みんなの愛用品

熱帯夜の救世主!つかい手好評の高島ちぢみパジャマ

2022年07月14日更新


涼しい、軽い、伸びるから寝返りしやすくて楽というところが特徴の、スタイルストアとkinelが開発した高島ちぢみのパジャマ。先日リクエストに応えた改良版を販売開始しましたが、早速つかい手のみなさまからも「汗をたくさんかいても肌に張り付かず、すぐに乾くのでこの猛暑にはピッタリだと思います」、「家族分も購入しました」、「友人にもすすめたいです」とご好評の声を多数いただいています。今回はつかい手のみなさまの愛用状況もあわせてご紹介いたします。

凹凸があり肌にまとわりつかないから涼しく、猛暑にぴったり


生地にシボという凹凸があるのが、高島ちぢみの特徴。通常の平織りと比べて約2倍以上ひねっているので、その分生地の凹凸が大きくなり、お肌に生地が張り付きにくい仕様です。

また、麻のようにさっぱりとした肌ざわりで、凹凸により表面積が大きいため放湿力も高く、蒸れにくくてとても涼しく過ごせます。

つかい手のみなさまからも、「梅雨明けもあっという間で連日猛暑続きなので、高島ちぢみパジャマのサラッとした素材が肌に気持ち良いです」、「シャリ感があってさっぱりしている」、「熱帯夜もつらくない」、「寝汗をかいたときも張り付かないので、もうコットンのパジャマやTシャツには戻れない気がしています」という声をいただいています。

ちなみに、最初はちぢみ特有のザラっとした感触があってそれも魅力ですが、洗濯を重ねると生地が柔らかく育っていきます。


また、その「軽さ」も人気の秘密。「着たことないけれど、羽衣というのはこんな感じかと思うほど、軽くてストレスがなく、まるで着ていないような着心地です」という声も届いています。

薄くて軽いのですが、決して貧弱な生地ではなく、透けません。あと、実際に私自身も毎日愛用していて、洗濯後の乾きが早く、かつ洗濯時にかさばらないところも良いなと実感しています。

突っ張り感がないから、動きやすい


もうひとつこのパジャマの特徴は、化繊素材は入っていない綿100%なのにこんなに伸びるので、「伸びるので寝る前のストレッチも快適です」という声も。寝ている間にどんなポーズをとってもツッパリ感がありません。


また、デザインについても、「生地がちぢみですから、肌にまとわりつかないのはもちろんですが、身幅がとても良いと思います。ゆとりはありつつ広すぎず、寝返りの邪魔にならない、ほど良いサイズです」という声も届いています。


脇の下が立体的にデザインされているので余裕があり、腕回りや胴まわりに締め付け感がないので寝返りしやすいですよ。

ペットの毛や繊維が気になる方はグレー、すっきり見えしたい方はネイビーがおすすめ


こちらの生地はとても優秀なのですが、唯一の難点は、凹凸があるために、ネイビーの場合、細かい繊維やペットの毛が少し目立つところです。表面がつるっとしている天然繊維であればそういった繊維もすべり落ちるのですが、凹凸がある分留まってしまうことがあります。

もし気になる方は、今年そういった声にお応えして新たに作ったライトブルーグレーだと全く気にならないので、そちらを選んでいただくのがおすすめです。

また、見た目がすっきりスリムに見える方が良いという方は、ネイビーがおすすめですよ。あと、ライトグレーも透けにくいですが、ネイビーはより透けにくいです。

ちなみに、繊維が付くタイミングとしては、洗濯中が多いかなと思います。ネットに入れていただくか、もしどうしても気になる場合は、タオルなど毛羽があるものとは分けて洗う、柔軟剤を使う(柔軟剤には静電気防止の効果もあるので緩和される場合がある)のもひとつの手です。ですが、手間がかかるのと、柔軟剤を使わない方がちぢみ本来の良さが体感できるので、やっぱりライトグレーを選んでいただくのが良いかなと思います。今後色バリエーションの追加も検討しますね。


ここまでご紹介した声の他にも、

「夏の時期はパジャマ専用の衣類を着る事がありませんでした。少しでも気温湿度による怠さ解消になればと試したところ、もう気持ち良すぎて手放せないです」

「真夏の暑さに加え、最近は節電も意識しなければならないし、一日のうちパジャマを着ている時間はそれなりに長いので、着心地の良いものをと思って選びました」

「着心地が良いので、洗い替えとして色バリエーションを追加購入しました」

「贈り物に選びました」

という声を多数いただいています。

また、いただいた声はひとつひとつ大切に読ませていただいています。みなさまいつもありがとうございます。リクエストもたくさんいただいていますので、今後の商品開発に活かせるようにいたしますね。

これから訪れる熱帯夜を快適にしてくれる一着。ぜひみなさまにも体感いただきたいパジャマです。

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン