全商品ポイント10倍キャンペーン

バイヤーからのお便り

新しい東京土産「TOKYO ICON」を先行販売!

2015年08月07日更新

column_20150807

おはようございます。
バイヤーの中井です。

今からちょうど7年ほど前の夏。
「スタイルストアで働きたいです」と
募集もしていないのに履歴書を
送りつけた私と会ってくれ、
「まぁ、ウチに来たらいいんじゃない」
と言ってくれた人がいました。
それが当時店長だった大谷さんでした。

そんな大谷さんは、
「日本のものづくりを世界に」という
思いをもとに、2012年7月に
スタイルストアを卒業し、独立。

まずはシンガポールで
テストマーケティング販売を
スタートされたのです。
(その時のことはこちらから
ご覧いただけます!)

シンガポールでのたくさんの出会いを経て

有田焼のKIHARAと、現地デザイン界のキーマンが出会う

column_20150807_02
(左から:大谷さん、KIHARA 松本さん
右から2人め:KIHARA 木原社長、
右から3人め: エドウィンさん)

その時プロジェクトに参加されていた
つくり手のうち1社が、
スタイルストア開店当時から
お取引をさせていただいている、
400年の焼物の歴史を持つ有田の
「KIHARA」。

そして、シンガポールの有名な
ギャラリーショップ「Supermama」の
代表であり、現地デザイン界の
キーマンであるEdwin Low
(エドウィン・ロウ)氏との
出会いがあり、一緒に商品開発を
されることになりました。

そうして作られたのが、
シンガポールを象徴する65の絵柄を
1枚のプレートに描いた
One Singapore」です。

EB193-00-0000-B245

マーライオンや建国の父など、
シンガポールの象徴がずらり!
(今入荷待ちでごめんなさい!)

One Singaporeが誕生した原点は、
Singapore Icon」というシリーズ。

「世界へ挑戦するのは今回が最後」と
決めていたKIHARAは、わずか数ヶ月で
商品を完成させて発表したのです。

column_20150807_05

制作風景の一コマ。
パット印刷という技法で絵付けを
されているそうです。

column_20150807_04

こちらは釉薬をかけているところ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1点ずつ丁寧に作られています。

column_20150807_08

ちなみにこちらは有田の採石場。
現地で見ると圧巻で荘厳です。

シンガポールのデザイン賞を受賞!

column_20150807_03

そして2013年に発表したところ、
シンガポールの権威あるデザイン賞
「President’s Design Award」を受賞!

その土地に根ざしたモチーフ、そして
質が高くて美しい日本のものづくりが
現地で受け入れられ、大ヒットしました。

シンガポールの新しいお土産としても
人気があり、シンガポール政府の
関係者も愛用されているようですよ。

column_20150807_01

こちらは受賞式の様子。
お二人とも良い笑顔!

新しい東京土産「TOKYO ICON」

東京の魅力を69のアイコンに!

column_20150807_06

Singapore ICON、
有田焼400年を記念して作られた
ARITA ICONに続き、
今回、新たに「TOKYO ICON」が登場。
スタイルストアで先行販売します!

column_20150807_07

江戸時代から続く歌舞伎や相撲、
浮世絵、おでんやお寿司などの料理、
四季折々のお祭りなど東京の魅力を
69のアイコンで表現したアイテムたち。

絵柄のセレクトも、思わずクスっと
笑ってしまうおもしろさがあります。
(メジャーどころだとハチ公もあれば、
東証アローズ、柴又、もんじゃ焼、
メイド喫茶まで描かれている!
ちなみに代官山店スタッフの多くは
えび天丼がお気に入り。)

富士山やそばなども描かれている
ので、東京というくくりにとどまらず
日本を表しているものとして
海外の方への贈り物にも良いんじゃ
ないかなーと思います。

スタイルストアを卒業したメンバーや
つくり手の方たちが
こんなふうに活躍していること、
海の向こうに、私たちと近しい価値観で
日本のものづくりに敬意を持ち、
仕事を共にする人たちがいること。
そんなことを皆さんにもお伝えしたい
と思って、コラムを書きました。

column_20150807_10

画像は代官山店で販売している
マグネット。
(店頭のみでお取り扱いしています。)
現在店舗でもクローズアップしていますので
ぜひご覧くださいね!

KIHARA/TOKYO ICONの
商品ページはこちら

 

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン