スタイルストア公式アプリ 全商品5%OFFキャンペーン

みんなの愛用品

リュック迷子の私が買ったのはこれ!劣化知らずの万能リュック

2022年04月01日更新


バイヤーの楠です。2年前に会社がリモートワークに切り替わり、パソコンを持ち歩くようになってから、使うバッグはリュックばかりになったという声をよく聞きます。私もその中の1人ですが、プライベートはもちろん、仕事の時でも使える見栄えのいい丈夫なリュックにはなかなか出会えずにいたんです。

ところが、そんな私が最近買ったのが、CARRYNEST(キャリーネスト)のもの。決め手は、「4年間使い込んだ」というデザイナーさんのリュックを見せてもらったからでした。ボディーは劣化しらずで美しいままなのに、デザインのポイントでもあるレザーのポケットは、品よく艶が出ている状態。経年変化をしたそのリュックが、本当に魅力的だったんです。

私がこのリュックを選んだ理由


まずは、この画像をご覧ください。 CARRYNESTのバックパックのブラックを2つ並べていますが、右はデザイナーが4年間使用したもの。そして左は新品です。ぱっと見では違いがわからない位、美しい状態をキープしているのがわかると思います。

冒頭でも書きましたが、ここ数年はリュックを使う頻度がかなり高くなりました。でも、色々と使ってみて、初めて分かることがあるものです。私の場合は、どのリュックも、半年ほどでわかりやすく劣化してくる事と、仕事の時(特に商談時)は少し恥ずかしいという事が悩みでした。この2つを同時に解決してくれた、こちらのリュックだったんです。

とにかく丈夫なコーデュラ生地


このリュックが何年経っても見た目が美しいままな理由は、生地にあります。CORDURA®(コーデュラ)というアメリカのインビスタ社が製造販売しているこちらの生地は、軍事用品やアウトドア用品に使われている生地だというだけあって、丈夫さが違います。

パソコンやペットボトルなど重いものを入れて持ち歩くだけではなく、それを急いでいるからと言ってワンショルダーで持ったり、狭い電車の中で背負いなおしたりと、リュック自体を雑に扱ってしまうシーンが日常にはいくつもあります。


なので、リュックが知らず知らず傷んでいくのは当たり前だと思っていたのですが、この生地はまずそれがありません。実際に4年使用しているリュックも、見た目は美しいまま。それどころか、新品のものと比べて生地自体が柔らかくなっていて、使いやすさが増しているので驚きました。

オンの時にも背負えるスタイリッシュなデザイン


もう一つ、私が惹かれたのが少しだけ他と違うデザインです。このブランドのアイコンでもある巣のようなデザインのポケット部分は折り紙のように折りたたんだ牛の本革を使用しています。バッグの形自体はあくまでもベーシック。でも、ひとひねりある革ポケットがある事で、このリュックがカジュアルになりすぎず、大人が使える雰囲気のものになっているんですね。


商談で外出する際も、このリュックを背負っていくことが多いのですが、「素敵なリュックですね!」と褒められることも多くなりました。そういう方とお話をすると、私と同じような悩みを抱えながらリュック迷子になっている方が意外と多くて驚きました。丈夫で、オンオフ問わずに使えるものって意外と少ないのだと実感したんです。

実際に使用してよかったポイント


実際に使用してみてよかったポイントは他にもあります。まずは、雨に強いという事。
雨の日に外出して、自宅に着いた時に思った以上にリュックが濡れていて驚いたことはありませんか。傘をさしていても、背中に背負ったバッグまではカバーできていないんだと感じるのですが、こちらは生地自体が撥水加工を施しているので、水をはじきます。


革のポケット部分にも同じく撥水加工が施してあるうえ、編みではなく折りでこのふっくらとしたポケットを作っているので、水が中に入り込まないんです。

例えば、折りたたみ傘を使用した時などは、傘を振って水滴を落とし、丸めてそのまま横のポケットに入れる事もできます。もちろん、水滴のついたペットボトルも、気兼ねなくポケットに収納できます。


パソコン機器も、リュックに備わっているクッション性の強い専用の収納ポケットに入れれば、水からも衝撃からも守ってくれるので、とにかく安心です。


本革を使用したバッグとなると重さが気になる方も多いと思いますが、重さは660gほど。生地が薄くて軽さを謳ったリュックと比べると少し重いですが、機能性の高いアウトドアブランドのリュックよりもかなり軽いです。

重いバッグが嫌でリュックを使い始めた私ですが、重さは気になりませんでした。しっかりとクッション性のある肩紐なので、重さを感じづらいのだと思います。


重い荷物を持ち歩く際に体に負担がかからないようにとリュックを選んでいるのに、中身の重さに耐えられずにすぐ に劣化してしまうもの、シンプルだけどシーンを選んでしまうもの、と何度も失敗を繰り返した私。なるべく長く使いたいからと、気遣いながら丁寧に扱う事で新たなストレスも生まれるという状態でした。

CARRYNEST のリュックは、そんなストレスを全て払拭してくれた一品。私のようにリュックにまつわるお悩みが解消されないままの、「リュック迷子」の方に捧げたい逸品です。

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン