テーマ別おすすめアイテム

冬の暖房費が節約できる。節電対策もばっちりなあったか家電

2021年11月17日更新

冬の寒さ対策に暖房器具は欠かせませんが、気になるのが電気代です。昨年はお家で過ごす時間も増え、電気代にギョッとした方も多いのでは?気温差が大きい冬は毎日の暖房費がかさみがち。とはいえ、寒さを我慢したくはないですよね。今年の冬は、あたたかくて節電対策もばっちりな暖房器具で、上手に暖房費を抑えませんか?現在メインで使用中の暖房器具と併用すると効果的な、賢いアイテムをご紹介します。

暖房費が節約できる、冬のあったか家電

ウィンドーラジエーター 伸縮 120~190cm

窓からの冷気の侵入を防ぐ、窓下専用ヒーター

窓は断熱性が低いため、暖房で温めた熱を逃し、冷気を侵入させてしまいます。暖房効率を上げるには、窓の冷気対策がポイントです。「ウィンドーラジエーター」は、窓からの冷気を遮断する窓下専用のヒーター。足元の冷え対策ができるとともに、メインの暖房器具の設定温度が下げられ、電気代の節約に役立ちます。

1日8時間使用しても約25円と、電気代はごくわずか。設置に工事は不要で、窓枠に合わせて伸縮させるだけ。短くすればオフシーズン時の収納にも困りません。窓周りを温めれば室温と屋外と温度差が和らぐため、結露を抑制する効果も期待できます。結露によるカビやシミ、アレルギーが気になる方にもおすすめな補助暖房です。

ゼンケン/腰すっぽりヒーター

冷えやすい腰まわりを包みこんで温めるヒーター

在宅ワークで気になる、下半身の冷え。暖房を強くする前に行いたいのが、腰まわりの集中保温です。ゼンケンの「腰すっぽりヒーター」は、腰まわりをすっぽり包んで温める暖房器具。腰や太ももには主要な血管や大きな筋肉があるため、腰まわりを温めると血流が良くなり、全身を効率よく温めることができます。

強で約18Wh(0.49円/時間)、弱で約4Wh(0.11円/時間)と省エネ設計で、長時間使用しても電気代の負担になりません。一日中自宅で作業する方に助かる仕様です。デスクチェアだけでなく、ソファやカーペット上などでも使用が可能。簡単に持ち運びができて好きな場所で使えるので、リラックスタイムにも活躍します。

ゼンケン/電気ひざ掛け グレー

天然素材でやさしく温める電気ひざ掛け

電気ひざ掛けは、ブランケット感覚で気軽に使える暖房器具です。膝や肩にかけたり、腰に巻いたり、お尻の下に敷いたりと、柔らかいひざ掛けならではの様々な使い方ができます。消費電力は50Wで、一時間あたり1.3円。省エネ、電源をつければすぐに温まる、持ち運べる、という利便性から、近年定着してきたアイテムです。

化学繊維の電気ひざ掛けが多い中、ゼンケンの「電気ひざ掛け」は綿100%でできています。肌触りがよい、通気性がよい、毛玉ができにくい、静電気が発生しにくい、など天然繊維ならではの良さを備えた一枚です。足先まですっぽり覆う大きめサイズで、保温力も抜群。やさしい使い心地が嬉しい暖房器具です。

マイヒート セラフィ MHS-700

自然な暖かさが心地良い、遠赤外線ヒーター

暖房による空気の乾燥や嫌な臭いが気になる方には、遠赤外線ヒーターがおすすめです。「マイヒートセラフィ」は、遠赤外線により体を芯から温め、陽だまりのような自然な暖かさが得られる暖房器具。体を直接温められるため、ダイニングテーブルやワークデスクなど、同じ場所でじっと過ごす時に重宝します。

5.5kgと片手で運べる重さで、回転できるキャスター付き。キッチンや脱衣所など、暖房器具がない場所にも移動でき、快適な環境が作れます。厚みは約5cmと薄型で、狭い空間でも圧迫感がありません。搭載された省電力モードで運転すれば、1時間当たりの電気代は14.2円。メインの暖房と併用しても経済的に使うことができます。

ゼンケン/スポットウォーム

デスク下で邪魔にならない、足元用ヒーター

ツラい足元の冷えには、ピンポイントに温めるミニヒーターが最適です。ゼンケンの「スポットウォーム」は、厚み3cmのスリムな遠赤外線ヒーター。場所をとらず、デスク下に置いても邪魔になりません。スチール製の机なら、裏面のマグネットですっきりと設置が可能。暖房器具を置きにくいオフィスでも、無理なく使えます。

遠赤外線ヒーターは、動作音がなく風が出ないのが良いところ。空気を汚さず心地よく使え、周囲に迷惑をかけません。約2kgと軽量で、持ち運びも楽々。スタンドつきなので設置に困らず、どこででも使用ができますよ。消費電力は150Wで1日8時間使用しても約32円。つけっぱなしで作業しても経済的な、省エネ仕様です。

節電効果の高い補助暖房で、寒い冬も快適に

暖房器具の併用は電気代がかかりそうな印象がしますが、目的や使用場所に合った補助暖房を選べば大丈夫。暖房効率が上げられ、節電につながります。在宅時間が長くなると暖房費が気になりますが、節約のために寒さを我慢すると健康を損なうことも。節電効果が高い暖房器具を上手に使い、寒い冬も快適に乗り越えましょう。

おうちの中であたたかく過ごす 特集ページはこちら>>

文・構成/

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン