スタイルストア公式アプリ 全商品5%OFFキャンペーン

テーマ別おすすめアイテム

狭いキッチンでも使いやすい、省スペースで収納できる本格派の「調理道具」5選

2022年09月13日更新

調理道具をはじめ、何かと物が増えがちなキッチン。広さに十分余裕がある、という方よりは、いろいろと工夫をしてスペースを捻出している方のほうが多いと思います。そこで今回は、収納場所の限られたキッチンでも取り入れやすい、本格派のアイテムをピックアップしました。省スペースに役立つだけでなく使い勝手も良好なので、ぜひ毎日の調理にご活用ください。

キッチンのスペースを節約できる、おすすめ調理道具5選

4w1h/コンパクトフライヤー

コンパクトで場所を取らない、トンカツ1枚サイズの揚げ鍋

「揚げ物を楽にするためにフライヤーを用意したいけど、場所を取るから…」と避けている方はいらっしゃいませんか?まずご紹介するのは、コンパクトなサイズ感の揚げ鍋です。トンカツ一枚とほぼ同じくらいの大きさで、収納の場所を取りません。また、さすがにたくさんの揚げ物には向きませんが、1~2人分やお弁当のおかず程度なら十分に対応できます。

調理後は蓋をして、オイルポットとして油のストックにも活用可能。別にオイルポットを用意する必要がないので、それもまたスペースの節約になります。また、その小ささゆえに、少ない油でも十分な深さが出る、コンロに置いたままでも邪魔になりにくい、といった嬉しい特徴も。揚げ物により気軽にチャレンジしたい方におすすめです。

4w1h/フラットケトル

冷蔵庫や棚の隙間に入り、容量も十分な超薄型ケトル

飲み物の用意や調理など、何かと活躍の場が多いケトル。容量が多いとかさばりますが、小さいとあまり多くのお湯を沸かせない、サイズ選びが難しいアイテムでもあります。そんな方におすすめしたいのが、こちらの平たい形状のケトルです。持ち手をたたむと高さ7cmという超薄型形状で、冷蔵庫にもすっと入ります。また縦置きもできるので、引き出しの隙間に収納することも可能。

コンパクトですが幅があるので、1.6Lのお湯を沸かすことができ、「コンパクトだと容量が小さくなりがち」という問題を解消しています。また、独特の形なので、ちゃんとお湯を沸かせるか一見不安になるところですが、底面積が広いためむしろ熱が伝わる効率がよく、短時間で沸騰させられます。収納しやすさはもちろん、時短にも役立ちますよ。

Three Snow/ざる屋のステンレス盆ざる 大小セット

吊り下げ収納も可能で邪魔にならない、平らな形のザル

ボウル型のザルは深さがあるため、意外と収納場所を取るもの。棚に入れると隣には小さいものしか入らない、なんてこともあります。そんなときには、こちらの「盆ざる」が便利。名前の通りお盆のように平らな形状で、隙間などに立てて収納することができます。また、取っ手にリングがついているので、吊り下げておくことも可能。洗った後、乾かすのと収納を同時進行させられます。

一般的なザルと比べて独特な形ですが、平らだからこその魅力もたくさんあります。食材を重ねずに乗せられるので空気によく触れ、粗熱とりや水切りにぴったり。また鍋、皿、ボウルなどどんなものでも水受けにできるので、お湯から食材を引き上げた後、さっと置くことができます。使い勝手と収納しやすさを兼ね備えたアイテムです。

松田美智子の自在道具/鉄の小さなごはん鍋

炊飯器の代わりにぴったりの、小さくて多用途な鉄鍋

キッチンで場所を取るものの一つが、炊飯器。とはいえご飯を炊くものは使用頻度が高く、キッチンに置かない、という選択は難しいですよね。こちらの鉄鍋は炊飯器と比べかなりコンパクトなサイズ感ですが、1~1.5合のお米を炊くことができます。火にかけて5分ほどでムラなく火が通り、おいしいご飯が炊きあがるので、一人暮らしや普段お米をあまり使わないご家庭なら、十分に活用可能です。

また、炊飯専用の鍋ではないので、煮物や少量の揚げ物にもお使いいただけます。一つで複数の用途に対応しているため、そのぶん調理道具の数を減らせて、よりいっそう省スペースに。シンク下や食器棚がいっぱいで、少しでも道具を減らしたい!とお考えの方にはうってつけのアイテムです。

Three Snow/フタ付ざるボウルセット

豪華な9点セットが入れ子構造ですっきりまとまる

ザルやボウル、バットなど、料理にあわせてサイズを使い分けたい道具は、どうしてもかさばってしまいますよね。数を揃えたいけど置く場所がない、とお悩みの方もいらっしゃると思います。こちらは3サイズザル、ボウル、バットの9点セットというボリュームながら、すべて重ねて入れ子構造にでき、食器棚にすっと収まる仕様。日常使いしやすいサイズを揃えつつ、収納場所の節約もできます。

もちろんそれぞれの道具としての使い勝手も優秀で、ザルは持ち手つきで扱いやすく、網目も指で押してもへこまないくらい丈夫。ボウルは底面が広く浅型なので、食材を混ぜるときに安定感があります。バットはお肉に粉をまぶしたり、切った食材を置いたりするのにはもちろん、ボウルやザルの蓋としても活用可能。蓋をすれば保存容器の役割もこなし、冷蔵庫にもコンパクトにも収まります。新生活のための贈り物にもぴったりですよ。

まとめ

今回は、キッチンスペースが狭くても取り入れやすい、便利な調理道具を5点ご紹介しました。そもそものサイズがコンパクトなもの、収納しやすい形状のもの、多用途に使えるものなどさまざまですが、どれも無駄なスペースを取らないアイテムばかりです。もちろん道具としての質も高いので、調理の時短や効率化にも役立ちますよ。

ほかにも、料理にまつわる悩みは尽きないもの。当店では、毎日の料理を快適にしてくれるアイテムをお悩み別にご紹介しています。工夫が詰まったアイテムたちをかしこく使って、美味しいご飯を作ってくださいね。

お悩み別!調理道具のベストアンサー 特集ページはこちら>>

キッチンのお悩み、教えてください

料理の負担を軽くしてくれるアイテムをご紹介してきましたが、まだまだ料理やキッチンにまつわる悩みは尽きない……という方もいらっしゃるかもしれません。そんなみなさまのお手伝いができるよう、わたしたちにキッチンのお悩みを聞かせていただけませんか?

キッチンで使用する5種類のアイテムについて、アンケートを実施中です!

「キッチンにまつわるお悩みアンケート」はこちら >>

文・構成/上野智美

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン