全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

背中に熱がこもらない!リバーシブルのひんやり麻敷きパット

2021年08月14日更新


雨の影響で、湿気が多い日が続いていますね。エアコンなしで寝る日も増えたのですが、「これを敷いて寝ると全然背中に熱がこもらないな」と実感しているのが、Shigaasaの「リネンクールウォーム敷パッド」です。

表生地と中綿が麻100%のこちら。パジャマを着ていてもわかるほどひんやり感があり、麻の調湿力が高いため、湿度や気温が高い日も背中に熱がこもりません。また、裏側は綿パイル生地なので秋冬はその面を表にすればあたたかく、1年中出しっぱなしで使えるのも嬉しいところ。天然素材でありながら、1枚でひんやり感とあたたかさの両方を満たしてくれる、貴重な敷きパットです。

いつもひんやり、背中に熱がこもらない理由


敷きパットの素材は、天然素材、化学繊維、さまざまな種類のものが世の中にはあります。当店でお取り扱いしているのは主に天然素材のものですが、その中で一番「ひんやり感」があるのがこちらの敷きパットです。

「天然繊維でひんやり感ってあるものなのかな」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に寝ころんでみると、パジャマを着ていても本当にひんやり感があります。

その理由は、リネン素材を使っているから。リネンの特性上、素肌で触れた時に冷たく感じる「接触冷感」があるのでいつでも涼しく感じるんですね。


また、夏場でエアコンをつけていない時、どうしても寝ている間に背中(特に肩甲骨の間の部分)に熱や湿気がこもり、暑くて寝苦しくなったりしがちですが、こちらを敷いていると、そういったストレスがないなと感じています。

その理由は、表面の生地だけではなく、中綿まで麻のみで作られているから。そもそも麻は他の天然素材と比べても吸水発散性が良く、吸水速度はコットンの約4倍、発散速度は約2倍といわれています。さらに中綿も麻のみということで、眠っている間の汗をたくさん吸って、素早く発散し、気化熱で涼しくしてくれるのです。


夏用の敷パッドの多くは、表面がリネンでも中綿にはポリエステルを使って安価に仕上げているものもありますが、一度中綿まで麻の敷きパットを体感すると、やっぱり全然使用感が違うなと思います。

この敷きパットの力を一番実感したのは、エアコンをつけずに眠った時。エアコンをつけていれば、どんな素材のものを使ってもそんなに体の熱はこもらず差を感じにくいかもしれませんが、エアコンをつけていない時は、特に寝具の差が快眠を大きく左右します。

ちょっとは涼しくなってきてエアコンをつけるまではいかないけれど、まだちょっと暑くなったり湿気が気になる。この敷きパットはそんな今の時期のようなタイミングで使うのがおすすめです。

裏側はパイル生地だから、秋冬も活躍する


もうひとつこの敷きパットの魅力は、裏側が綿のパイル生地で、リバーシブルで使えるところです。


パイル生地部分はふっくらやわらかく、秋冬の季節は空気を含んでほんのりあたたかくなるので、秋や春などの端境期にはこちらの面が活躍してくれます。年中使える敷きパットはたくさんありますが、1枚でひんやりとあったかを兼ね備えてくれて、しかも中綿が麻のものとなるとなかなか珍しいもの。いつも出したままでOK&収納場所がいらないのも嬉しいところです。

ちなみに、真冬はキャメルの敷きパットが最強にあたたかいのでそちらを使うのをおすすめしますが、それ以外の季節はこの1枚で十分まかなえると思います。

また、余談ですが、もしかしたら別商品のパシーマキルトケットと迷われる方がいらっしゃるかもしれません。

その場合、どちらも吸水性や放湿性は高いので、ひんやり感と丈夫さを求めるならShigaasa、ふっくらやわらかな肌触りを求めるならパシーマを選んでいただくと良いと思います。


気温のアップダウンがあるこれからの時期に重宝する一品です。みなさまの睡眠環境が整って、なるべく健やかに過ごせますように。

リバーシブル敷きパットは、シングルサイズのみの展開です。セミダブルやダブルをご希望の場合、リバーシブルではないのですが、表・裏・中綿全て麻の敷きパットをご用意しています。ひんやり感や熱のこもらなさを求めていて、シングル以外の2サイズをお求めの場合、ぜひこちらもご覧ください。

つかい手のみなさまからも、「ひんやりとした感触が朝まで続くのには驚きました。価格は張りましたが、快適な睡眠には替えられません」、「ひんやり、サラリとした肌触りで、熱帯夜に大活躍してくれました。大汗かきの夫も絶賛。今年の夏の大ヒットでした」という声をいただいています。

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン