テーマ別おすすめアイテム

暖かさも見た目も諦めない、すっきり見えする裏毛アイテム

2021年12月03日更新

ほっこり暖かい起毛素材のアイテムは、寒い季節の心強い味方ですよね。だけど起毛素材のものは、見た目のモコモコ感が気になる……そんな方におすすめしたいのは、裏側だけを起毛素材にした裏起毛。

今回は、とっても暖かいのに見た目にはすっきり見える工夫がされた裏起毛商品を集めました。暖かいというポイントは大前提に、見た目も妥協しないそれぞれのアイテムの魅力をお伝えします。

Brocante/D.M.G.リラクシングテーパードパンツ 裏起毛

美シルエットなのに楽ちんなテーパード

「裏起毛=厚みがあって細身のパンツには向かない」というのが一般的なイメージですよね。けれどこのパンツ、裏起毛だと言われても信じられないほど、シルエットが美しいと思いませんか?

理由は、すっきり見せつつ脚のラインを拾わないぎりぎりの太さにこだわって作られているから。起毛が表面に響かないのも、この絶妙な太さのおかげです。

股上は深めに作ってあるから、横から見た時に足が長く見えるのも嬉しいところ。

やわらかくて良く伸びるストレッチ素材を使っているので、立ち座り等の動作でもつっぱる感じがありません。さらにウエスト部分はゴムで、ストレスフリー。暖かさ、美しさ、快適さの三拍子そろった一着です。

DRESS HERSELF/ワイドパンツウォームシルク

女性らしいシルエットの贅沢スウェットパンツ

スウェットは、肉厚な綿で内側がパイルの裏毛素材が一般的なのですが、こちらのパンツはちょっと違います。表面に使っているのはレーヨン×綿のふんわり素材。そして肌に触れる裏側部分はシルク起毛100%という、超贅沢仕様のスウェットパンツなんです。

通常スウェット素材は洗濯を繰り返すことでごわついてきますが、こちらの生地は全く別物。やわらかで軽やかな肌触りの起毛が、ずっと続きます。

部屋着っぽくならないようにと配慮された、女性らしいワイドシルエットも魅力的です。やわらかな生地が生み出すドレープの落ち感で縦ラインが強調され、すっきり見せの効果もばっちり。やや長めの丈なので、スタイルアップして見えるのも良いところです。

MB/バルキーニットコート

厚手なのに軽い、きちんと感のある起毛コート

こちらは高密度のコットン裏起毛素材で作ったロングコート。調湿性・保温性に優れた綿素材のアウターは、暖かい上に蒸れを発散してくれるから、気温差の激しい季節の変わり目にぴったりです。

コットン裏起毛素材の羽織りはパーカーなどのカジュアルなものがほとんどの中、こちらはクラシックなデザイン。キレイめな装いの日でも違和感なく羽織っていただけます。

肉厚でほっこりあたたか、しかもこのロング丈でありながら、トレンチコートなどの布帛アウターと比べて肌あたりがいいというのもイチオシポイント。

伸縮性があって動きも制限されません。鞄を肩に掛けたり腕を上げ下ろししても突っ張らず、ストレスフリーで過ごせます。

sirenemermaid/吊裏毛のパーカー

日本で数人しか作れない、極上の裏毛パーカー

こちらは「吊裏毛」という、手間暇かけた極上素材で作られた綿100%のパーカーです。裏毛生地は、糸にテンションをかけて高速の機械で織るのが一般的。けれど吊裏毛は、旧式の吊り編み機で糸に空気を含ませながらじっくりと編み上げられる製法で、洗濯を繰り返しても型崩れしにくいコシのある生地に仕上がります。

ふんわりとした裏起毛は、日本に数人しか製法を知らない特殊な起毛法で作られているのだそう。シルク起毛さながらのやわらかな肌触りは、綿100%ということを忘れてしまいそうなほどです。

腕をほっそり見せてくれる長めのリブや、ウエスト位置が上がって見える高めの配置のポケットが、上半身をすっきりと見せてくれます。細身なので、コートの中に仕込むのもおすすめです。

秋冬の衣類は暖かさを優先すると、どうしてもボリュームが出て野暮ったいシルエットになりがちです。けれどすっきり見せるよう工夫が凝らされた裏起毛アイテムなら、そんな心配も無用。寒い日でも暖かさと見た目のスマートさ、両方を欲張れますよ。

文・構成/神谷かおり

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン