バイヤーからのお便り

着ぶくれ知らず!冬をあたたかく乗り越える為の、楽ちん美脚パンツ

2023年10月24日更新


当店でお取り扱いをしてから今日まで、圧倒的な人気を誇るのが、WESTWOOD OUTFITTERS(ウエストウッドアウトフィッターズ)のパンツです。このブランドのパンツがたくさんの方に支持される理由は、コスパの良さと、お手入れの楽さ、そして何より美脚に見えるところです。

当店のパンツ派閥代表のバイヤーが別名「膝下美脚パンツ」と呼ぶタックテーパード型をはじめ、足の形を拾わないマムフィット型、ワイド型と、今年の冬も、あったかバージョンの新型が続々と入荷しています。

3つのパンツの共通点


今年届いた3つのパンツは、裏フリースニットツイルのタックテーパード(左)、裏フリースニットツイルのストレートワイド(中)、マムフィットジーンズ(右)の3型です。

シルエットは全く異なりますが、共通点は、ストレッチが効いていて部屋着のような楽さのあったかパンツなのに、美脚に見えるところです。ひと型ずつご紹介していきます。

裏フリース版で寒さ知らずのテーパードパンツ


まず最初にご紹介するのは、テーパード型。当店で販売を開始した当初からあるブランド定番の型です。表側に使われているのは、綿48%,ポリエステル47%,ポリウレタン5%の光沢のないマットな生地。伸縮性を生むポリウレタンの混率は、一般的にストレッチの効いたパンツは3%ほど。こちらのパンツは混率5%なので、かなりストレッチが効いています。


肌に触れる内側は、ポリエステル93%、ポリウレタン7%のマイクロフリースと呼ばれるもの。フリースの中でもきめが細かく、優しい肌触りが特徴です。

薄手で暖かいこのフリースを表地と貼り合わせているボンディングという手法で作られた生地は、すっきりとしているのがいいところ。厚みが出て重くならないように、また表裏の両面がしっかりと伸びるようにと設計されています。


ヒップから太ももにかけてはゆとりを持たせ、膝から下が程よくフィットするこの形。大きなタックが2本入っているので、縦長のすっきりとしたシルエットに見えるんです。部屋着のように楽な穿き心地なのに、きれいめパンツとしても着られます。

ワイドパンツ派におすすめのストレートワイド


続いてご紹介するのは、コーデュロイのワイドパンツです。こちらも、生地は上でご紹介したテーパードパンツと同じものを使っています。


ヒップから太ももにかけてはゆとりを持たせ、裾にむかってまっすぐ落ちるこの形は、縦長のすっきりとしたシルエットに見えるんです。足のシルエットをカバーしたい、レギンスや防寒インナーの重ね着によるもたつきが苦手な方は、ワイドストレート型がおすすめです。

絶妙なラインで足の形を拾わないマムフィットジーンズ


最後にご紹介するのは、マムフィット型です。少しずつ浸透してきたマムフィットという型ですが、膝下がゆったりしているストレート型。テーパードパンツと比較すると、腰回りから膝下までが緩やかに細くなるシルエットです。


表側に使われているのは、綿61%、レーヨン22%、アクリル15%、ポリウレタン2%のストレッチ生地。


肌に触れる内側を起毛させているので、ジーンズ特有のヒヤっと感が無く、あたかく足を包んでくれるのが特徴です。


テーパードパンツと比較すると、腰回りから膝下までが緩やかに細くなるシルエットです。足のラインを拾わない絶妙なシルエットで、テーパードパンツ同様に、膝下がすっと細く見えるのがいいなと思います。


いずれのパンツも、伸縮性のある生地がどんな体型にも添ってくれるので、ストレスが無いのがいいところ。パンツを穿いた日に、座る、しゃがむ等の動作の際にうっすらと感じる違和感は、自分の体の形にパンツが合っていないから。でもこのパンツの場合、それが一切ありません。


サイズ選びの難しさというハードルをクリアし、自分の足を美しく見せてくれるあったかパンツは、人気アイテムなだけあり、型によっては再入荷がなく、在庫限りで販売終了となります。気になる方はお早めにお求めください。

このコラムを書いた人

楠 美冴登

スタイルストア バイヤー

楠 美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。 スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

特集 / キャンペーン

お知らせ

お知らせをもっとみる

人気商品ランキング

人気商品ランキングをもっとみる