バイヤーからのお便り

美しく、そして丁寧に作られた雪の結晶のようなアクセサリー

2021年12月08日更新


今年もスワロフスキー社の上質なクリスタルガラスを使ったアクセサリーブランド、MAKI NUMOTO(マキヌモト)の新作が届きました。当店では、毎年12月にこのブランドの新作をお披露目しているのですが、それも今年で4年目を迎えます。年にたった一度、冬の時期に仲間入りするアクセサリーは、どれもキラキラと光を放つ雪の結晶のよう。シックな冬服だと、より一層映える美しいアクセサリーです。

身につける人をリアルに想像して生まれるデザイン


私がこのブランドを素敵だなと思うポイントは、「身につける人をリアルに想像しながらデザインを考える」というところです。独りよがりで奇抜なデザインにならないようにと、いつも考えているのだといいます。華やかなスワロフスキーを使ったアクセサリーなのに、シンプルな服にしっくりと馴染むのは、こうしたデザイナーのこだわりによるものです。

ブローチとしても使える2WAYネックレス

 
まずご紹介するのは、ブローチとしても使用できる2WAY仕様のネックレスです。


アフリカのある鉱山でしか取れない天然石「タンザナイト」と同じ色の、青紫のスワロフスキーを使用したこちら。デザイナーの沼本さんが「派手すぎずでも、きちんと主張するもののほうが、スタイルストアのお客様はお好きですよね」と言って、最初に見せてくれたのがこのネックレスだったんです。


モチーフの裏側はこの通り。ロングチェーンが取り外しできるようになっていて、ブローチとしても使える仕様です。


ネックレスの時と同じ服で撮影をしてみましたが、ブローチとしてだと、また印象が変わります。ジャケットの襟元や巻物に添えると、ぱっと華やかになるのがこのブローチのいいところ。一つで二度おいしい一品です。

シックな服に映える花火シリーズ


続いてご紹介するのは、MAKI NUMOTOのラインナップの中でも、最も人気の花火シリーズのピアス、ピンブローチ、ネックレスです。


ピアスとブローチで特筆すべきはその形。キラキラと輝くクリスタルパーツが、どれも重ならないように立体的に配置されているからこそ、身につけた時の輝きにも奥行きが出るんです。


これまでは七色に輝くクリスタルパーツのものだけでした。でも、今年はそこにターコイズのようなブルーのクリスタルパーツをミックスしたバージョンが仲間入り。


同じ配色のネックレスとおそろいで付けられます。

天然石のターコイズは夏のイメージがありますが、スワロフスキーのターコイズは、涼し気でもあり、冬の冷気をまとうようなピンと張り詰めた色でもあります。なので、夏だけではなくオールシーズン付けられるのがいいなと思ったんです。


ピアスとイヤリング、ブローチは、クリスタルが立体的に配置されているからこそ、きらきらと輝きが増して、華やかになります。特別な場につけていくのはもちろんですが、普段のシックな格好に合わせて、アクセサリーを主役にするコーディネートもいいなと思います。


花火シリーズのブローチも、 4年前のお取り扱い当初からのラインナップの一つ。毎年、新作が仲間入りする中、一番人気として、トップに臨し続けてるアイテムです。

そのほかのラインナップも一気にご紹介させてください。


こちらは小花モチーフのイヤリング。今年初登場の新作です。中央のスワロフスキーのみ、青系のパーツを使用しているのですが、このパーツの色が本当に不思議。青に見えたり紫に見えたりして、神秘的なんです。


こちらは、4年前のお取り扱い当初からのラインナップのスクエアネックレス。女性らしいアクセサリーは、モチーフが丸いものが多い中、こちらはあえてスクエア型。媚のないデザインは当店のお客様のイメージそのもの。こちらは在庫限りになるので、気になる方はお早めにお買い求めください。

華やかさの裏側


最後に、もう一つ。私がこのブランドをみなさんにご紹介したい理由が、アクセサリーの裏側にあります。
クリスタルをたくさん使うという事は、その石の分だけ重くなるし、石を留める爪の数だけ、引っ掛かりが多くなるという事。でも、よせものという特殊な技法を使って、裏側を滑らかにし、引っ掛かりを少なくしているんです。


「身につける人をリアルに想像しながらデザインを考える」という徹底したスタンスに、このブランドのプライドを感じます。
冬にラインナップに加わった、雪の結晶のようなアクセサリーは、自分用に、また大切な人に送りたくなる、そんな一品です。

MAKI NUMOTOの全ラインナップはこちらから>>

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン