みんなの愛用品

汗も日差しも怖くない、真夏も涼しいブラウス

2022年07月21日更新

こんにちは、バイヤーの加藤です。

昨年の発売から、何度もリピート生産を繰り返すほどの人気となっているのが、Kilkaの2wayシャーリングブラウスです。もともと、汗ばむ季節でもお肌に張りつかず快適に着られる、大人女性のためのトップスがあればという思いから生まれたブラウスなのですが、袖丈が長めなので、真夏は暑いのではと思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、私はこのブラウスは真夏こそ真価を発揮するのではないかなと、昨夏愛用して感じています。

欠品していたカラーも入荷し、今なら全カラーの在庫が豊富に揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。

涼しさときれい見えを叶える唯一無二の素材

仕事柄、色々な生地を見る機会がありますが、こちらに使用されている生地のように、涼しいのに改まった場にも対応できる高級感のある生地はなかなかないと思います。

生地の表面の適度な凹凸感と光沢感のある素材は、某海外有名メゾンでも使用されたことがあるというのも納得の質感です。涼感に優れた素材というと、ややカジュアルにみえてしまうサッカー生地や、のっぺりした質感の化繊生地が多い中、こちらならオンにもオフにもどちらも対応ができます。

実際、普段着から、子供の学校の面談や観劇、コンサートといったお出かけまで、いろいろなシーンで活躍しています。改まった場ではベルトをきゅっと結び、普段着ならベルト無しですとんと着て、とシーンに合わせて着方を変えることができるのも嬉しいポイントです。

肝心の涼しさはというと、麻54%・綿27%・ポリエステル19%の混合素材で、天然素材の比率が高く、麻や綿など天然素材ならではの吸放湿性の高さやさっぱり感があります。凹凸感があることで肌離れも良く、着ていても蒸れを感じることがほとんどありません。

ふっくらした袖は脇汗も怖くない

真夏に外出してこれはいいなと思ったのは、袖のデザインでした。肩線を少し落とした、ゆったりしたアームホールのデザインは、動きやすいだけでなく、脇汗も気にならないのです。

仕事やお出かけなどで人と会う時、炎天下を歩いてからの待ち合わせだと「汗が目立っていないかな」とちょっと心配になるものですが、こちらを着ている時は安心です。

ゆとりのあるデザインなので、フレンチスリーブタイプの汗取りインナーを下に着てもすっきり見えます。

脇汗に限らず、凹凸感のある生地感は背中の汗もあまり目立たないようです。また、昨夏はこちらを着て劇場や映画館に行くことが多かったのですが、狭い座席に座っていても背中のしわがさほど気にならないのも良いところでした。

日差し対策もクーラー対策もできる長めの袖丈

一見、真夏には長いのではと思う袖丈ですが、これが外でも室内でも良い仕事をしてくれます。

真夏にも、程よく二の腕をカバーしてくれるので、日差しが痛くありません。外にいる時は意外にこの袖の長さが助かります。

また、室内では、フレンチスリーブや半そでを着ているとクーラーで冷えるので羽織りのカーディガンが欠かせないのですが、こちらなら羽織りやストールがいらないので荷物がコンパクトになります。

少し改まった場にも対応できる上質な素材でありながら、ご自宅で洗えるという、毎日を忙しく過ごす大人の女性に嬉しい機能性を兼ね備えた、夏にも大活躍のブラウスです。

このコラムを書いた人

加藤 紀子

スタイルストア バイヤー

加藤 紀子

ショッピングユニットでアシスタントバイヤーをしています。衣食住にまつわるすべてのことに興味があります。暮らしを楽しみたいという気持ちを大切にしたいと思っています。

特集 / キャンペーン