バイヤーからのお便り

Arukan Fダブルメッシュショルダー値上げと仕様変更のお知らせ

2022年07月04日更新

こんにちは、アシスタントバイヤーの加藤です。

今年に入ってからさまざまなブランドの商品の価格変更のお知らせをしておりますが、Arukan Fのダブルメッシュセミショルダーバッグについても、2022年8月1日より値上げとなります。

また、ダブルメッシュショルダーバッグについては、現在の仕様のものは在庫限りで終了となります。次回入荷分から持ち手の長さが変更になり、価格も値上げとなります。

貴重な金型と熟練の職人技によって生み出されるメッシュは、老舗バッグメーカー高屋ならではのものづくりです。いつか欲しいと気になっていた方がいらっしゃいましたら、是非ご覧になってください。

ダブルメッシュセミショルダーバッグ

バケツ型で巾着がセットされている「ダブルメッシュセミショルダーバッグ」は、8月1日より3000円の値上げとなります。こちらは仕様の変更はありません。

こちらのセミショルダーバッグは、縦に500mlのペットボトルがちょうど入るサイズ感。底が楕円型で収納力が高く、長財布は横に入れることもでき、化粧ポーチやお弁当箱、単行本等も収まります。

ダブルメッシュショルダーバッグ

「ダブルメッシュショルダーバッグ」は、今の仕様のものは在庫限りで終了となります。秋以降、持ち手を長くした新しいモデルが入荷予定ですが、現行のものより5000円の値上げとなります。

こちらは三角形のマチなしショルダーバッグ。バッグ上部が薄くなっており、肩掛けしたときにおさまりがいいよう計算されたデザインです。

現在の持ち手の長さは約23cm、薄手のトップスで肩がけするのにちょうどよい長さですが、次回からは約27cmと長くなります。厚手のアウターを着る寒い時期にも肩がけはしやすくなりますが、短めの持ち手がお好みの方は、手に入れる最後のチャンスとなります。今なら全カラーが揃っています。

上記2型はいずれも、馬革のメッシュを生かした柔らかなフォルムが特徴です。この価格で手に入れられる最後のチャンスとなります。

その他、今回の値上げの対象にはなりませんが、ダブルメッシュシリーズには今シーズンよりトートバッグも登場しました。

一見小ぶりですが、お出かけに必要なものがすっきり収まり、中身の見えにくい優秀なバッグです。ショルダーバッグ、セミショルダーバッグとはひと味違う、全面に芯を貼ることで実現したかっちりしたシルエットが新鮮なデザインです。今なら全カラーが揃っています。

「日本製で、刺しメッシュという手仕事のバッグを、この値段ではまず作れない。」とつくり手が自信を持つ、高い技術から生まれた名品バッグ。限られた職人しか作ることができない、貴重なバッグをこの機会に是非ご覧ください。

このコラムを書いた人

加藤 紀子

スタイルストア バイヤー

加藤 紀子

ショッピングユニットでアシスタントバイヤーをしています。衣食住にまつわるすべてのことに興味があります。暮らしを楽しみたいという気持ちを大切にしたいと思っています。

特集 / キャンペーン