ファッションカテゴリーポイント13倍キャンペーン

買ってよかったもの2023

旅先でも良いコンディションで、そして身軽に[買ってよかったもの2023 バイヤー加藤編] 

2023年11月22日更新

バイヤー加藤年齢:40代夫婦・子供2人2023年のトピック:スラムダンクの映画とバスケのW杯が楽しすぎた最近ハマっていること:ラー油作りスタストのバイヤー歴、担当ジャンル:バイヤー歴3年、主にファッションアイテムを担当

こんにちは、バイヤー加藤です。今年は色々な場所に出かけて、色々な人に出会う1年でした。

これまではコロナ禍の中で、どうしても行動範囲が狭くなりがちだったのですが、今年は数年ぶりに海外から家族や友人が一時帰国したり、私自身も久々に色々な場所に出かけることができました。

もともと旅が好きなのですが、久しぶりに出かけよう!と思って悩んでしまったのが、「何を持って行くか」です。先日は博多を初めて訪れたのですが、コロナ禍の旅先があまり人のいない場所ばかりだったので、大きな街に行くのが本当に久しぶり。都会に気後れしない程度におしゃれを楽しみたいけれど、荷物はできるだけ軽く身軽に動きたい……そんな視点で買って、「これはよかった!」と心から思うものをご紹介したいと思います。

軽量&コンパクト&保湿力◎で助かった!和漢発酵コスメのセット

たとえば2泊3日の旅行にリュック一つで出かけたい、となると、意外にかさばるのがスキンケアアイテムではないでしょうか。100均などで売っているミニボトルもそこそこのサイズと重さですし、普段使っているボトルから詰め替えるのも結構な手間です。

「THERA/和漢発酵スキンケアクリア肌セット」はそんな時にとても便利でした。ちょうど2泊3日の分量の洗顔料・化粧水・乳液がセットされています。これが、コンパクトでとにかく軽い!

縦10cm、横12cmのポーチに3アイテムがすべて収まって重さはわずか約40g。100均などの詰め替えボトルの半分以下のサイズと重さです。

洗顔料はTHERAの人気アイテム「酵素のあらい粉」で、パウダー状なので、扱いもとても楽です。お湯で溶いて顔を優しくなでるだけで古い角質やお肌の汚れがさっぱり落ちるので、泡立てネットいらず。

上段左:トウキ、右:ヨモギ、下段左:ドクダミ、右:シャクヤク

きれいになった肌に、THERAが独自開発した「ドクダミ、ヨモギ葉、ハトムギ種子、トウキ根、シャクヤク根、ウンシュウミカン果皮」などから抽出した和漢エキスと、ゆらぎを整える「発酵液」を配合した化粧水・乳液を馴染ませれば、乾燥しがちなホテルの部屋でも肌のコンディションも良く、ストレスなく過ごすことができました。

今年の4月から普段のスキンケアでもこの化粧水と乳液を使い続けているのですが、体調や気候で揺らぎがちだった肌がずいぶんと安定してきました。特に、乾燥の改善と、大人ニキビがほとんどできなくなったのが嬉しいです。香料は使われていませんが、原料由来の大和橘や白檀の香りも良く、スキンケアが楽しくなります。

これ1着で着回しOK、たくさん食べても心配なしの美脚パンツ

できるだけ持って行く服を少なくしたい、そんな願いを叶えてくれたのが、「FANTASTICDAYS/バックサテンジョーゼットセンタープレスパンツ」です。

ご覧の通り、ドレープが美しくてとにかく着映えするこちらのパンツ。バックサテンジョーゼットという、ほどよい光沢ある素材を使用しています。ドレープがとてもきれいに出るのが特徴です。

こういうきれい目な素材のパンツは、繊細で取り扱いに気をつかうというイメージがあるかもしれません。私も過去、サテン素材のパンツを穿いていて生地がツレてしまったり、バッグのストラップに引っ掛けてしまって一瞬でダメにしてしまった経験があります。

でも、こちらは二重織になっていてとても丈夫。表側はシボ感があるのでツレにくくなっています。セミフォーマルにも対応できる上品な素材ですが、気をつかわず穿けるので、旅先ではこの1本があれば十分でした。

きれい目なブラウスと合わせればレストランでのディナーにもぴったりで気分も上がりますし、日中の移動にはニットやフラットシューズと合わせればきれい目カジュアルも楽しめます。

センタープレスが効いていて、しわもあまり目立たないので、長時間のバスや電車移動にも向いているなと感じました。

これだけきれいなシルエットなのに、ウエストはオールゴムなので、旅先の美味しいご飯をたくさん食べても楽ちんなのも、大助かりでした。

あまりに気に入ってしまい、黒のほかライラックも手に入れてしまったほど。明るい色のボトムスはほとんど穿いたことがなかったのですが、ネイビー、グレー、黒といったベーシックな色のトップスに合わせるだけで、テクニックいらずで全身の印象が華やかになるので、こちらも次の旅には持って行きたいなと思っています。

たくさん歩いても靴擦れしないことに驚いたローファー

最近、ローファーを街で履いている人が増えているなあ、とは感じていました。でも、学生時代ずっと制服に合わせてローファーを履いていた私にとって、「固い」、「歩きにくい」、「痛い」、そんなイメージのある靴だったんです。

yuki imanishi+(ユウコイマニシ プラス)のローファー「SACHI」も、展示会で試着するまでは「可愛いけれど痛くなりそうだな」と思っていたのですが、履いてみてびっくり!とても柔らかく足を包んでくれるんです。

私にとっては普段履いているスニーカーよりも楽な履き心地だったので、この秋の博多旅行にもこちらを履いて出かけました。さすがに1日歩くと靴擦れができるかな、と思っていたのですが、靴擦れも痛みも全くなし。踵に芯が入っていないから柔らかいということは、つくり手からの説明で頭ではわかっていたのですが、長時間歩いてみると体感としても理解でき、改めて感動してしまいました。

裏革のつま先部分を袋状に縫い合わせる、「ボロネーゼ製法」という作り方で、中底に芯が入っていないという点も柔らかさにつながっています。

普通のローファーだと固い革の形に合わせて足を入れるという感覚ですが、こちらは「革が足を包んでくれる」という表現がぴったり。バスや電車で座りっぱなしだったり、一日歩き通しだとどうしても足がむくみがちになりますが、こちらは一日中締め付けを感じることなく履くことができました。

また、デザインが本当に秀逸で、甲のパイピングを細くしたり、ステッチ糸をあまり目立たせないように調節したり、女性らしいデザインになるよう工夫されています。

旅では、履きやすさを優先して靴を選ぶので、全身のコーディネートがなんだかちぐはぐだな、と思っても目をつぶることが多かったのですが、こちらなら歩きやすさも見た目も両立してくれるので本当に助かりました。

旅先に何を持って行くか、何を着るか決めるのに、時間がかかってしまうのが悩みでした。いろいろ迷ってしまった結果、あれもこれもと荷物が増えてしまったり失敗ばかりだったのですが、今回ご紹介したアイテムのおかげで、今年の旅は荷物も少なく満足度も高かったなと感じています。

来年もこの3アイテムを中心にどこに出かけようかとワクワクしています(まずは、とても素敵だった博多の街にもう一度お邪魔したいな、と思っています!)。

バイヤー加藤の買ってよかったアイテムリストはこちら>>

このコラムを書いた人

加藤 紀子

スタイルストア バイヤー

加藤 紀子

ショッピングユニットでバイヤーをしています。衣食住にまつわるすべてのことに興味があります。暮らしを楽しみたいという気持ちを大切にしたいと思っています。

特集 / キャンペーン

お知らせ

お知らせをもっとみる

人気商品ランキング

人気商品ランキングをもっとみる