テーマ別おすすめアイテム

スタイルストアが今おすすめしたい、個性豊かな革の財布【4選】

2023年12月15日更新

革の財布は、当店でも大人気の定番アイテム。とはいえ一口に革と言っても、使われている素材によって特徴はさまざま。経年変化の仕方や質感、軽さなど、それぞれに魅力があります。今回は当店でお取扱いしている革素材の財布を4点、ピックアップしました。

素材の良さを堪能できる、今おすすめの革の財布4選

SOPO/ラウンドジップパース シボ革

濃淡のある2色のトーンが美しい、コンパクトな革の財布

まずご紹介するのは、フランス最古のタンナー(皮革メーカー)、デギャーマン社の革を使用した財布です。適度な柔らかさのカーフレザーを、高い染色技術で2色のトーンに仕上げており、深みのある表情豊かな色をお楽しみいただけます。また、エンボス加工がされているため、傷が目立ちにくいのも嬉しいところ。耐久性も高く、経年変化が少ないので、きれいな状態を保てます。

財布としてのサイズはコンパクトで、札入れ、カードポケット、小銭入れが無駄なく配置されています。合計5枚のカードを収納した状態で、お札は10枚ほど、小銭は20枚ほど収納可能。毎日の通勤やちょっとしたお出かけには十分の容量なので、コンパクトな財布に挑戦してみたい方にもおすすめです。

FABRIK/TRI-FOLD WALLET

使うほどに艶の出る、ワックス加工を施した革の財布

次にご紹介するのもコンパクトなサイズ感で、いわゆるミニ財布と呼ばれるタイプのアイテムです。手の平サイズの小さなボディには、国産の植物タンニンなめし革を使用。とにかく発色がよく、カラフルなバリエーションが魅力です。また、ブルー、チョコレート、ブラックなどをはじめとする6色にワックス加工を施しており、使い込むことで次第に出てくる艶を楽しめます。

女性の手に収まるくらいの大きさですが、収納力はばっちり。お札も小銭もそれぞれ15枚ほど入り、カードも合計12枚ほど入ります。ミニ財布としては珍しく、お札を折らずに入れられる構造なので、「できるだけお札をきれいに持ち歩きたい」という方も要チェックですよ。

mercredin./ウォレットバッグ カード&コインケースセット

ニュアンスカラーが魅力の、軽量なウォレットバッグ

こちらは、他ではなかなか見られない、絶妙なニュアンスカラーのウォレットバッグ。デザイナーこだわりの色で染められており、ポシェット、札入れ、小銭入れの3点セットそれぞれが、お互いを引き立てるような色味です。また、ハリのあるヌメ革を使用しており、使うほどに柔らかく、艶のある仕上がりに。革ならではの経年変化も楽しめます。

ミニマリストの方にぴったりの使い心地も魅力のひとつ。3点をセットし、一通り財布の中身を入れた状態でも約225gの軽量さで、移動の邪魔になりません。それでいて、お札やカード、小銭とあわせて、スマホやハンカチ、ティッシュを入れられるフリーポケットも備えているなど、適度な収納力があります。旅行やイベントごとでの移動用バッグとしてもおすすめです。

Neutral Gray/ハスキーショートウォレット

柔らかくしなやか、軽量なホースレザーを使用した革の財布

最後にご紹介するのは、ホースレザーを使用した二つ折り財布です。柔らかい質感で、かつ軽量。さらに、繊維が密に絡み合っているため、薄手なのに丈夫という機能性も備えています。さらにワックスを浸透させ、しなやかに仕上げており、財布の触り心地にこだわりたい方に、ぜひお試しいただきたい一品です。

札入れやコインポケットに加え、カード入れが5か所あり、とにかく使い勝手を優先して作られています。カード入れが縦で、かつ革そのものが柔らかいので、取り出しもスムーズ。さらにフリーポケットが3つあり、伝票の控えや身分証、常備薬、鍵などを入れておくのに役立ちます。

手に取るたびに感じる、素材の魅力。革の財布を使ってみよう

今回は革の魅力を楽しめる財布を4点、ご紹介しました。革らしい経年変化を味わえる財布や、逆にきれいなままの状態を維持できる財布、色味や質感にこだわった財布など、ブランドによって特徴はさまざまです。自分が革のどこに魅力を感じるのかお考えいただいた上で、気になったものをぜひチェックしてみてください。

文・構成/上野智美

このコラムを書いた人

スタイルストア 編集室

スタイルストア

スタイルストア 編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

特集 / キャンペーン

お知らせ

お知らせをもっとみる

人気商品ランキング

人気商品ランキングをもっとみる