バイヤーからのお便り

長時間歩いても疲れなし!長く大切に履き続けたいショートブーツ

2021年09月19日更新


「長時間履いても疲れにくい」をテーマに、スタイルストアと東京・台東区のKUTSUNE(クツネ)が開発している靴シリーズ。このたび、サイドゴアブーツに新色が仲間入りしました。

KUTSUNEは、数々のブランド靴の生産を手掛けている東京靴研のオリジナルブランドです。婦人靴の専門メーカーならではの知見と技術を注いでもらったこちらのブーツは、足をきれいに見せてくれるデザインはもちろん、長時間履いても疲れないという名品です。

きれいが長持ちする新色


これまでは、ブラックのみの販売でしたが、今回新たに加わるのは、女性らしいブラウンです。


実はこちらのブーツ、色によって、使用する革を変えています。ブラックは「毎日履いてもストレスのない靴」にする為に、と作ったブランドオリジナルの牛革を使っています。


ブーツとして美しい形をキープしつつ、足の負担を少なくするための柔らかさも持っているのが、ブラックの特徴です。


新色のブラウンは、まずは発色の良さを重視し、たくさんの革の中から選んだもの。ブラックよりもほんのり光沢があり、よりきれいめのイメージです。


革を顔料で染めているので傷がつきにくく、買った時と同じ状態で長く履けるのが特徴です。

歩きやすさの秘密


カジュアルになりがちなサイドゴア仕様なのに、ぱっと見は、細身でスタイリッシュな佇まいのこちらのブーツ。きれいめなのに、履き心地の良さも兼ね備えています。


実は、履き心地のいい靴を作るにあたっては、ソールがかなり重要なんだそう。こちらのブーツには、イタリアのビブラム社の製造しているソールを使っています。

元々、登山用のソールとして開発されたというだけあって、ビブラム社のソールはグリップ力が違うのだそう。しっかりと地面をつかむので滑りにくく、しかも軽い。なので、ビブラム社のソールを使用した靴は歩きやすさが増すんだそうです。


この機会に、少しビブラム社について勉強したのですが、ソールだけを専門にしたメーカーなので、品質にも徹底してこだわっている様子。耐久性にも優れた素材で、歩きやすい型を追求しているのだそう。様々な靴メーカーが、アッパー部分は自社で作るのに、ソールだけはビブラム社のものを使っているというエピソードからも、品質の良さがうかがえます。


当店に届いたつかい手の声でも、

「とにかく疲れにくい。ヒールが少しあるので、こぎれいに見える。軽い。旅行や街遊びで歩く必要があるときは、いつも履いて行っています。」(40代女性)

「とても履きやすいです!旅行などで長時間歩き回っても疲れませんでした。少しヒールがあるのも、キチンとした場にも履いて行けてとてもよいと思います。」(40代女性)

と、カジュアル過ぎない見た目と、履きやすさに評価が集まっているのがわかります。


形が美しく、高品質、歩きやすい、と3拍子揃ったショートブーツは、パンツ派もスカート派も唸らせる一品です。

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン