バイヤーからのお便り

【受注締切間近】省スペースで飾れてインテリアにも合う、節句の飾り

2023年02月24日更新

端午の節句に飾る兜や鯉のぼりは、こどもの健やかな成長を願って毎年大事に飾りたいですよね。ただ、デザインが純和風や派手だったり、また大きかったりで、インテリアに合わせたり、置く場所を確保することが難しいと感じたことはないでしょうか。

そんな悩みを解消すべく、シンプルでコンパクトな節句の飾りをご用意しました。インテリアに合わせやすいデザインのため飾りやすく、贈り物にもおすすめです。只今先行受注を承っており、2月28日が締め切りです。是非この機会にどうぞ。

和洋問わず飾れる!手のひらサイズの兜

ガラス作家の松野さんが作る手のひらサイズの「兜のオブジェ」。横7.5×高さ6.5cmとコンパクトなので、玄関やテレビボードなどに少しスペースがあれば飾ることができます。

一般的な兜飾りだと和のイメージで洋室には合いませんが、透明なガラス製だから洋室でも違和感がありません。ガラスなので光が差す場所に飾るのもおすすめです。

ゆらゆら揺れるから見ていて飽きないモビールタイプの鯉のぼり

utatane(うたたね)さんに1年中飾れるものをリクエストしてつくってもらった木製の「飾り鯉」。細部まで凝ったつくりの鯉はモビールになっていて、ゆらゆら揺れるため見ていて飽きません。

モビール部分を外せば、お家単体でオブジェに。気分を変えながら、インテリアのアイテムとして使うのもおすすめです。お子さまが大きくなってからも、楽しんでいただけると思います。

最後にご紹介するのはmicat glassさんにつくってもらったスタイルストア限定の「鯉のぼりと猫のステンドグラスモビール」。モビールタイプなので、置き場所がないとお悩みでも、天井から吊るすだけで飾ることができます。

ゆらゆら泳ぐ鯉に飛びつこうとしている白猫と、鯉とじゃれ合おうとしている黒猫はゆらゆら揺れたり、くるくる回りながら動くので、つい見入ってしまい、飽きることがありません。

ガラス作家、ステンドグラス作家、木工作家による、1点1点手仕事でつくるシンプルでコンパクトな節句の飾り。飾る場所を選ばないのでお孫さんへの贈り物にも喜ばれるアイテムです。

今回ご紹介したアイテムの受注締め切りはすべて2月28日です。飾るスペースやデザインなどでお悩みの方はぜひこの機会にご注文ください。

このコラムを書いた人

菱倉 慎太郎

スタイルストア バイヤー

菱倉 慎太郎

現代は世のなかにモノが溢れかえり、使っては捨てるを繰り返す大量消費社会です。 そんな時代だからこそ流行に左右されず長く使うことができ、そして愛着が増していくモノを厳選してご紹介していきたいと考えています。

特集 / キャンペーン

お知らせ

お知らせをもっとみる

人気商品ランキング

人気商品ランキングをもっとみる