バイヤーからのお便り

手頃な価格で揃えられる!夏に最適なリネンの寝具

2022年05月05日更新

リネンは肌触りがさらっとして心地よく、 素肌で触れた時に冷たく感じる「接触冷感」があるため、夏の寝具にぴったりの素材です。ただ、原料の麻を繊維として使えるようにするにはとても手間がかかるため、シーツや掛け布団カバーなど生地をたくさん必要とするものは高価になってしまいます。

しかし、Cadeauya(カドヤ)のリネン製品は「原料を余すことのないものづくり」等により、一般的なリネンの寝具の中でもとてもお手頃な価格。リネンで一式揃えたい方や、リネンを初めて使う方におすすめのブランドです。

種から落ち綿まで原料を余すことなく使い切るからお手頃に

Cadeauyaのリネン製品の原産は主に東欧のベラルーシ。昔からベルギーやフランスと並びリネンの一大産地として知られています。ベラルーシではリネンの原料となるフラックスの栽培から、紡績・製織・最終製品まで一貫して生産を行っているため余分なコストがかかっていません。そして問屋を通さず輸入しているため、お手頃な価格を実現しています。

また、Cadeauyaはリネン製品だけではなく、リネンの原料となる亜麻(フラックス)から採れる種から「亜麻仁油」、落ち綿から「タバコの巻紙」と、原料を余すことなくものづくりをしています。そのため原料を安く仕入れることができています。

お手頃な価格のため品質が気になると思いますが、その点は心配ご無用です。リネン産業は、ベラルーシにとって国を挙げて取り組む重要な産業。そのため、質がよいのだそう。まさに価格と質のバランスが取れたベッドリネンです。

リネンの寝具はさらっとしていて涼しいから夏に最適

リネンはさらさらした肌触りで涼しく、汗ばむ夏に使用するのに最適な寝具の素材。コットンと比べ吸水性は約4倍、速乾性は約2倍といわれています。水分や汗を素早く吸い取りすぐに発散してくれるため、蒸れにくく快適に眠ることができます。

また、リネンは天然繊維の中でも特に熱伝導率に優れていて、体から出る熱を外へ放出し、快適な温度に保ちます。そのため、リネンのシーツを使用すると、寝返りを打つたびにひんやりとして気持ちが良いです。夏の寝苦しい夜を助けてくれますよ。

使うほどに柔らかくなり、肌触りが良くなっていく

最初はハリを感じますが、使い続けて洗濯を繰り返すことで、だんだんとハリが和らぎ、ふんわりとした優しい肌触りに育っていきます。

そんな柔らかいリネンの寝具は、その肌触りのよさから古くよりヨーロッパの高級ホテルなどで使用されているそうです。

柔らかくなるので耐久性が落ちるのでは?と思われるかもしれません。しかし、リネンはコットンと比べ約2倍の耐久性があり丈夫です。そして、耐摩耗性にも優れているため長持ちします。寝返りなど動きが多い寝具にピッタリですね。

Cadeauyaのベッドリネンはボックスシーツ、フラットシーツ、掛け布団カバー、枕カバーと各種揃えております。暑くて寝苦しい夜を少しでも涼しく、そして心地よくお過ごし下さい。

このコラムを書いた人

菱倉 慎太郎

スタイルストア バイヤー

菱倉 慎太郎

現代は世のなかにモノが溢れかえり、使っては捨てるを繰り返す大量消費社会です。 そんな時代だからこそ流行に左右されず長く使うことができ、そして愛着が増していくモノを厳選してご紹介していきたいと考えています。

特集 / キャンペーン