全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

結局これを着てしまう、動きやすくて着やせするブラウス

2021年09月13日更新


秋口や春から夏などの季節の変わり目の時期は、「何を着たら良いんだろう?」と迷いがちなタイミングですよね。そんな時、結局つい着てしまうのが、Kilka(キルカ)の「洗えるスリーブコンシャスブラウス」です。

身頃も袖もさらっとした生地なので蒸れ知らず、かつ少し肌寒い日に着るのにもちょうど良いくらいの厚み。袖が立体的なので腕に張り付かず、とても動きやすい。女性の体のラインをカバーするデザインで着やせして見える。と、袖を通すたびに、「これ作ってよかったな」と心から実感している一着をご紹介いたします。

蒸れにくく、薄すぎないから、活躍期間が長い


涼しくなったと思ったら急に暑くなったり、特に最近の日本の気候はなかなか読めないですよね。これから台風シーズンに入るので、湿度も気になるところです。

そんな中でも快適に過ごすには、
・少し汗ばんだり雨で湿気があっても、蒸れにくい
・涼しい日に肌寒くない
という2点が重要だなと思います。


こちらのスリーブコンシャスブラウスの場合、身頃に使っているのが、さらっとした質感のポリエステル100%素材。肌にまとわりつくことがないので、湿度が高い日も快適です。

そして生地が薄すぎないので、日中はあたたかいけれど夜になると涼しいという時でもちょうど良く、まさに3シーズンに渡って活躍します。


また、袖にボリュームがあるデザインなので、腕まわりに余裕がある分、寒くなってきたらインナーを着て調節しやすいところもポイントです。

腕まわりがノーストレスで、動きやすい


つい手にとってこればかり着てしまうのには、もう一つ大きな理由があります。それは、腕を動かした時にひっかかりが全然ないところ。以前コラムにて「リアルにキャッチボールもできるくらい腕を動かしやすい」とご紹介したことがあったのですが、二の腕まわりの可動を妨げないデザインなので、例えばバッグを肩に掛けたりするシーンでもちょっと突っ張ったり……なんてことがありません。


見た目はすっきりきれいめに見えつつ、着てみると窮屈さが一切なくて動きやすい。着心地が良いからこそ、つい自然と手にとってしまうんですね。

体型の気になる部分をカバーしてくれるから、着やせして見える


もうひとつこのブラウスの良いところは、着やせして見えるところです。まず腕まわりが立体的で、かつ体にまとわりつかないハリのある生地を使っているので、肉感を拾いません。


また、袖が始まる位置が肩から少し下だったり、肩より少し前に切り替えがあることで、骨格にあわせてストンと生地が落ちて肩まわりもすっきり。骨格を問わず、例えばいかり肩の方や骨格がしっかりとした方が着た時も、華奢で美しく見えます。


ちなみに、袖口に近い位置に切り替えとタックが入っているので、手首がほっそり見えますよ。


あと、身頃はストレッチが効いている素材なので、靴を履く時や屈んだ時に突っ張り感がありません。また、ネットに入れればご自宅の洗濯機の手洗いコースで洗えて、シワになりにくいのでノーアイロンで着られるところもポイント。

つかい手の方からも、
「程よいゆとりでシルエットがとてもきれいです。オフィスにもプライベートにも使えそうで、ちょっとアクセサリーを足すだけで、きちんとした雰囲気が出ます。私には6~7分袖でちょうど今の時期(9月)に向いているので、週末お食事に行く時に早速着てみようかなと思っています」というお声をいただいています。

結局ついこれを着てしまう、着心地の良いブラウスです。このたび完売していたネイビーが再入荷しましたので、ぜひこの機会にご覧ください。

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン