全商品ポイント10倍キャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

季節の変わり目の必須アイテムは、ちょっとした羽織もの

2021年09月17日更新

季節の変わり目は1日の中でも気温の変化が大きく、寒暖差対策のためにちょっとした羽織りものを持ち歩く方も多いのではないでしょうか。一口に羽織と言っても、パーカー、カーディガン、シャツなど、その種類はさまざま。どうせなら、自分のファッションやスタイルに合ったお気に入りの一枚を探したいですよね。今回は、それぞれのブランドが自信を持っておすすめする、タイプの異なる羽織ものをご紹介します。

季節の変わり目におすすめの羽織もの5選

IITO/ベア裏毛ダブルジップパーカー

別格の着心地にうっとりするジップパーカー

パーカーと言えば、カジュアルな羽織の代表格。中でもIITO(イイト)のパーカーは、一度袖を通せば思わずうっとりしてしまう柔らかで暖かな着心地です。

柔らかさの秘けつは、綿糸の繊維に空気を含んだミッドエアー糸。肌に触れる内側にこの糸を使うことで、保温性・吸湿性・軽さという着心地の良さを実現しています。

上の写真のようにIITOは内側の生地がフラットになるように仕立てているから、半袖の上に羽織った時もごろつきが無く気持ちの良い肌当たりです。

ダブルジップなのでフレアスカートやワイドパンツの際に腰回りのフィット感を調整できるのも嬉しいところ。上側のジップは首元までしっかり上がるので、防寒対策もばっちりです。

Brocante/グランシャツワンピース

一年通して着まわせる、上着にもなるワンピース

クローゼットの中身は最小限に抑えたい、という方におすすめなのがこちら。ワンピースとしてはもちろん、春夏はノースリーブや半袖の上に軽く羽織れる上着の役割を果たしてくれます。

部屋着にしてもリラックス出来るほど楽な着心地も魅力のひとつ。家でも外でも、ワンピースでもコートでも、と言う風に幅広く活躍する一着です。

ゆとりのあるドルマンスリーブなので、大きめシルエットのトップスの上に羽織っても腕周りがもたつきません。

ゆったりとした服は一見身体がごつく見えそうなもの。ですがこちらは麻×レーヨンの落ち感がある素材を使っているから、意外にもボディラインをすっきりと見せてくれるのも、選びたくなるポイントです。

DRESS HERSELF/シルクロングカーディガン

上質な肌触りを全身に纏うシルクカーディガン

まだまだ暑さを感じる季節、触れる面積が広い羽織は一番に肌触りを重視したい。そんな方にはやはりシルクをおすすめします。こちらはシルク100%という品質の高さを、驚きの価格で実現したロングカーディガンです。

ややしっとり感のある生地は着るとほんのりあたたかで、シルク特有の上質さを感じます。

薄手ながら保温性に優れたシルクカーディガンは、秋口の肌寒い夜にも安心できる着心地です。袖口のリブが長めでキュッとしまったシルエットも、冷気の侵入を防いでくれます。

サイドには足さばきを良くするためのスリット入り。長い丈の羽織は太もも部分のもたつきが気になる、という方でも、動きづらさを感じにくい仕様です。

nicholson&nicholson/テーラードジャケット

のびのび動けて手洗い出来る快適ジャケット

打ち合わせや出張等、きちんと感を求められる場面は意外と多いもの。だけどかっちりジャケットは動きにくく、移動だけでもクタクタになってしまいますよね。

こちらのテーラードジャケットも見た目はかっちりしていますが、使っているのは裏毛素材。スウェットなどに使われる同素材は、なんといっても着心地の楽さが魅力です。

伸縮性のある生地はジャケット特有の肩回りの窮屈さを感じにくく、車の運転だってお手のもの。着心地だけでなく、手洗い出来るというお手入れの楽さも良いところです。

それでいてかっちり美しいフォルムは、パターンを微調整して何度も引き直し完成させたもの。見る人に、上品でしっかりとした印象を与えてくれます。

C.P.KOO/khadi cottonロングカーディガン

羽織るだけでサマになるロングカーディガン

合わせやすいだけでなく、何に合わせてもかっこいい!そんな羽織が、こちらです。

ストールが一体になったような縦長ビッグシルエットのロングカーディガンは、バサッと羽織るだけでどこかこなれた雰囲気に。120㎝の長すぎない着丈は、どんなボトムを合わせてもスッキリまとまるから不思議です。

素材は、インドで手紡ぎ・手織りで作られるカディコットン。とにかく通気性が良いから、まだ暑さが残る季節にも冷房・UV対策で活躍すること間違いありません。

年齢が表れやすい首周りのお肉のたるみをカバーするために二重立てでふんわりと仕上げた襟元も、うなじの日焼け対策にぴったりですよ。

季節の変わり目を上手に乗り切る、ちょうど良い羽織もの

季節の変わり目は意識しないと体温調整が上手く出来ず、どうしても体調を崩しやすくなります。ベストな羽織は個人のライフスタイルや好みのファッションにより変わるからこそ、今回は様々なタイプのアイテムをご紹介しました。お気に入りの一枚を見つけて、不安定な季節も上手に乗り越えましょう。

文・構成/神谷かおり

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン