スタイルストア公式アプリ 全商品5%OFFキャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

ランチタイムを盛り上げる、見た目も機能性も兼ね備えたお弁当箱

2022年03月15日更新

家族のお弁当を作ったり、節約のために自分のお弁当を用意したりと、お弁当生活を送っている方も多いのではないでしょうか。毎日使うお弁当箱は、せっかくなら愛着を持って使えるものがいいですよね。今回は、見た目と機能性を兼ね備えたお弁当箱を集めました。お気に入りのお弁当箱を見つけて、ランチタイムを盛り上げましょう。入学や転職など、新生活を始める方に贈るギフトにもおすすめですよ。

見た目も機能性も兼ね備えたお弁当箱

工房アイザワ/角型ランチボックス 小2段

機能的に使える、ステンレス製のお弁当箱

工房アイザワの「角型ランチボックス」は、ステンレス製のシンプルなお弁当箱です。頑丈で油汚れが落としやすく、お手入れが楽ちん。においや色が移る心配もありません。蓋の内側はパッキン付きで、液もれが防げる仕様。パッキンは外して洗えるため、毎日清潔に使えます。忙しい方におすすめな、機能的なお弁当箱です。

小さなものやスリムなものなど、用途や食事量に合わせてサイズを選ぶことができます。家族でお揃いにするのもおすすめです。「小2段」は、ご飯とおかずが分けられ、鞄に入れやすいサイズ。容量もたっぷりあり、お腹がきちんと満たされます。無機質なのにどこか優しさが漂うお弁当箱は、飽きずに長く使える一品です。

秋田杉の小判弁当 小(塗装あり)

曲げわっぱデビューに。扱いやすい小判弁当

近年注目を浴びている曲げわっぱですが、お手入れが面倒だったり、シミができたりと、気軽に手が出せない雰囲気を持っています。そんな「高嶺の花」を身近なものにしてくれるのが、ウレタン塗装がされた「秋田杉の小判弁当」です。カビの不安が少なく、洗剤の使用も可能。シミになりにくいので、おかずを選ばず使えます。

ただ詰めるだけで美味しそうに見えるのも、曲げわっぱの魅力です。茶色いおかずも上品に演出してくれ、地味だなんて言わせません。木目の美しさも加わり、食欲をそそるお弁当に仕上がります。横幅が広すぎない小判型は、おかずが詰めやすい形。順に詰めていくだけで見栄えよくおさまり、忙しい朝に助かります。

薗部産業/桜のお弁当箱 大小 入れ子二段セット

木の魅力を堪能できる、桜の木のお弁当箱

薗部産業の「桜のお弁当箱」は、温もりを感じる木のお弁当箱です。「あられ組」という枡のような組み方で作られ、木が水分を吸って膨らむとより強固になる仕組み。見た目が美しいだけでなく、木製で起こりやすい変形や割れを防いでくれます。伝統技法が使われたお弁当箱は、ランチタイムが特別な時間に変わりそうです。

ウレタン塗装がされているため、揚げ物や水気があるおかずも気兼ねなく詰められます。耐久性を高めるために塗装は4回されていますが、薄く均等に塗装されており、木の風合いを邪魔するテカリはありません。小と大の二段セットは入れ子にでき、食後や収納時はコンパクトに。いつもの料理も料亭風になる、上質な一品です。

GEL-COOL/ランチボックス square SG

保冷剤を内蔵した、食中毒対策ができるお弁当箱

食中毒のリスクを減らしてくれるのが、蓋に保冷剤が内蔵されたGEL-COOLの「ランチボックス」です。蓋を一晩凍らせておき、翌朝そのまま使うだけ。お弁当用に保冷剤を用意する必要がなくなり、手間なく対策が行えます。冬も暖房や加湿器で高温多湿になるため、油断は禁物。蓋なら保冷剤の入れ忘れが防げるので確実です。

蓋以外は電子レンジや食洗機に対応しています。温めたいときは蓋を外せば大丈夫。通常のお弁当箱のように使用でき、特別なお手入れは不要です。液もれしにくい仕様やゴムバンドがフィットする構造も、毎日使うのに便利なポイント。デザインがシンプルで、老若男女問わず使いやすいお弁当箱です。

お気に入りのお弁当箱で、楽しいお弁当生活を

お弁当生活を無理なく続けるには、ストレスなく使えるお弁当箱が必須です。毎日使うものだからこそ、見た目も機能性も満足できるお弁当箱を選びたいもの。詰めやすい、お手入れが楽、佇まいが好みなど、自分に合ったものを探しましょう。お気に入りのお弁当箱があれば、毎日のお弁当作りも楽しくなりそうですね。

文・構成/江田紗華

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン