みんなの愛用品

蒸れないから熟睡できた!洗える極暖毛布

2022年10月25日更新

こんにちは、バイヤーの菱倉です。

寒い季節に熟睡するには寝床内のあたたかさがとても重要。ただ、あたたかさを求めると就寝中に蒸れて目が覚めてしまうことが多く、あたたかさと蒸れにくさを両立することは難しいと感じていました。

そんな問題を解決するため使い始めたのが、質の高いメリノウールを使用した「ウォッシャブルウール ニューマイヤー毛布」。高い保温力・吸放湿力で問題を見事にクリアした、極暖なのに蒸れにくい毛布です。

吸放湿性が高いウールだから汗をかいても蒸れにくい

人間は季節関係なく、一晩に最低でも約200~350mlの汗をかいているのだそうです。そのため、その汗をしっかりと吸湿・放湿しないと寝床内が蒸れてきてしまい、暑苦しくなってしまいます。

僕は今まであたたかい毛布を使ったことはありましたが、吸放湿性に乏しいアクリル製だったため、寝ているうちに蒸れてきてしまい、夜中に目が覚めることがしばしばでした。

そこで使い始めた「ウォッシャブルウール ニューマイヤー毛布」は、アクリルなどの化学繊維に比べ、吸放湿性が高いと言われている天然繊維の中でもトップクラスの吸放湿性を誇るウールを使用。そしてウールは保温性にも優れているため、あたたかさも抜群です。むしろ暑すぎて汗をかいて蒸れるのではと思っていました。

そして実際に使用して感じたのはその格別のあたたかさ。ボリュームがある毛布なのでたっぷりとあたたかい空気をため込み寒くありません。また、あたたかいのに朝まで蒸れ知らず。さすが吸放湿性に優れているウールだと感じました。

蒸れにくい理由ですが、ウールの表面はうろこ状に重ね合っていて、外気に合わせて開閉する性質があります。湿度が高いとうろこが開き湿気を繊維内部に吸収、空気が乾燥すると内部の湿気を放出しつつうろこが閉じるため、寝床内を快適な湿度に保ってくれるからでした。シルクやコットンの毛布も使っていますが、吸放湿性に関してはウールが優れていることを実感しています。

肌触り抜群のメリノウールだからチクチクせず気持ちいい

吸放湿性が高いウールの毛布ですが、肌に直接触れるものなので「チクチクする」「かゆくなる」と敬遠される方も多いと思います。僕もウールのセーターやマフラーを着用したときにチクチクしてかゆくなった経験があるので、ウールが肌に触れることに関してはマイナスのイメージがありました。

しかし、「ウォッシャブルウール ニューマイヤー毛布」に使われているウールは、普通に思い浮かべるウールとは全くの別物です。繊維が長く良質な梳毛糸の中でも、特に羊の脇腹の柔らかい部分で作られている「メリノウール」を使用しています。また、メリノウールは登山用のウェアなどで、その肌触りの良さや保温性・吸放湿性などから、Tシャツなどのインナーにも使われているほど信頼ができる天然素材。そのため全くチクチクすることがなく、むしろ頬ずりしたくなるような気持ちよさです。

汚してしまっても自宅で洗えるから安心

一般的なウール製品は縮んでしまうため、基本的には自宅での洗濯は難しいです。しかし、こちらの毛布は防縮加工がされているため、自宅での洗濯が可能です。

元々ウールの毛布は静電気を起こしにくいので汚れやホコリを寄せ付けにくく衛生的。洗濯する機会は少ないと思うのですが、我が家には小さい子供がいるためいつ汚れるかわかりません。汚れるたびにクリーニングに出だすとなると大きな出費や手間になってしまいます。そのため、もしものときに家で洗えるということはとても安心です。

「ウォッシャブルウール ニューマイヤー毛布」はあたたかいのに蒸れにくく、肌触り抜群の毛布。就寝中に蒸し暑くて寝苦しさを感じている方、ウール毛布は興味があるけどチクチクしそうで敬遠していた方に是非おすすめしたい逸品です。

このコラムを書いた人

菱倉 慎太郎

スタイルストア バイヤー

菱倉 慎太郎

現代は世のなかにモノが溢れかえり、使っては捨てるを繰り返す大量消費社会です。 そんな時代だからこそ流行に左右されず長く使うことができ、そして愛着が増していくモノを厳選してご紹介していきたいと考えています。

このコラムについているタグ

「みんなの愛用品」コラム一覧を見る

特集 / キャンペーン

お知らせ

お知らせをもっとみる

人気商品ランキング

人気商品ランキングをもっとみる