全商品ポイント10倍キャンペーン

バイヤーからのお便り

削り直してよみがえった、私のまな板

2016年11月17日更新

manaita

こんにちは。バイヤーの中井です。「これは早めに何とかしないと・・・」と思いつつも、日々の生活の中で、つい先送りにしていることってありませんか?私自身、「挙げたらキリがないから蓋をしたい」と思うくらい、公私ともに心当たりがあります。

その内容は大小ありますが、暮らしまわり関連のことで告白するとそのうちの1つが「まな板の黒ずみ」。

woodpeckerのいちょうのまな板がとても使いやすいので長年愛用していまして、ただ、木製品なので、使っていくうちにどうしても黒ずみや凹凸が出てきます。

以下、恥ずかしいことを覚悟でご紹介します。(少々お目汚しの画像でごめんなさい)

manaita0

もう少し下の部分の掲載は自主規制。

今までは、「あ、ちょっと凹凸が出てきたな」「黒っぽくなったところがあるぞ」と思ったら、割と早めにサンドペーパーを使ってメンテナンスしたりしていたんですね。ただ、ある時水気のあるところに放置してしまったり、水はけが悪いところに置いてしまったり、という状況が続いたのです。

で、上の写真のようなこと&底面はもっと黒いことに……。

つくり手の福井さんに相談してみました

manaita15

「これはサンドペーパーくらいじゃきれいにならないよな。」「この状態で削り直しをお願いするのも申し訳ないし、つくり手の福井さん、引いちゃうかも。」

そんな風にあーだこーだ考えていた時、ちょうどwoodpeckerさんのワークショップに参加したんですね。

その頃は引越しも控えていた頃でして、「新居ではあの子をきれいな状態にして連れていかねば」と、妙な使命感(?)とタイムリミットもあり、恥ずかしい気持ちを胸にしつつも状況を話してみたのです。

manaita20

「中井さん、僕どんな状態でも引いたりしないから(笑)、ひとまず送ってみてください。」(福井さん)

救世主現る・・・!(早く話せばよかった)

数日後・・・

manaita4

お送りしてからすぐに削り直してくださり、わずか数日で手元に我がまな板が戻ってきました!

う、生まれ変わってすべっすべの肌触り!!思わず「おかえりー」と話しかけて撫でさすりました。

manaita3

堂々と底面を見せられる喜び…!

気になっていた底の黒ずみもきれいにしていただきました(涙)。(黒い丸は、もともとあった節目の一部です)

manaita7

ボウル:STYLE STORE×essence、シチュー鍋:中村銅器 (他は私物)

早速新居でも愛用中。気分よく使えて、早くメンテナンスをお願いすればよかった・・・と痛感しています。メンテナンス中の数日は別のまな板を使っていましたが、やっぱりこのまな板は使いやすい。いちょうを使っているので、刃当たりがやさしくて、切りやすいのです。

manaita16

ちなみに、後日福井さんに黒ずみのレベルを聞いてみました。(画像では掲載を自粛した底面のところ)

福井さん:「10段階中、7かなぁ。」
中井:「絶対気を使ってますよね。もっとやばいでしょ。」
福井さん:「うーん、7.5、いや8弱かな…」
中井:「(やっぱり…!でも10って言わないところが優しい…)」

まな板の削り直しについて

黒ずんだ時だけではなく、包丁の切り跡が気になった時や、一部が凹んでがたがたする時は、削り直しに出すのがおすすめ。まな板の状態によって異なりますが、削り直しの費用は300円~1500円ほど+送料負担とのとのことでした。お預け期間は、混雑状況にもよりますが、7日~10日が目安。

削りなおすとその分少し薄くなりますが、それでも十分な厚みがあるように、woodpeckerのまな板は元々厚めに作られています。新品同様になって戻ってきたまな板は、使っていて本当に気持ちが良いですよ。

日々のお手入れを改めて

今回身をもって体感してみて、日々使っていく中で、黒ずみなどが発生したとしても、捨てたり買い換えるのではなくて、削り直しをして使い続けられるって良いなと思いました。

この機会に、長く使うための毎日のお手入れ方法を簡単にご紹介したいと思います。

1、使う時はまず水に濡らす

manaita11

木を濡らすことで表面に水の膜ができ、食材の水分や色素などが染み込みにくくなり、カビ防止にもつながります。

2、洗う時はたわしでゴシゴシと

manaita12
束子(たわし):東屋

使い終わったらなるべく早く洗うのと、たわしでよくこすって、きちんと汚れを落とします。

3、角までしっかり拭く

manaita13

清潔なふきんでしっかり拭きます。今まで面は結構気にして拭いていましたが、角もきちんと拭くようになりました。

4、風通しの良いところで乾燥

manaita14

風通しの良いところに、立てかけて乾燥します。

上の画像では棚に置いていますが、まな板スタンドなどを使って、底を浮かせるとカビにくいのでおすすめとのことです。woodpeckerさんが作っているまな板スタンドを使うのもおすすめですよ。

manaita5

手元に戻ってきて、ますます愛しい存在になりつつあるいちょうのまな板。これからも我が家のキッチンの良き相棒として、共に過ごしていきたいと思います。

woodpecker ブランドページはこちら>>

このコラムを書いた人

中井 明香

スタイルストア バイヤー

中井 明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

特集 / キャンペーン