スタイルストア公式アプリ 全商品5%OFFキャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

片付けが苦手でも部屋がすっきり整う。「ざっくり収納」のススメ

2022年02月15日更新

おおらかな方がやると失敗するのが、細かく仕分ける収納法です。最初は美しく整理されていますが、次第に「仕分けが面倒だから一旦ここに」「場所が違うけど、まぁいいか」「あれはどこ?(ガサゴソ探す)」が重なり、すぐに散らかってしまいます。仕分けは大雑把に行い、収める場所だけを決める「ざっくり収納」が、おおらか向けの収納法。時間が経っても乱雑にならない「ざっくり収納」に適したアイテムをご紹介します。

「ざっくり収納」に役立つ収納アイテム5選

MOHEIM/LINDEN BOX L

自分好みに使える、自由度が高い木製ボックス

ざっくり収納のルールは、物の定位置を大雑把に決めること。サイズとカラーが豊富なMOHEIMの「LINDEN BOX」は自分好みに仕分けができ、ざっくり収納に最適です。中身に合わせてサイズが選べる上に目隠しができる蓋もあり、カスタマイズは思いのまま。ボックスは積み重ねができ、構成も自由自在です。

普段使わないものは下に、身嗜みに関するものは水色で、など収納のマイルールを決めてみては。書類や雑貨など、「あなたの場所はここ」と決めておけば、迷子にはなりません。異なるカラーを組み合わせてもまとまりが良いのは、発色が繊細だから。柔らかなカラーは趣があり、ザックリ収納を心地よく実現します。

TOTONOE/Stock Box レギュラー

積み重ねてもピッタリ揃う、ダンボールボックス

安くて丈夫で収納力も高いダンボールボックスは、ファイルや書籍などの収納に最適です。見た目がイマイチになりがちなアイテムですが、「並べてもきれい」がコンセプトの「Stock Box」なら話は別。蓋が本体と一体化しているため、並べたときに縦にも横にも隙間ができず、気持ち良いほどピッタリ揃います。

気軽に使えるボックスですが、適当に放り込むとすぐに居場所を見失います。そうならないよう活用したいのが、側面のメモ欄。面によりグレーと赤で色が異なり、好みや用途で使い分けができる仕組みです。組み立て式なので、不要なときはコンパクトにしまうことも。すっきりと片付くので、物が多いご家庭におすすめです。

COTAN/ラタンオーバルコンテナ M

「ちょい置き」に使いたい、オーバル型のカゴ

ひざかけや読みかけの雑誌などの「ちょい置き」は、部屋が乱れる原因になります。ちょい置き癖が直らないなら、「魅せる」カゴで格好をつけましょう。ナチュラルな仕上がりのCOTANの「ラタンオーバルコンテナ」は、ビンテージ風の味わい深い雰囲気。穏やかなオーバル型は嫌味がなく、どんなインテリアにも馴染みます。

カゴは丈夫に編み上げられていて、重たいものを入れてもたわまず安心です。持ち手つきで運びやすく、雰囲気を損ねない持ち手のデザインも気が利いています。ソファやベッドの側で「ちょい置き場」にすれば、物が散らかることはありません。物を隠しつつ「魅せる」カゴは、無造作に使っても絵になるお助けアイテムです。

丹野製作所/ジュエリーケース「かさね」フリー

中身をひと目で見渡せる、アクセサリー用トレー

こまごまとしたアクセサリーを収納するときは、仕分けの基準がポイントです。「普段よく使うか・使わないか」を基準に仕分けをしましょう。よく使う一軍は、中身がひと目で見渡せる収納トレーがおすすめです。ぱっと見て把握できれば、バタバタするお出かけ前もクタクタの帰宅時も、出し入れがスムーズに行えます。

丹野製作所の「かさね」は、用途別のトレーをお重のように重ねて使えるジュエリーケースです。深さがあるフリータイプは、厚みのあるものに最適。腕時計やブローチなど、普段使いするものに使いやすいトレーです。特別な日のアクセサリーは、細かく仕切られた別のトレーへ。量に合わせて収納が調整できる賢いケースです。

ざっくり収納で、すっきり整った心地よい部屋に

最初は気合いを入れて「きっちり収納」を目指すものの、その状態は長続きせず、散らかった部屋に元通り……。ズボラな私は何度も失敗してきました。「まぁいいか」が口癖のおおらかな方は、無理なく続く「ざっくり収納」がおすすめです。時間が経っても大きく散らかることがなく、心地よい部屋が維持できますよ。

文・構成/江田紗華

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン