みんなの愛用品

「ぬげにくい」靴下はやさしさに溢れていました

2016年08月06日更新

1

先日、ポケモンを探しに
横浜の中華街へ行ってまいりました、
デザイナーの中道です。

その世代ではあるものの、
キャラクターの顔と名前が一致するのは、
実は「ピカチュウ」のみ。

解禁日にたまたま社内のエンジニア軍団と
昼食が一緒だったことが
始めるきっかけになったのですが、
ポケモン集めをしながら知られざる名所の発見!など、
自分なりの楽しみ方も見つけられました。

2

名所を巡るにあたって、歩き回ることは必須。
お休みの日はもっぱらスニーカー派になりました。

ただ、夏のスニーカーは
“蒸れ” とのお付き合いが確実。
少しでも軽減させたく、
靴下はドライ機能のついたもの、
綿や麻など自然素材の混紡率が高いもの
を選んでいますが、それでも
爽やかなままでいられないのです。

そんな「靴下問題」を抱えた中、
奈良からスタイルストアにやってきた「靴下」に
おっとこれは!と、心惹かれたのは
自然のなりゆきだったのかもしれません。

ショートソックスは元々脱げにくいのでは?という疑問から

私がよく購入している3足で○○円の靴下は、
はじめはフィットしてくれるものの、
どんどん履き口が伸びて
ゆるくなる感じがしていました。

ゆるい履き心地は
それなりに良くもあり、悩みにもなる・・・。
浅型であればあるほど、ゆるさは大敵。
歩くたびに、踵がかぽっと脱げてしまう方も
多いのではないでしょうか。

私もそんな一人ですが、
最近はフットカバーよりも
ショートソックスの方が
使用頻度が高いこともあり、
“踵かぽっ”問題には
さらされる機会が減りました。

3

「ぬげにくいくつした」を目にした時、
フットカバーはまだしも、
元々脱げにくいショートソックスが
「ぬげにくい」を謳っているのは
どういうことか・・・と気になったのです。

手に取ってみて、感じたのは生地の柔らかさと薄さでした

はじめて手にとってみて感じたのは、
意外と生地が薄手なんだな、ということ。

4

この手の靴下は、やや厚手で
しっかりした生地のイメージがあったので、
薄手と分かって、” 夏場に蒸れちゃう問題” の
解決策になるような予感がしました。

「ぬげにくい」を謳う靴下のここが素敵

次に、実際に履いてみた感じです。
「ぬげにくい」を謳う靴下は、
こんなに素敵なポイントがありました。

やさしさ1:よく伸びて、包み込むようなフィット感

5

生地がよく伸びるので、
するっと履ける感じがありました。
履き口に締め付け感もなく、
履き心地が良い・・・というのは、
こういうことなんだな、と実感。
これは、3足○○円では出会ったことのない
滑らかさのように思えました。

私は普段、スニーカーは23.5cm、
それ以外の靴は大抵23cmのものを選びますが、
「ぬげにくいくつした」は、
23-25でゆるくもなく、締め付け感もなく、
ちょうど良かったです。

やさしさ2:かかとのつぶつぶ

5

かかと部分は、元々かかとの形にフィットするよう
立体成型技術を生かした編みになっているのですが、
そのフィット感もさることながら、
内側のシリコンラバーの滑り止めには驚きました。

すべり止め自体は、
さほど珍しくはないと思うのですが、
このつぶつぶの量!!!!!

この密集した感じが、
「ぬげにくい」を実現する
秘密なんだな、と実感するとともに、
安心感も与えてくれます。

3足○○円の靴下でも
すべり止めつきのものがありますが
申しわけ程度のものが多く、
靴下自体が伸びてゆるい履き心地に
なってくると、どうにも用をなさないのです。

やさしさ3:足裏をやさしく支えるパイル地

7

足裏は、土踏まずを挟んで
つま先側、かかと側と体重がかかる
ポイントがあるかと思いますが、
その部分がパイル地になっており、
足裏をいたわるのと同時に、
靴下自体の耐久性を上げているようです。

パイル地ということで吸汗性も高いらしく、
1日履いていても、蒸れてるなぁ・・・と、
悶々することがなかったのは嬉しい発見でした。

でも、残念に思ったポイントも・・・

ogp

実際に履いて歩き回ってみて、
この靴下がやさしさに
溢れたものと実感できたのですが、
いくつか改善されれば良いなぁ・・・と
思うポイントもありました。

まず、これは好みだと思うのですが、
ショートソックスながら若干浅めなので、
深めのスニーカーとの組み合わせだと、
靴と肌が当たる部分ができてしまうのです。
足に汗をかいてくると、この部分が
気になってしまうように感じました。

8

浅めのスニーカーや
レースアップシューズ、ローファーのような
靴だと、相性ぴったりだと思います。

もう一点は、洗濯してみて気づいたこと。
「洗濯機をご使用の場合は
ネットに入れて・・・」という
表記があるのですが、
ネットに入れて洗濯してみても、
毛玉ができてしまったんです。

一番のおすすめが、
「弱く手洗いしてください」とのことなので、
気軽にポンと、いつもの洗濯に
紛れ込ませてしまったのが
いけなかったのかもしれません。
とは言え、1度目の洗濯で
そうなってしまったのは
残念なポイントではありました。

ただ、2回目以降も履き心地は変わらず、
やさしく包み込んでくれる感があったので、
外を歩き回る時には、これからもこの靴下で
少しでもストレスを軽減をしたいと思います。

このコラムを書いた人

efnakamichi

efnakamichi

efnakamichi

特集 / キャンペーン