倒れた時、中身がばさっと出そうになったり、また、他の人に覗かれるのが少し不安だったりするのですが、ハスキーなら安心です。

オケージョン以外でも、映画館や劇場、コンサートホールなど、座席と座席の間が狭い場所でも、この仕様に助けられています。また、底鋲が打ってあるため、式典会場などの椅子の下に直置きできるところも、嬉しい点です。

Lサイズのシェルピンク

書き出すときりがなくなってしまうくらい、たくさんの使いやすいポイントがあるハスキーバッグ。Neutral Grayのロングセラーアイテムなのも納得です。シーズン毎に出る新色も楽しみですが、今シーズンの新色は、淡く優しいシェルピンクです。桜の季節にもぴったりのカラーは、ダークな色味のバッグに飽きた方にもおすすめです。

このコラムを書いた人

加藤 紀子

スタイルストア バイヤー

加藤 紀子

ショッピングユニットでアシスタントバイヤーをしています。衣食住にまつわるすべてのことに興味があります。暮らしを楽しみたいという気持ちを大切にしたいと思っています。

特集 / キャンペーン