全商品ポイント10倍キャンペーン

インタビュー&ゲストコラム

北欧家具と光に包まれた、バイヤー中井の作るリビング

2017年01月23日更新

kurashi_36

こんにちは。ライターの本田です。
スタイストア バイヤー 中井さんの
家づくりレポート第3話。

今回ご紹介するのは、キッチンと
一体化した2階のリビングです。

印象的なのは、3階に向かって
吹き抜けている大きな窓。
そこから入る光に包まれた
明るいリビングには、存在感のある
北欧家具が並んでいます。

 第3話では、あたたかな雰囲気を
生み出す家づくりのポイントと、
中井さんが大切にしている家具に
スポットを当てて、心地良い
リビング作りのヒントをご紹介します。

一番長く過ごしていたソファを、家の中心に

kurashi_10

「郊外生活の時に、気が付けばいつも
リビングのソファのまわりで過ごしている
ことに気が付きました。

なので、家づくりをする時は、
一番長く過ごすであろうリビングを
家の中心にして、ここだけは広く
のびのびとした空間にしたいと
思ったんです。

住宅密集地で建物の高さ制限が
あったので、リビングの天井が
なるべく高くとれるように、
他の階の高さを調整してもらいました。

すでに手持ちの家具やこれから
買い足そうと思っている家具の
サイズも、予め建築家さんにお伝え
して設計してもらうようにしました。」(中井)

吹き抜けを作っただけでなく
リビング全体の天井の高さを
工夫したことも、広々とした空間に
仕上がったポイントのようです。 

トーンが決め手!木製家具はこうして揃えた

チークなどの木を使った家具は、
結婚当初から数年かけて買い集めた
とのことで、愛着もひとしおなのだとか。

kurashi_57

「約8年前、結婚した頃にまず購入したのが
北欧家具デザインの巨匠
Ole Wanscher(オーレ・ヴァンシャー)
の3人掛けのソファでした。

繊細なアームのデザインと
深い色合いのチークの素材感が好きで
購入しました。」(中井)

このソファを出発点として、
トーンの合う家具を少しずつ買い足し
ながら、現在のリビングに並んでいる
アイテムが揃っていったそうです。

kurashi_58

使い込むほどに雰囲気が出る、チークのコーヒーテーブルと、ローズウッドのサイドボード。ほとんどの家具は、地元・名古屋で北欧のヴィンテージ家具を扱うFavor (フェイバー)さんに仕入れてもらったそうです。

「家具の統一感を作る秘訣は、
樹種や、色のトーンを合わせること
かなと思います。
サイドボードやコーヒーテーブルは
木の素材は異なれど、並んだ時に
バランスが良いか、色や木目から
想像を膨らませてから購入しました。」
(中井)

Eoct_use06

3人掛けと同じ、オーレ・ヴァンシャー
の1人掛けチェア。こちらは
郊外生活の時に買い足したもの。
北欧家具に包まれた空間は、
帰宅後にリラックス時間をもたらして
くれそうですね。

ホッとする空間作りの秘訣は、白壁と光の調和

kurashi_38

ご夫婦で食事を楽しまれるダイニングは、リビング奥の一角に位置します。ガラスの照明はfrescoにオーダー。夜はまた違った表情を見せてくれそうな空間ですね。植物は、第1話にてご紹介した中目黒の花屋 ex.(イクス)にて揃えました。

このリビング・ダイニング空間全体が
あたたかな雰囲気をまとっている
理由の一つに、空間を包み込む
白い壁の存在も大きいようです。

「工事中に見た時は、もっと狭いと
感じていました。
家が完成後、白壁に光が反射した
空間を見て、実際の広さよりも広く
見えたのは驚きでした。」(中井) 

白壁にうつる、光と影の調和。
それによって、ぐっと広く感じる
空間づくりが叶うのですね。

実は、1で紹介した階段の手すりや
壁付けの電気の点灯スイッチも
壁の雰囲気に合うように選んだそう。
全体の空間を整えるためにも
細部へのこだわりも欠かさずに
丁寧な家づくりをされていました。

家づくり後の楽しみ。小物のコーディネート

kurashi_28

トーンを揃えてインテリアを楽しむ
中井さんの新居には、実はまだ
今まで集めてきたオブジェや小物が
たくさんあるのだそう。

 「どこに置くと気持ちの良い空間に
なって、オブジェたちもいきいきして
見えるのか、いろいろと試しています。

そういう時間も、家づくりの楽しみの
一つなのかなと思います。」(中井)

kurashi_27

大切な家具やインテリアアイテムを
並べる瞬間を想像しながら
家づくりを楽しんだ様子が
伝わってきました。

次回は最終話。
私たちの毎日のテーマと言っても
過言ではない「収納」について、
水まわりの作り方とともにご紹介します。

中井さんが家づくりにあたって
大切にした、暮らしの“動線”を軸に
どんな収納空間が完成したのでしょうか?
ぜひ最終話もお楽しみに。


バイヤー中井の家づくり」 

【第1話】狭小空間を明るく広く見せる

【第2話】「キッチン」に見る、毎日美しい空間を保つ秘訣

【第3話】北欧家具と光に包まれたリビング

【第4話】忙しいからこそ家事をしやすい仕組みに

特集 / キャンペーン