全商品ポイント10倍キャンペーン

みんなの愛用品

肩回りがとっても楽!伸びるキルティングのアウター

2021年10月26日更新

こんにちは、アシスタントバイヤーの加藤です。店頭に冬のアウターが出始め、ジャケットやコートが好きな私はわくわくしながら見ています。でも、デザインは気に入ったのに、実際に着ると着心地が悪かったり、重くて手放してしまった……という苦い経験を何度か経て、アウター選びには慎重を期するようになりました。

色々なアウターを試してきた今、私が重視するのは、「肩回りが自分の体に合っているか」、「重さを感じず、体が動かしやすいか」という2つのポイント。この基準をクリアしたアウターが、n.o.f.l(ノフル)のコットンキルトロングジャケットです。

体の動きを妨げない、ストレッチ性のある素材

いくら好みのデザインでも、自分の体の動きを妨げるようでは、結局手を伸ばさなくなってしまいます。私の場合、肩まわりがしっかりしているので、肩~腕が動かしやすいかが最大のポイント。

こちらのジャケットは、キルティングジャケットには珍しく、伸縮性があります。表地と、肌に触れる裏地がともに綿100%のジャージ素材なので、動きにあわせて伸縮してくれて、とても動きやすいんです。そのため、電車でつり革につかまったり、自転車に乗ったり、リュックを背負ったり下ろしたりといった普段の動きが、別のコートを着ている時と比べて格段に楽になるのに驚きました。

ストレッチ性があるアウターは意外とないもの。キルティング素材となるとなおさらです。トラッドな雰囲気のあるキルティングジャケットはもともと好きなアイテムだったのですが、肩幅の広い私が着るとがっしりした体型が際立つのでいつしか着なくなっていました。でも、こちらは体に自然に沿ってくれるんです。

動きやすいとうたわれているアウターは、ドロップショルダーのものが多いのですが、こちらはジャストショルダーなので、気になる肩回りがすっきる見えるのもお気に入りのポイントです。袖回りも一見細目に見えますが、ストレッチが効いているので窮屈さは感じません。

軽いから、着た時だけでなく持ち運びも楽

たとえば、一般的なトレンチコートの重さが約1kgあるのに対して、こちらは重さ約500gと、アウターとしては軽量です。着ていて疲れにくいのはもちろんのこと、一時的に脱いで持ち運ぶ時にもコンパクトになるので、「これを着ていてよかった」と思うことが多々あります。

外は寒くても、デパートなどの中を歩いている時や電車移動中はエアコンが効いているので、アウターを脱ぐ機会がけっこうあるもの。その際に重さを感じないのはとても助かります。しわも気にならないので、くるくると丸めてサブバッグなどに入れれば邪魔になりません。これから旅行の機会も増えてくれば、飛行機や新幹線の機内で脱ぐ際も、気を遣わずに棚や座席下に置くことができますね。車の移動が多い方も、車内ではコンパクトに置けますし、運転中に着用される場合も、ストレッチ性のおかげで運転しやすいと思います。

ちなみに、表・裏ともにコットンで、ポリエステルの中綿ですので、ダウンコートほどの保温性はありません。真冬に一日中屋外にいるというシーンではおすすめできませんが、逆に、通勤時間が長くてダウンでは電車内で汗をかいてしまう、という方にはおすすめです。重ね着をしたり、巻き物で調整すると快適に着ることができると思います。

きれいな生地感でシーンを問わず着られる

もう一つ、特筆すべき点は独特の質感です。マットな素材感ですが、キルティングを施しているのでのっぺりせず、表情があります。いわゆる化繊のつるりとした中綿アウターはカジュアルに見えてしまいますが、こちらはお仕事着にも合わせやすい、上品な雰囲気です。

ノーカラーなので、ほんのり女性らしさもただよいます。160cmの私が着ると、ひざ丈になるほどよい長さで、ワンピースやスカートと合わせても違和感のないデザインです。

体に合わない服を着ていると、知らず知らずのうちにコリや疲れにつながるものです。アウターを着ていてもこんなに楽なんだ、と感激したこちらのジャケットの、軽さと伸縮性を是非お試しいただきたいと思います。こちらのロング丈のほかに、ショート丈もありますので、お好みに合わせて選んでくださいね。

このコラムを書いた人

加藤 紀子

スタイルストア バイヤー

加藤 紀子

ショッピングユニットでアシスタントバイヤーをしています。衣食住にまつわるすべてのことに興味があります。暮らしを楽しみたいという気持ちを大切にしたいと思っています。

特集 / キャンペーン